三度のメシより・・・ Sando no Meshi yori...

sandonomes.exblog.jp
ブログトップ
2008年 12月 14日

クリスマス市 Weihnachtsmarkt

”師走”とは言わずともドイツも12月は慌しい。
クリスマスプレゼントの習慣は日本よりもっと浸透してるから、子供から大人まで、親戚から友人まで・・・たくさん買い揃えなきゃならない。
そんなことにストレスを感じながらも、この時期のドイツ人のお楽しみはWeihnachtsmarkt(クリスマス市)。
多分元々はクリスマス用品を調達するための市場だったんだろうけれど、今や市民の娯楽と化していて、クリスマスと何の関係?というようなお店の方が幅をきかせていたりする。

ベルリン市内にもあちこちの広場やショッピングセンターなんかにたくさんのクリスマス市が立っている。
どこ行ってもあんまり代わり映えしないんじゃないかな~とか思いながらも、この時期やっぱり一度は行っておきたいのが人情というもの(?)。
でもどこのへ行こうか?
Spandau:シュパンダウ地区旧市街地のクリスマス市も雰囲気が良いと人気だけれど、ちと遠い。
赤の市庁舎前に新しく立ったのもなかなか良さそうかな・・・でもあの辺りだとかなり観光客向きかも・・・。
などなど考えを巡らしていたら、「シャルロッテンブルグ宮殿前のクリスマス市が素敵」という情報をぺーさんが会社の人からキャッチしてきた。
ふむ、確かにあの宮殿前なら雰囲気は良さそう・・・というわけで・・・。
e0112086_19243676.jpg
なんか灰色で薄暗~いけど、これでお昼の3時過ぎ。
あ~ぁ、ドイツの冬。
・・・でもクリスマス市にはこういう天気も似合っているかも・・・とか思いながら市場に足を踏み入れると・・・
e0112086_19245739.jpg
ライティングやデコレーションが華やかでなんだかうきうきしてくる。
e0112086_1925329.jpg
Stollen:シュトーレンに続くかFrüchtebrot(果実パン。南独のクリスマス用甘いパン)とか・・・
e0112086_19255526.jpg
クリスマス・カラーにコーティングされてあるチーズとか・・・。
e0112086_19264621.jpg

屋台(かな?)も凝ったものがあって、屋根の上にKrippe:クリッペ(キリストの降誕のシーンを人形で現したもの)とか・・・
e0112086_19271397.jpg
巨大Weihnachtspyramide:クリスマスピラミッドも。
e0112086_19273889.jpg

そしてやっぱり欠かせないのがGlühwein(スパイスのきいたホットワイン)とCurry Wurst(カレー・ソーセージ)やBratwurst(焼きソーセージ)の屋台だけれど・・・
e0112086_1928989.jpg
こんな大鍋煮込み料理を出しているところも。

それにしてもすごい人出。
寒いのと人に酔ってきたのでそろそろ退散。
e0112086_19312951.jpg


夕方帰ってきて少しはやめの夕飯。
昨日の”残り物”なんだけれど、実は豪華。
まずお造り盛り合わせ
e0112086_1932422.jpg
鮪も鮭もレッドスナッパーもまだ残ってたんだよね。
レッドスナッパーは松皮造りと、端切れを紫蘇とチャイブでたたきにしてみたり。
e0112086_031948.jpg
あと鮨飯も少し残っていたので鮭とアボガドと紫蘇の巻き
e0112086_19323178.jpg
これ全部が前菜!

メインはアントルコートの照り焼きステーキ
e0112086_1933250.jpg
なんと贅沢。

食後はミニシュトーレンを摘みながら”Der Himmel über Berlin(邦題:ベルリン・天使の詩)”を。
ベルリン在住8年になろうかというのにお恥ずかしながらまだ観てなかったんだけど、ピノコさんが日本語字幕ついてるDVD貸してくださったんだよね。
でも途中フランス語のセリフがあったりして、日本語字幕を観ている私がぺーさんに訳してあげなきゃいけないなんてことになったり・・・。
e0112086_19333239.jpg

[PR]

by sandonomeshi | 2008-12-14 23:34 | 夕飯 Abendessen


<< 銀杏の葉茶 Ginkoblät...      手巻きパーティ Temaki-... >>