三度のメシより・・・ Sando no Meshi yori...

sandonomes.exblog.jp
ブログトップ
2007年 06月 16日

女同士の午後 ein Nachmittag mit einer Freundin

ベルリンでは(多分ヨーロッパのあちこちでもそうだと思うけれど)5、6月頃から野外(オープンエアー)映画館があちこちにオープンする。
公園や広場だったり、スポーツ施設だったり。
映画も公開からまだ数ヶ月のものから懐かしの名画までいろいろ。
ほとんどのところでバーが設置されて飲み物やスナックを買えるし、あるいはピクニックみたいにお弁当を持参できるところもある。
また場所によってはビーチチェアーが並べてあって、リクライニング状態で映画が見れたりもする。
この間思いがけずストリート・フェスティバルに出くわした時の友達パウラと週末このオープンエアーの映画でも一緒に見に行こうかと約束していたのだけれど、天気予報では雨。
なら普通の映画館でもと思ったんだけれど、イマイチこれといって見たい映画がない。
なら無理に映画を見ることもないし、うちでゆっくり何かつまみならがおしゃべりしようということに。

そんな訳で私はワインのアテを作って彼女を待つ。
e0112086_8235327.jpg
今日はなんとなく和洋折衷で、スペインのタパスのような、居酒屋のツマミのような・・・。
最初は付きだしまがい。
e0112086_8242784.jpg
南フランス産のサラミ3種
手前から山羊チーズを練りこんだの、胡桃が入っているの、そしてブルーベリーが入っているの。
e0112086_8245755.jpg
山羊チーズとイチゴバルサミコソース ローズマリー風味
私の大好きな組み合わせ。
e0112086_825281.jpg
ベジタブル・スティック 胡麻味噌マヨ・ディップを添えて。

次はスープというほどでもないけれど、ガスパチョ・カクテル
e0112086_8271461.jpg


冷たい料理はケッパー入り蒸し茄子とドライトマトのハーブオイル和えと・・・
e0112086_828098.jpg
トロピカルフルーツと小海老のたたき梅和え
e0112086_8285275.jpg
フルーツはパイナップル、マンゴ、パパイヤ、そしてアボガド。
プツプツ黒っぽいのが見えるのは梅と一緒にたたいた赤紫蘇。

温かい料理では、豆腐とプチトマトのオリーブオイル炒め バジル風味
e0112086_8293737.jpg
仕上げにクリーム・バルサミコをふって。
そしてメインの中のメインはランプ肉の串焼き 蓮根チップス添え
e0112086_8405951.jpg
赤紫蘇、生姜&チリ、ライムの皮で香りをつけた3通りの塩を付けながら。

仕上げのデザートは抹茶ティラミスと野苺のアマレット・マリネ
e0112086_8304199.jpg
この黄色い野苺はベランダの鉢植え。
e0112086_8312017.jpg
苗を買ってきてから今年で3年目。
年々株も大きくなり実をつける量が増えている。
そんなに甘~いワケじゃないけれど、とてもいい香りがする。

あっ、そうそう、ワインは彼女が持ってきてくれたRibera del Duero:リベラ・デル・ドゥエロ。
e0112086_832218.jpg
この産地のワインはまずハズレがない。
既にもちろん空っぽ。

遅いお昼ということで約束したんだけれど、デザートを食べ終わったら既に6時半。
午前中降っていた雨も上がって青空が広がっている。
それじゃあ、と二人して観光客にももちろんのこと、ベルリンっ子にも人気のOranienburger Straße:オラニエンブルガー通りにくり出した。
ちょっと大通りを外れて静かな通りや人気のHof(ホーフ:中庭のこと)を巡りながらウインドーショッピング。
最後は、日本のガイドブックにもよく登場しているジルベルシュタイン・カフェでお茶を。
最終電車を逃さないよう彼女と別れて帰ってきたけれど、通りの盛り上がりはこれからって感じだった。
[PR]

by sandonomeshi | 2007-06-16 23:59 | お昼 Mittagessen


<< ベルリン・フィル ヴァルトビュ...      バナナとアナナス Banana... >>