三度のメシより・・・ Sando no Meshi yori...

sandonomes.exblog.jp
ブログトップ
2013年 08月 26日

アクアナリオ AQUANARIO

8月24日(土)

かなり前にチケット買って楽しみにしていたイベントAQUANARIO:アクアナリオ。
なんでも水(噴水)と光(レーザー)と火(花火)と音楽のパフォーマンス。
一昨年トルコのアンタルヤって街に休暇でいってた時も似たようなパフォーマンスを観たけれど、今日のは火(花火)もプラスされているし、規模が数段に大きいみたい。

会場は色んなお祭りやドライブインシアターなんかが開催される広大な場所。
この位置でアリーナ席とでもいうか、噴水が設営されている真前から並べられているパイプ椅子席の一番後ろ。
e0112086_552625.jpg
この後ろに立ち見席と更に階段席が設置されている。
e0112086_55742.jpg
噴水はあまりにもでっかくて写真のフレームにおさまりきらない。
e0112086_562785.jpg
パンフレットによると幅70mX奥行き15mの水槽に300もの噴水の吹き出し口が組み立てられてるらしい。
観客席の両側には屋台が出ていて、ドイツではお決まりのビールやその他の清涼飲料や焼きソーセージだとか、アイスクリームだとかを売られていて人がたかっている。
e0112086_564524.jpg
早めの夕飯というか遅めのお昼を食べてきた私達なのに、ペーさんは「お腹空いたから何か食べよう!」と。
こういうところに来たら何か買い食いしないと・・・みたいな衝動にかられてしまうんだろうね。

私はまだお腹はすいてなかったけど、「付き合って食べてくれないと、一人じゃ美味しくない。」とわがままを言うペーさん。
しかたないからペーさんがジロスのシュペツェル(ドイツ南西部のパスタの一種)を買ったので、
e0112086_563574.jpg
私も同じ屋台でジロスとマッシュルームの付け合わせにしたら、ジャーマンポテトも付いてきてすっごい量!
e0112086_565578.jpg
それぞれ7ユーロとちょっとお高いけど、ジロスはお肉がいっぱいでなかなかやわらかくスパイスも利いていてこんな屋台にしては美味しい。
結局あんまりお腹はすいてなかった私も少しペーさんに手伝ってもらっただけで、完食!

今日はお天気もまずまずで暖かい(もう暑くはない)一日だったけど、日が暮れ始めたら凉しいを通り越して肌寒くなってきた。
もちろん15度ぐらいまで気温が下がるという天気陽報をチェックしてあったから長袖のシャツを着て首もとにスカーフ、ジーンズのジャケットを持って行ってたけど、それでもちょっと寒いかな・・・ってくらい。

会場17時で開演21時半。
私達は19時半ぐらいに着いたんだけど、それでもかなり待ちくたびれ始めた頃、なんだかオイル臭いな〜と思ったら、立ち見席の前のあたりでこんなパフォーマンスをやっていた。
e0112086_5105156.jpg

多少の時間つぶしにはなったけど、また退屈し始めていた頃やっと始まった。
ショーは1回の休憩を挟んで1、2部に分かれていて、1部は「地球上の生物の誕生を振り返る旅」とかいうようなテーマで、聖書の中の言葉の朗読などもあって、ドラマチックな演出。
曲はオリジナルなのか、聞き覚えのあるメロディーはなく、でも曲と噴水、レーザー、花火の動きが上手くシンクロしていて思わず「わぁ〜。」って声が出てしまう。

花火じゃなくて炎が吹き出す時、100mぐらいは離れているだろう私達のところでもほぅとあったかい空気が届く。

そして第2部は1960年代からのロック&ポップのヒット曲を年代ごとに表現。

私は知らない曲が多かったけど、ペーさんは「これは○○○。」「これは△△△。」とか結構よく知ってる。
洋楽ポップスに疎い私でもこれは分かる・・・

アンコールはクラシック音楽で、オペラのアリアとか数曲。
そして最後の最後、クライマックスは・・・


もともと立ち見席しかないと思ってチケットを買っていた私。
実は座れる席もあることを知ってペーさんが座りたがり、結局会場に来てからチケット売り場でパイプ椅子の席に買い替えたので、かなり高くついたけど、これだけ見応えあれば十分満足。
来年もやるみたいだから、また観にいきたいな〜。
[PR]

by sandonomeshi | 2013-08-26 04:55 | 買い食い


<< 森の音楽堂でのウエスト=イース...      最強のトマトコンビ Das l... >>