2013年 08月 17日

レバノン料理でヴィーガン・ディナー Vegan libanesisches Dinner

8月10日(土)

ブログがきっかけでお友達になったKuronekomusumeさんが病気をされて、手術後の痛みがなかなか取れないというので、私達が信頼しているオステオパテシーの先生を紹介させてもらったら、上手く予約が取れたとベルリンにいらしているので、今日は彼氏共々うちでの夕飯にお誘いした。
彼女も病気のことを考慮されてダイエット(食事療法)を実行されていて、お肉は一切食べない、乳製品も一切食べないというヴィーガンに近い食事をなさっている。
料理としては精進料理や普茶料理ならレシピ本ももってるし、アレンジせずともそのままつくればいいけど、ここでは材料が揃いにくいというデメリットがある。

高野山の精進料理―一二〇〇年の歴史が紡ぎ出す滋味を家庭で味わう


萬福寺の普茶料理


じゃぁどんな献立にしようか・・・と色々思案した結果、基本ベジタリアンに近く、作り慣れてるレバノン料理のメゼ(前菜料理)のバリエーションとメインに魚を持ってきたら、上手くいくんじゃないかなと思いついた。

ということで、Kuronekomusumeさんが好きだとブログに書いていらっしゃった薄いピンクのガーベラを、この間ノイハウゼンへの週末旅行先のガラス博物館で買ってきた一輪挿しに挿して、センタークロスはペーズリー柄でちょっと中東ムードのテーブルアレンジに。
e0112086_15264290.jpg

アミューズ代わりに冷製クミン風味の胡瓜とパセリの豆乳ヨーグルトスープエスプレッソ
e0112086_15272993.jpg
冷たくてさっぱりしててレモン汁も入っているから酸味もきいていて食欲を刺激する。
ガラスのエスプレッソカップ&ソーサーで。

で、一部昨日から準備しておいた(しばらく寝かした方が美味しいものもあるので)冷製のメザ料理をところ狭しと並べる。
e0112086_15274232.jpg
一つずつ見ていくと、まずツァツィキ
e0112086_15281282.jpg
レバノン語では何というのか知らないけれど、ドイツではポピュラーな胡瓜入りヨーグルトディップ。
もちろんヨーグルトは豆乳ヨーグルトで。

フムス(ヒヨコマメと練り胡麻のペースト)と・・・
e0112086_15285520.jpg
ムタバル(焼茄子と練り胡麻のペースト)。
e0112086_15291486.jpg
フムスはKuronekomusumeさんの大好物でご自身でもよく作ってらっしゃるってことだから、私のフムスがお口に合うかどうか心配・・・。

レバノン料理ではないけれど私の十八番、人参とルコラのサラダ
e0112086_15294335.jpg

タブーリ(パセリとブルグールという小麦製品のサラダ)。
e0112086_15301598.jpg
私のタブーリは細かく切った玉葱、茄子、セロリ、ニンニク、パプリカを炒めて、胡瓜とトマトも加えてある野菜たっぷりのタブーリ。

茄子と夏野菜のオーブン焼きスイートサワーサラダ
e0112086_15303732.jpg
茄子、パプリカ、紫玉葱、ズッキーニ、トマトをオーブンで焼いて砂糖とレモンの絞り汁で味付けする。
暖かいとちょっとラタトゥーユっぽいけど、冷たく冷やして出すのが一般的らしい。

レンズ豆のサラダ
e0112086_15311296.jpg
煮てしまったらよく分からないけど、一応クリーンと薄茶色と黒(ベルーガ)色のレンズ豆をミックスしてある。
少しずつ食感も違うし味も違うから、食べていてすぐ飽きない。

これはリバノン語でワラク・イナブというらしいけど要はドルマ(葡萄の葉の塩漬けに挽肉とお米などを炒めたものを包んで蒸したもの)。
e0112086_15321990.jpg
でも挽肉は使わずお米の量を多くしてレーズンと松の実を混ぜてある。

あれ・・・、タコとうちのベランダ黄色チェリートマトのサラダもあったのに写真がない!
冷製メザを並べた写真には真ん中あたらいにガラスの朝顔鉢に入って写ってるんだけど・・・。
本来ヴィーガンは動物性の食品は食べないんだけど、Kuronekomusumeさんは魚類と卵は召し上がるので・・・。

いくつかの器が空になり始めた頃、私はキッチンで暖かいメザ料理を作る。
一度も成功したことのないファラフェル
e0112086_15323685.jpg
味は悪くないんだけど、崩れてしまって見た目がね・・・。

あとカリフラワーとズッキーニのマクリー(ヒヨコマメの粉の衣のフリッター)。
e0112086_1533479.jpg
ヒヨコマメの粉のテンプラ生地にパセリのみじん切りを混ぜ込んである。

さて、メインディッシュ。
色々考えた挙げ句、男性陣にはラム・カレのスパイシーマリネ ハーブの衣オーブン焼きを、私達は鯖のハーブホイル焼き
カレはあばらのことでトルコスーパーで半身買ってきた。要は12本のラムチョップが元のまま一塊の状態。
それを半分にしてもらいそのまま焼いてテーブルに出す。
それぞれラムチョップが3本ずつってこと。
e0112086_15335441.jpg
なかなか良い火の入り具合かな・・・?

でも鯖はちょっとまだ半焼け。
Kuronekomusumeさんに指摘されもう一度オーブンへ。
5分後、もう大丈夫。
e0112086_15341929.jpg
あんまり焼き過ぎても美味しくないしね。
はらわたの部分にもパセリの茎、フェンネルのクリーン、ローレルレモンのスライスを詰めてある。
まぶしたハーブはラムにも使ったパセリとミントのみじん切り。
美味しいことは美味しいけど、去年スペインのカプ・ロッジでKuronekomusumeさんも数日遊びにいらしてた時に、バーベキューをして同じく鯖のホイル焼きをしたんだけど、その美味しさに比べたら・・・残念。
今年も既に海の家は予約してあるんでKuronekomusumeさんを又お誘いしたんだけど、他に予定があって今年は無理とのこと。
こちらも残念・・・。
因に付け合わせはメゼの時からピタパンをお出ししていたんだけど、ここメインではライスも。
彼氏さんもドイツ人だけどご飯は好きなんだって!

それはともかく、デザート。
ひしゃげ桃のアがベシロップコンポートと豆乳クリームのマンゴーアイスクリーム
e0112086_15363191.jpg
最近買ったアイスクリームマシーンが活躍。
桃とマンゴーの組み合わせはキシルクリスタルという日本のキャンディからアイデアをいただき!
マンゴーはしっかり熟れてて甘味も十分だったけど、風味漬けも兼ねて少しだけひしゃげ桃の酵素シロップも加えておいた。
乳製品を断っていらっしゃるKuronekomusumeさんは市販のアイスクリームを食べられないので「すごく久しぶりにアイス食べた・・・。」と喜んでいただけた。

うちのレエバノン料理の〆はフレッシュミントティー。
そのお供にデーツボール
e0112086_15373277.jpg
Kuronekomusumeさんと最初にストリートフード・マーケットに行った時に彼女が買ってもって帰ってうちで私もいただいたヴィーガンのスイーツ。
それがあまりに美味しかったので真似して作ってみた。
ハーフドライ状態のデーツをレモンの絞り汁とシナモン、クローブ、オールスパイスと一緒にフードプロセッサーにかけペースト状にして、刻んでローストした胡桃と混ぜて丸めたもの。
レバノンんでこんなスイーツがあるのかどうか知らないけれど、デーツやくるみという食材や、スパイスもレバノンっぽいよね。
あとミックスナッツのシナモン風味キャラメリゼ
e0112086_15382840.jpg
ナッツはアーモンド、カシューナッツ、ピスタチオ。

そうそう、飲み物はアルコールも少し控えているとおっしゃるのでBIOのノンアルコールビールをkuronekomusumeさんに。
e0112086_15383536.jpg
彼氏は普通のドイツビールを。
私は、いつものワイン屋さんでプロモーションをやってるからとおまけにもらったスペイン、カスティージャ地方の赤でBIOのワインがあったので彼女に丁度いいと思っていたのを自分で飲んでた。
e0112086_15392042.jpg
BIOだからなのか、それともその地域の葡萄種の特徴なのか、テンプラニーリョだけど、今まで飲んだことのない味。
一瞬甘いのかな?と思わせる深さのある味。
かと言って重くない。
赤身のお肉に合いそう。

結構男性同士がドイツ語で話が盛り上がり、女同士で日本語で盛り上がりだったけど、でもKuronekomusumeさんに手伝ってもらいながらも私自身あまり席を外すことなく予定のお料理を出せたし、総括楽しい夕食会になったかな・・・。
[PR]

# by sandonomeshi | 2013-08-17 14:56 | 夕飯 Abendessen
2013年 08月 16日

作務衣で日本のビール mit Samue und japanisches Bier

8月4日(日)

今日も暑い一日。
のんびり過ごした日曜日の夕食は早めの時間にベランダにテーブルを出して。
この頃日が短くなっているのが感じられるようになってきた。

シャワーを浴びて京都の叔母のプレゼントの作務衣を着て日本のビールでのどを潤す。
e0112086_252866.jpg
ペーさん、もう一着紺色のも持ってるんだけど、こっちの方が涼しげで良いね。
ビールはアジアスーパーで買ってきたんだけど、麒麟さんってドイツでも生産してらっしゃるんだね。
メイド・イン・ドイツのキリン一番搾り。
おかずはまずラディッシュの麹漬け
e0112086_2542641.jpg
このラディッシュかなりツーンとくる。
ペーさんはそれが好き。
これって大根と同じアミラーゼ等の酵素なのかな?

こちらスペイン産のピミエント・デ・パドロンという名前のシシトウまがいと雑魚の甘辛炒り煮
e0112086_2544275.jpg
これスペインではオリーブオイルで素揚げして粗塩をふってタパスになる。

夏かぼちゃのニンニク風味炒め煮
e0112086_257942.jpg
どうだろうな〜と思いながらアジアスーパーで買ってきたかぼちゃ、やっぱり夏かぼちゃ。
どちらかというとしゃきっとした食感で甘味はあまりない。
これでは煮物にしてもイマイチかな〜と、ビールのつまみということを意識して少し唐辛子を利かせて炒めナムル風にしてみた。

そしてメインは鶏唐揚げ
e0112086_2551943.jpg
ビールのお供にはやっぱりこれでしょ。
付け合わせてあるのはラディキオの千切り。
今日の唐揚げは生姜やニンニクと一緒に付けておくマリネ液に塩麹を混ぜておいた。
最近塩唐揚げってのもよく目にするけど、私は唐揚げはお醤油の香ばしい香りが好きなので、塩麹とお醤油の両方で下味を調節。
そしたらペーさん「久しぶりのせいかな〜。きょうの唐揚げすごく美味しい!柔らかくてジューシーで。」と。
塩麹の効果ありかな。

デザートにはこれまた夏らしくスイカ
e0112086_2553218.jpg
日本で言うところの小玉スイカぐらいの大きさのを売ってたから一つ買ってきた。
二人で半分食べられる。
これまた水分たっぷりで甘味のあるスイカ!
でも結構お腹ふくれる・・・。
[PR]

# by sandonomeshi | 2013-08-16 02:40 | 夕飯 Abendessen
2013年 08月 13日

カブリオ! Cabrio!

8月3日(土)

このところ30度越えの暑い日が続いているベルリン。
でも夜は結構気温も下がって心地よい。
朝方なんかは涼しくて気持ちいいくらい。
そんん中、ペーさん早起きしてジョギング。
今年もベルリンマラソンに参加登録してるから、そろそろ本格的に練習しないとってことみたい。

朝ジョギングすると、朝パン用のパンを買ってくるのがペーさんの担当。
その間私はしっかり朝パンを準備する。
ペーさんの早朝ジョギングのおかげでわりと早く一日が始まったんで、午前中に買い物も済ませてお昼も軽〜く食べた。

そんな暑〜い一日の終わり、夕飯。
まずうちの定番人参とルコラのサラダ
e0112086_17442139.jpg
このサラダ、二人ともほんとにお気に入り。
人参の千切りがちょっと手間といえば手間だけど、これを一度野菜の千切りスライサーを使ったら食感が良くなくて美味しさも半減。
私の持ってるスライサーが良くないのが、スライサーというもの自体やっぱり包丁で切るのと同じには無理なのか・・・?
それ以来ちょっと手間でもとんとんと千切りしている。

そしてお昼の準備した時に一緒に作って冷やしておいた冷製豆乳コーンスープ
e0112086_17443269.jpg
見た目寂しいね。
ちょっとトッピングが欲しかったな〜。
でもお味は◎。
サヤに包まれたままで買ってきて、さやを剝くとつぶつぶが貴石のようにきらきらつやつやしてただけあって甘味の中にほのかな野菜っぽい青臭さもあって、冷静に仕立ててぴったりって感じ。
寒い時に美味しい甘〜くて濃厚なコーンスープとはまた違って夏には美味しい。

メインはストウブのココットで煮た鶏ももと黒オリーブの白ワイン煮 ローズマリー風味
e0112086_17445850.jpg
これも夏の煮込み料理としてはさっぱりしてて美味しい一品。
ペーさんも大好きなんだけど「久しぶりだね〜、この料理。」と。
そう、暑くならなきゃ作らないから去年以来のはず。
当然ライス添えて煮汁と絡めていただく。
ペーさんは白ご飯が好きなので夕飯用に炊いたけど、私は残りご飯を冷凍保存しておいた雑穀ご飯を。

このところよくベランダにテーブルを出して夕飯ってことが多いんだけど、今日は既に暗くなり始めてたから照明のあるサンルームで。
でも窓を全開にして「カブリオ状態!」とか言って喜んでるペーさん。
e0112086_17453485.jpg
カブリオに憧れてるペーさんは車でも時々窓を全開にして「カブリオ!」とか言って喜んでるからね・・・。

デザートにはしっかり冷やした黄桃のひしゃげ桃
e0112086_17455120.jpg
最近すごく出回りだしたひしゃげ桃。
でネクタリン(桃の変種。
形はほぼ同じだけれど表皮に毛がなくつるんとしてる。
果実は黄桃に近い。
ドイツでは桃と並んで非常にポピュラー)のひしゃげ桃、最初で出した頃は果実は白糖だったのが今日買ってきたのは黄桃だ!
色々品種改良が進んでるんだな〜。
この黄桃のひしゃげげ桃も、桃本来の味が濃くて甘くて美味しいけど、言葉では表現しにくいけど私は白桃の方が美味しいと思うな〜。
今度ネクタリンのひしゃげ桃も買って試してみようっと。
[PR]

# by sandonomeshi | 2013-08-13 17:35 | 夕飯 Abendessen
2013年 08月 12日

Zaz:ザーズのライブ! Zazs Live!

8月2日(金)

今日は楽しみにしていたZaz:ザーズのコンサート。
最近はライブって言うのかな。
特に彼女の場合、「ライブ」って言葉のニュアンスが合ってる気がする。
フランスのシンガーなんだけど、もともとストリートミュージシャンでナイトクラブとかでもうたってたのから火が付いて2010年にCDデビューしたら、あっという間にヨーロッパから全世界に広まってスターダムを駆け上がったって感じ。
2年ほど前ペーさんがラジオで彼女の曲を聴き、気に入ってCDを買ってきてから私も大いに気に入ってて、色んなお友達にもお勧めしてる。
何しろ元気が出るのよね、彼女の歌聞いてると!
実は去年もベルリンでライブやってたのに全然チェックできてなくて、知ったのが既に終わってから。
「また来年も絶対来るだろう!」と楽しみに待っていたのよね。

早くからロサとジョンも誘ってチケットを買ってあった。
仕事から帰ってきて夕飯を食べる時間のない男性陣のために、アルゼンチン風サモサを作って持っていく。
会場はオープンエアーできっと色んな飲食店の屋台が出ているはずだけど、そう言うのって得てして高いわ不味いわが多いし・・・ってことで。
で、アルゼンチン風サモサって、本当はアルゼンチンのエンパナディージャを作りたかったんだけど、包む生地を作るのが面倒でトルコスーパーで売ってるフィロ生地(中東、ギリシャ料理に使われる極薄の生地)で代用。
e0112086_19241784.jpg
でも具は炒めた挽肉と玉葱に茹で卵レーズン、松の実を混ぜたもので、ほぼアルゼンチンのオリジナル(オリーブの実を入れなかったとペーさんにダメだしされたけど・・・)。
フィロ生地って扱いやすくて包みやすくて、仕上がりもぱりぱりして結構イケる。
みんなにも好評で良かった!
飲み物は屋台で買って、サモサだけでは物足りなかった男性陣はグリルソーセージやポークロースをパンに挟んだのを買って食べてた。

私も美味しそうなものはないかと屋台を物色。
最近はこういうお祭りなんかにも必ず1軒はあるアジア系。
e0112086_19244492.jpg
一瞬揚げ春巻きに魅かれけど、行列が長かったんで断念。
その行列に劣らず並んでたのがベジタリアンの屋台。
e0112086_1925553.jpg
ものはファラフェル始め中東系のメッゼのようなもの。
ベルリンでは健康志向でベジタリアン増殖中かな・・・。
でもやっぱり定番グリルの屋台もしっかり並んでる。
ベルリンはこのところ30度を超える真夏日が続いているけれど、今日もこの時間になっても結構暑い。
そんな中、グリルの側でソーセージやお肉を焼いてるお兄ちゃん達、ほぼ修行だね。
e0112086_1925509.jpg

チケットを買った時、席のカテゴリーがなくて単一料金だったのは憶えてるんだけど、チケットには「立ち見席」となってることをロサに指摘されて気付いた。
「え〜、2時間以上立ったまま!?」
そう言えば立ったままのライブといえばオリンピックスタジアムでのジェネシスのライブで辛かった思い出が・・・。
あれから6年も経ってて私のおばさん度は上がってるだろうし、最後まで持つだろうか・・・と不安。
でもペーさん曰く「Zazのライブは立ち見の方が似合うよ。」だって。
e0112086_1926298.jpg
まぁ、その感じはよく分かるけど、私としては立ち見はしんどいだけじゃなく、見えないという問題もある。
ペーさんの目線だとこうだけど・・・
e0112086_19271895.jpg
私が腕を上に延ばして撮ってもこんな感じ。
e0112086_19275687.jpg
背伸びしたってほとんど見えない。
確かにライブの臨場感は、とくに彼女のような音楽だとなおさら価値あるんだけど、彼女の表情どころか姿すら見えないとその臨場感は半減するよね。
早くから来てたんだから、座ってのんびりサモサなんか食べてないで前の方に陣取っておけば良かった・・・。

でも「暑い」だの「脚が痛い」だのぶつぶつ言いながらも、でもやっぱり良いね、Zazは。
今回のツアーに引っ提げてるアルバムも既に買って聞いてはいたけれど、まだ耳慣れない曲もいくつもあって、やっぱこの曲(デビュー曲”JE veux(邦題:私の欲しいもの)が始まると
  
観客も盛りあがる。

ステージの照明の雰囲気がちょっと変わって「メンバーみんなが大好きなジャズを・・・。」と何曲が歌ったうちの1つ。
エディット・ピアフの「ラ・ヴィ・アン・ローズ」とか・・・

いいね〜。

実はFelix Meyerというドイツ人のストリート・ミュージシャンの前座が1時間半ぐらいあったのもあってかなり疲れたけど、でもやっぱZazよかった〜!
[PR]

# by sandonomeshi | 2013-08-12 19:07 | その他 u.a.
2013年 08月 11日

自家焙煎のコーヒーショップ selbst rösten Café

7月31日(水)

久しぶりにロサとランチ。
大学の講師をしている彼女、この時期年度末試験絡みで自宅持ち帰り仕事も多くて忙しかったらしい。

以前から行ってみようと言っていたチベット料理のお店へ。
ここは以前別の友達の指定できてランチをしたことあるんだけど、すっごく美味しくて色んなお友達にもお勧めしている。
基本的にはインド料理によく似ていて、カレーなんだけど、すっごくマイルドだけどスパイスのブレンド具合がなんとも奥深い。
でもなぜかここに来ると写真を撮り忘れる。
前回も、今回も・・・。
また来ることがあるだろうし、その時に写真も一緒にお料理の紹介はするとして・・・。

食事の後ロサが「この近くに自家焙煎しているコーヒーショップがあって、最近すごく人気なんだけど行ってみる?」
「もちろん!」
同じ通りにあるスタンドカフェに毛の生えたぐらいの小さなきどらないお店。
e0112086_0362618.jpg
でも内装にはこだわりを感じる。
左側の壁は棚になっていて、駄菓子みたいなのやコーヒー豆が陳列されている。
e0112086_0365691.jpg
なぜかペーさんの大好きなスペインのフラン・ロヤル(スペイン版ハウス・プリンみたいなの)が売ってたりと面白い。
e0112086_0372098.jpg
この張り紙には「自家製焙煎コーヒー5番」としてエチオピア産のSidamoという豆を夏のエスプレッソとしてお出ししているという旨が説明されている。
豆についてはエチオピアのどの地域で標高はどのくらいの場所でどの農家のものなのかも記されている。
お味は果実酸(桃)があって、軽めのボディ、軽いフローラルな香りがあるとしている。
焙煎日は7月15日。

早速ロサはカプチーノ、
e0112086_037561.jpg
私はエスプレッソマキアートを。
e0112086_0381552.jpg
ドイツにしては珍しくラテアートしてる・・・と思ったら、家に帰ってからネットで調べると、ここのバリスタはラテアートの世界チャンピオンになったことがあるらしい。
私達もちょっと並んだけど、ロサ曰くいつも行列ができていて通りまで並んでることもしばしばとか。
店内に椅子はなく、スタンド・バー式に壁際窓際がバーになってるのと、真ん中に丸いバーテーブルがあるだけ。
通りにはベンチが置いてあるけど、そこに座われることは極めて稀そう。

ロサが気が付いて「これ見て!」と指差した先・・・
e0112086_038518.jpg
営業時間の案内だけど、月曜日から金曜日までと土曜日が違うのはともかく、この中途半端な分は何の意味があるんだろう? 

ちなみにここ、テイクアウト用に紙コップにも入れてくれる。
で、自家焙煎でこだわりのお店なのにエスプレッソマキアート1杯1.2ユーロ(約150円)とすっごくお安い。
ベルリンのカフェの相場は2〜3ユーロかな・・・。
まぁ、この店構えだけどね。
でも近場でランチとかした時は、ここで〆のコーヒーってもいいな〜。
[PR]

# by sandonomeshi | 2013-08-11 00:28 | その他 u.a.