三度のメシより・・・ Sando no Meshi yori...

sandonomes.exblog.jp
ブログトップ
2007年 01月 18日

いろんな国から Kulinalische Weltreise

今日は先週終了したドイツ語のコースの打ち上げパーティー。
みんなで持ち寄りで、場所もコースの教室で。
登録していたのは20名ぐらいだったのに、今日集まったのは12名と先生。
フランス人の男の子(二十歳過ぎ位)を除いてみんな女性。
ポーランド人、ルーマニア人、モルドバ人、ヴェトナム人、中国人、白ロシア人、ロシア人、ギリシャ人、英国国籍のカシミール人、そして日本人が私ともう1人。

こういう持ち寄りパーティーってたまにあって、集まるのが日本人以外の時は、私はたいてい「お鮨まがい」をつくる。
和歌山の海岸沿いで、朝あがった魚が夕食に並んでいた環境で育った私にとって、ベルリンで手に入るお魚は、よっぽどタイミングよく買わない限りお鮨には使えない。
で、スモークサーモンとかニシンの油付け(特に北ドイツでよく食べる)とか、こちらで普通に手に入る食材で手毬鮨なんかをつくる。
本当にお口にあったのかどうかは?だけれど、少なくとも「わぁ、お鮨!」と言ってたいてい喜んでくれる。

他にもそれぞれお国の郷土料理をつくってきた人が結構いて、例えば香菜の香り豊かなヴェトナム風サラダ、ルーマニアの卵サラダ、モルドバのチェリー・コンポートのパンケーキロール、春巻き、ショートブレッドetc.
もう一人の日本人の方は、ドイツにパン焼きを習いに来たという人ですから、胡桃入りホール・ウィート・ブレッド。
少しずつみんな試そうとがんばったのだけれど、結局おなかいっぱいで食べきれず、ショートブレッドやハニーケーキはお試し分紙ナプキンに包んでもらってお持ち帰りした。

ドイツ語コース、このレベルにたどり着くまで色々学校も変えたし、コースの区切りごとに先生や生徒のの入れ替わりもあって、それぞれメンバーによって教室の雰囲気が違うのだけれど、今回のコースはなかなか和気藹々としてた。
私も理由あって次のコースはお休みすることにしているし、他のほとんどの人もそんな感じ。
でもみんなで連絡先の交換をして、「きっとまた集まろうね。」と約束。
それぞれの事情でベルリンに住んでいる『外国人』たち。
上手く繋がりが深まっていけばいいな。

ところであのおもちゃデジカメ、とうとう写らなくなってしまった。
あんなピンボケ写真でも、なんとなくイメージが湧いていいかな~と思ったのだけれど、それすらもアップできなくなってしまった。
何人かの人達はカメラを持ってきていて、料理の写真も取ったりしていたので、いいのが手に入れば後でアップしよう。

今日はもうひとつ話題が。
ペーさんのシンガポールからのお土産。
ジャーーーーーーン。
e0112086_573617.jpg

炊飯器。

7、8年越しに使っていた炊飯器が数ヶ月前に壊れてしまってから、ずっと探していた。
こっちでも最近・・・いや、もう久しくアジア食ブームで、炊飯器自体はあちこちで売っているのだけれど、どれもただご飯が炊けるだけ、せいぜい保温機能が付いてるくらい。
日本ではIHをはじめいろんな機能や工夫が凝らされてるのがあって、そういうのってきっと美味しく炊けるのだろうけど、そこまでは言わないからせめてタイマーは付いていて欲しい。
散々探した挙句、ここでタイマー付きの新品を手に入れるのは無理とあきらめ、ジャパニーズ・コミュニティーの掲示板に中古が出ないかチェックしていた。
でもそういうのは大概日本製で、炊飯器の他にトランスも購入しなければならなくて、どうしようか迷っていたところに・・・ペーさんのシンガポール出張。

きっとむこうでは色々日本の製品に近いものも売っているのではと思い、「いろんな機能が付いてたりして、どれが良いかわかんなかったらお店から私に電話してきてね!」とペーさんに念を押しておいたのだけれど・・・
シンガポールに住んでいる姪っ子と一緒に某日系デパートに行って、二人して「きっとこれが良いよ!」と判断して買ってきてくれた。

内釜もどっしり重くて底が丸くなってる。(日本ではそんなのもう普通かもしれないけど・・・)
白米、鮨飯、おかゆ、玄米炊きのメニューも付いてる。(当然?)
十分よ。
ウン、満足満足。

何を隠そうペーさんは大のご飯好き。
もちろん普通の白いご飯とおかずというスタイルも大好きだけれど、お肉や魚料理の付け添え(ドイツでは茹でジャガイモやパスタ類をよくつけ添えにするのだけれど)として、ソースを絡めて食べるのがお気に入り。
和食や中華以外の時は、あんまりご飯を炊かない私なので、ペーさんは「せっかく日本人の奥さんもらったのに、ご飯をあんまり食べさせてもらえない・・・」と愚痴るくらい。

このお土産、もっとご飯炊けってこと?
[PR]

# by sandonomeshi | 2007-01-18 07:29 | 持ち寄り食事会 Fest
2007年 01月 16日

一人飲茶 Dim Sum allein

今日友だちとうちでお昼を一緒するはずだったのだけれど、朝彼女から電話がかかってきて風邪をひいてしまって出られないって。
それ聞く以前にすでに、「あ、これは風邪でダメっていう電話だ」と分かるほどひどい声。
「何かすでに準備してくれてたら、何とかしてでも行くけど・・・」って、そんな声して出歩かんでもよろしい!(失礼、関西弁)

彼女は去年ドイツ語コースで一緒だったロシア人。
私も住んだことのあるサンクト・ペテルブルグ出身で、旦那さんは仕事で日本に行ったことがあり、私の出身地京都を痛く気に入っているというので、初日から意気投合。
ドイツ語のコースが終わっても行き来は続いている。
お互い招待したりされたり、ロシアのお母さんの味をいろいろご馳走になった。
中でも彼女の卵ピロシキは私のお気に入り。
日本のレシピでは油で揚げるのが多いけれど、本場ロシアではたいていオーブンで焼く。
生地にはたっぷりバターを使うけれど、それでも油で揚げたのみたいにベタベタしないから、結構いくつも食べられてしまって、逆に危険!
彼女伝授のピロシキを私もたまに焼く。

でも今日はピロシキじゃなくて飲茶。
今日の約束をした時の「お昼は軽いものでいいのよ。」という彼女のコメントから、何にしようかと迷った挙句、自分も食べたかった点心に決めた。
e0112086_1273076.jpgシュウマイ二種:海老の姿シュウマイ(写真では分からん!)と豚肉。
タネには刻み香菜も練りこんで香り良く。

e0112086_155762.jpg野菜春巻き
あら、ヤダ。
すでに油がしみてきてる~。

e0112086_1564383.jpg白菜と胡瓜のピリ辛甘酢漬け
レッド・ペッパーはうちのベランダのプランター育ち。

e0112086_28554.jpg飯蒸し
(う~ん、この写真かなりひどい・・・)
本当は蓮の葉で巻いてちまきにしたかったのに、中国系アジアショップを3軒回って唯一見つけたのが1Kgのパッケージ。
乾燥させた蓮の葉が1Kgですよ!想像できます?どれぐらいあるか!!!1m四方程もあるビニール袋のパッケージ。
カビたり湿気たりしないように保管する場所?・・・ない。
どうやってもって帰る?・・・自転車で来てるから無理。
それでもかなり迷ったけど、やっぱり断念。
で、飯蒸しになった。

e0112086_1583813.jpg杏仁豆腐とトロピカルフルーツ
・・・にするつもりでパイナップル、マンゴ、中国梨を買ってあるんだけど、彼女が来ないなら包丁入れることもないや、そうすればぺーさんが帰ってくるまで日持ちする、ということで、柘榴のみ。









あと蓮根餅も作るつもりにしてたけど、まだ何も下ごしらえ手付かずだったので省略。
シュウマイや春巻きは、皮のパッケージの量の関係でたんまり作ったけど、残りは冷凍保存。
しかもタネがちょっと少なくて、春巻きの皮が余ってしまったので、山羊チーズ&苺バルサミコソース&フレッシュローズマリー青かびチーズ&アップルのタイム風味ジャム&フレッシュタイムを包んだ。
e0112086_313869.jpg
これがいいワインのアテになる。
(写真が二日酔いになってる・・・)



あ~ぁ、ぺーさん早く帰ってきてぇーーー、デジカメ持って!
[PR]

# by sandonomeshi | 2007-01-16 03:26 | お昼 Mittagessen
2007年 01月 15日

フラメンコの夜 Una noche de Flamenco

類は友を呼んで、私のドイツ人友達No.1、2ともにスペイン大好き人間。
一人はハンブルグ住人だからそう頻繁には会えないけれど、もう一人の方はベルリンっ子。
しかも東ベルリン出身!(何が”しかも”なのかよく分からないが・・・)
フラメンコ・ダンスを習っているその彼女のお誘いで、Kulturbrauerei(文化ビール醸造所)でのフラメンコ・ショーを見に行ってきた。
このKulturbrauerei(文化ビール醸造所)とは、その名の通り元ビール醸造所だったところがマルチカルチャーセンターに生まれ変わって、いまやベルリンのホット・スポット。

話は飛ぶけど、Kulturbrauerei(文化ビール醸造所)といば、ペドロ・アルモドバルの「Volver ヴォルベール」ドイツ国内初演がここで、舞台挨拶に来ていたペネロペ・クルスを拝んできた!
e0112086_7591022.jpgホントは昨夜のフラメンコの写真をアップしたかったのだけれど、おもちゃデジカメじゃとてもじゃないけどまともな写真は撮れないし。
写真ネタなしじゃちょっと寂しいから、こんな写真を引っ張り出してきた。
でもペネロペきれいだからいいでしょ!




話を元に戻して、フラメンコ。
私は7年もスペインに住んでいたにもかかわらず、自慢じゃないけど実はフラメンコにはあんまり詳しくない。
というのも、住んでいたところがバルセロナ。
フラメンコはスペイン南部のアンダルシア地方で盛んだけれど、バルセロナのあるカタルーニャ地方の人達は一般にあんまりフラメンコに興味ないみたい。
アンダルシア地方なら、どんな最先端、若者一押しのディスコ(最近ディコなんていわないのだろうか?)でも必ずフラメンコ・タイムがあって、今までテクノ・ポップ(もしかしてもう死語??)とか踊ってたのが、いきなりセビジャーナ(フラメンコの一種)を踊りだす。
私としては、マハラジャ(もう存在しない???知ってる人は知ってる・・・よね)でいきなり盆踊りを踊りだすというイメージがあって、アッケにとられてしまったが。

で、昨夜のフラメンコはギターと二人の踊り子がドイツ人。
歌い手がスペイン人女性だった。
この二人のドイツ人女性、私の友だち曰くかなり高等なテクニックを持っていて上手く踊っていたらしいけれど、なんか私にはいまいちグッと訴えるものがない。
フラメンコの「フ」の字も知らないヤツがのたまうな!と自分でも思いきや、やっぱりなんか・・・う~ん・・・、という感じ。
そんなことを思いながら見ていたらアンコールで、唯一のスペイン人だった歌ってたおねえちゃんもちょこっと踊った。
私みたいな素人目にも踊りの内容自体は、あのアンダルシアのディスコで見たセビジャーナを踊っていたおねえちゃんと大して変わらないのだけれど、指先から体全体の線の動き・・・なんていうの・・・これぞ”Pasion パッション”!!! ”Sangre de Gitana ジプシーの血”!!!
このおねえちゃんのほんの1分ほどの踊りを見て、やっと昨夜は充実感一杯で帰ってきたのでした。

そういえば、おとといブラッド・オレンジのジャムを作って、朝パンで試そうと言っておきながら昨日アップできてない。
e0112086_8404542.jpg

久しぶりに日が射していたので、サンルームで。
ジャムは、ほんのり酸っぱい美味しいジャムに出来上がっていた。
赤く見えるブラッド・オレンジ・ジャムの隣は去年の夏作ったバナナ&アナナ(ドイツ語でパイナップルのこと)・ジャム
私の従妹の子供たちに受けたらしい。
七面鳥の胸肉ハムと青かびチーズ、野菜を少し載せたお皿にオレンジ色の球体。
これホオズキ
子供の頃、この実で遊んだのを覚えているけれど、すごく酸っぱ苦くて食べられるもんじゃなかったと思う。
こちらでは、観賞用のほかに食用としても出回ってる。
ところでこの写真(写りが悪いのはカメラのせい。しつこく念を押す)、影の具合から結構もう日が高いのがバレてしまいそう。
ぺーさんもいない土曜日。
まっいいか。
[PR]

# by sandonomeshi | 2007-01-15 09:25 | 朝パン Fruehstueck
2007年 01月 13日

トルコ市場 Tuerkischer Markt

・・・に行ってきました。

ドイツ全体ももちろんのこと、首都ベルリンもことのほか外国人の流入が多い。
戦後の労働力確保の政策もあって、トルコ人が圧倒的。
このトルコ市場は、クロイツベルグというベルリンでも特にトルコ人人口の多い地区に、毎週火曜日と金曜日に立つ。
普通のスーパーでは見かけないものや、同じものでもお値段がお手ごろだったりするので、私はたまにブラブラしに行く。
e0112086_713729.jpgこんな雰囲気。
右手前に見えるのがトルコ茶の袋売り。
そのむこうに山盛りになっているのが、色や大きさとりどりの干し葡萄。(一粒一粒つまみながら食べてると結構止められない)

そして今日の私の収穫・・・



e0112086_743241.jpg柘榴。
昨日の写真もあんまり褒められたもんじゃなかったけど(撮影:ぺーさん。失礼!)、今日のはもっとひどい。
撮影者、私。
だけどうちの某優良日本メーカーのデジカメをぺーさんが出張に持って行ってしまって、今日私が使ったのは、どっかのオマケでもらったおもちゃみたいなデジカメ。
「あなたの目のせいではありません。ご安心ください。」

ところでこの柘榴ちょっと小さいと思いません?
立てかけてあるマッチ箱と比べてみてください。
日本ではこんなもんでしょうか?
こっちに来てから巨大な柘榴や、胡瓜やら茄子やら(分かる人にはわかる)に見慣れてしまっているので、この小ささに結構感動してしまった!
でも一応おじさんに「これってこんな小さくて、美味しいの?」と聞く。
「当たり前や、試してみぃ!」といって、パカッと割って差し出す。
私は人差し指で一粒ホジホジして口へ。
甘い!
買った!・・・でも5個だけね。

そうです。
このトルコ市場、先にも言ったようにお値段お手ごろはいいのだけれど、えてして2Kgとか3Kgとか大量に買わないと表示された値段にならない。
まあ割高な値段で300gとかでも売ってくれるけどね。
それでも周りの人たちは「柘榴2Kg、りんご2Kg、それとみかんは3Kg!」とか言って買ってる。
トルコの人たちは結構大家族で暮らしていることが多いらしいけど、うちみたいな夫婦二人の家庭では、そんなに買って帰っても腐らしてしまう。

そんな訳で私のトルコ市場有効利用法は、保存食の材料調達。
こんな小さい柘榴だって、果物としてそのまま食べるには5個は多い。
しかもこの先1週間私一人。
で、狙いは柘榴酒
そんなのあんまり聞いたことないけど、色もきれいだし美味しそうだと思うのは私ぐらい?
今日は時間がなかったけど、明日辺り仕込むか・・・

そして今日第二の収穫はブラッド・オレンジ。
ほら、あの果汁が血のように滴るヤツ。
去年もブラッド・オレンジでジャム作って美味しかったし。
そう、マーマレードじゃなくてジャムです。
私子供の頃、給食のマーマレードのあのほろ苦さがどうしてもダメで、未だにあんまりウェルカムじゃない。
でもオレンジピールの香りは好きなので、皮をおろしたのを加える。
とは言うものの、トルコ市場の果物たち、無農薬有機栽培してるわけはなく、仕方なく別途BIOオレンジを買ってその皮を使う。
あと、お気に入りのスパイス、コリアンダー・シードを乳鉢で粉末にし、カルダモンもチョビッと、そして去年作ったホワイト・ラムベースのオレンジリキュールも加えて風味良く。

明日の朝パンで試そう。 
[PR]

# by sandonomeshi | 2007-01-13 07:52 | 保存食 Einmachen
2007年 01月 12日

鬼の留守に洗濯?

という訳でもないのですが、ぺーさん(私の旦那)が出張で留守の間に、なんとかブログ立ち上げにこぎつけました。
コンピューターのことには全く弱いくせに、こんなこと初めて大丈夫だろうか?
食べることに執着心の強い私たち、もう何年も前から毎日の献立はEXCELに記録していて、去年からはお客さんがあったりして特別な時は写真も撮ってファイルしているのだけれど、その日食べたものと、その日に「食べる」以外にしたことを上手くまとめて整理したいな~というのがこのブログの意図。
こんな私たちでも三度のメシより気になることがたまにはあったりする。

ところで、ぺーさんが出張中です。
シンガポールとジャカルタで9日間。
ジャカルタといえば私たちがほぼ9年5ヶ月前に初めて出会った街。
もうそんなに年月が経ってしまっとる!
でもこれは今日の話題じゃない。

出発前日、8日(月)の夕飯。
出張の間ウチメシが食べられないぺーさんの為に、腕によりを・・・と思いきや、月曜日は太極拳に行く日。
太極拳の教室は夕方(夜?)の7時から8時までなので、いつもは昼間のうちに作っておいて、帰ってきたら温めるだけとかササッと準備できる献立にしているのだが・・・
フム・・・どうしよう。

で、解決策が
e0112086_304693.jpg

ラムのミートソーススパゲティ、ぺーさんの大好物!!!(ぺーさんのお皿、かなり大盛り)
煮込むのにやや時間がかかるけど、作り方はこよなく簡単。
しかも一度冷めて温めなおすとなお美味しい。
ぺーさんが喜ぶこと請合い。
それからクレム・フレッシュ和え2種をサラダの上に盛り付けて
e0112086_321485.jpg

なんとか形になった?
e0112086_331911.jpg

デザートも超手抜きで、冷凍してあったミニタルトをオーブントースターで解凍し、市販のバニラアイスと自家製無花果コンポートをのっけて出来上がり。
アイスクリームも無花果もこれまたぺーさんの大好物だから、ご満悦。
良かった良かった。

食後ぺーさんはパッキング開始。


今日(1月8日)の夕飯

クレム・フレッシュ(濃厚な生クリームのようなもの)和え2種
フェンネルとオレンジ
フェンネルのグリーンと香りが良いのでオレンジの皮のすりおろしも入れる
かぼちゃ
シナモン、コリアンダーパウダーを少々加える
パンプキンシードをちょっと煎ってトッピングに

サラダ
日本でなんで呼ぶのか知らないけど、ベルリンではエンダイブと呼ばれているレタスの一種に台所の片隅で栽培(というほどではないが・・・)しているアルファアルファとマスタードのもやし(日本でも最近なんとかって言うんだよね~。どっかのレシピで見た覚えはあるのだけれど忘れてしまった)

ラムのミートソース・スパゲティ
ベースになるトマトは、この時期フレッシュよりも缶入りのホール・トマトの方が美味しい
更にトマトジュースとトマトペーストを加えて味を濃厚にする
うちのミートソースには、ミンチ肉以外に玉葱、人参、根セロリ、マッシュルーム、ニンニクもたんまり入っている


無花果コンポートのアイスクリームタルト
タルト皿は多めに作って冷凍しとくと、こういういざという時に便利
無花果のコンポートも無花果が旬の時に保存用としてたくさん作っておいたもの

[PR]

# by sandonomeshi | 2007-01-12 03:59 | 夕飯 Abendessen