2013年 08月 23日

ブランチもヴィーガンで? Ist Brunch auch Vegan?

8月18日(日)

朝、ベランダに出ると、ペーさんに誕生日にもらった鉢植えのハイビスカスが花を咲かせてた。
e0112086_2534333.jpg
もらった時は4つ5つ一斉に咲いていたけど、それ以来1輪ずつほぼ途切れず大輪で裂いている。
そのとなりの鉢植え「牛の心臓」という名前の品種のトマトが真っ赤に色づいてきている。
e0112086_253466.jpg
もう食べられそうだけど、もう数日我慢して完熟状態でいただこうっと。

今日はKuronekomusumeさん達とブランチ。
ヴィーガンのお店を探していてたどり着いたのが完全なヴィーガンという訳ではないけれどアーユルヴェーダ的なお料理を出しているインド料理店。
バイキングスタイルのブランチをやっているというので目先も変わって良いかもってことで。
でもお店の名前が日本人にはちょっとショッキングでSatyam:サティアン。
サンスクリット語で「真理」という意味らしいけど、日本人には彼の宗教団体の施設の呼び名で定着してるものね。

12時に現地待ち合わせ。
薄曇りのあんまりぱっとしないお天気。
テラスの素敵そうなお店っていう手もあったんだけど、この天気ならそこにしなくて良かった。
サティアンの店内は照明がやや暗くてインドムードムンムン。
ア・ラ・カルトもOKらしいけど私達は4人ともブランチ・バイキングを。
飲み物もみんなで12種類のハーブをミックスしてあるというアーユルヴェーダ・ティーというのをポットでたのむ。

バイキングスペースはそれほど広くはないけれど、パン類につけて食べられるディップは5、6種類、暖かいカレーのような料理が3種類、あとサラダとデザートもありライスもヒマラヤバスマティと短粒種(日本のお米のように丸みのある粒のお米)の玄米の2種類。
私はホット(辛い)だと注意書きあった青唐辛子のディップ以外は全部一通り試してみたけど、チャパーティ、ブーリー(揚げたてをテーブルにサーブしてくれた)の2種類のパンもあってかなりお腹いっぱい。
e0112086_2545816.jpg
お料理は概ねどれも美味しくて、お肉は全くなくてベジタリアンなんだけど、その中でもヴィーガンのものはそう表示されている。
私の一番のお気に入りはほうれん草とジャガイモのカレー。
辛味はどれも平均マイルドだけど、スパイスはしっかりきいていて味が深い。
あとココナッツクリームベースの豆腐のカレーもあったけど、インドで豆腐はないよね。きっとベジタリアンやヴィーガンの人の間で流行ってるからだろうね。
アーユルヴェーダも以前から興味あるんだけど、まだちゃんと解ってない。
本でも買ってちょっと勉強しようかな〜。

みんな満足して店を出たら、「すぐ近くにもう2軒ヴィーガン料理を出しているお店があるんだけど、ちょっと観にいってみない?」と提案。
車はそこに停めたまま食後のお散歩がてらぶらぶら。
でも住所をきちんとメモって来なかったせいで、1軒は見逃したみたいでわからず終い。
もう一軒はテラスもあるお店だったんだけど、日曜定休でテーブルや椅子も積み上げてあって何か殺風景。
ここはヴィーガンで繊細な高級料理を出しているとのこと。
是非一度試してみたい!
[PR]

# by sandonomeshi | 2013-08-23 02:16 | 外メシ ausser Haus
2013年 08月 21日

ベルリンで日本茶カフェ japanischer Tee Café in Berlin

8月17日(土)

Kuronekomusumeさんがまたベルリンにいらしてる。
なら一緒にお茶でもってことで、以前たんたんさんに教えてもらってずっと気になってた日本人の方が始められたカフェへ。
ベルリン・ミッテ(地区の名前)の良い場所にあるこじんまりとしたカフェ。インテリアは手作り感満載で、でも細かいところにお店への愛情とセンスが見える。
Kuronekomusumeさんは食事制限してるから食べられるものがないかもしれないとお茶だけしようってことだったけど、私達は午前中の買い物の流れでランチもそこでいただくことに。

待ち合わせの時間より早めに行って、私はベジタリアン弁当をたのむ。
e0112086_22434664.jpg
ペーさんはしっかり朝食べてたのであんまりお腹空いてないと単品で餃子だけ。
e0112086_22433726.jpg
私のベジ弁当に入ってるのは野菜餃子ってあったけど、ぺーさんの単品の方は挽肉入りかな〜と思いきややっぱりベジだった。
私達の好みからすると手作りだろう皮がちょっと厚くてもちもちし過ぎ、水餃子なら良いけど焼き餃子はぱりっとしてた方がいいかな〜って感じ。
あと私のお弁当のほうれん草の胡麻和えがちょっと甘過ぎたかな。
e0112086_22444351.jpg
サラダのドレッシングは和風な味で美味しかったけど。

飲みのもは京番茶。
e0112086_2245274.jpg
しっかり詰まった型押しご飯で結構お腹いっぱいになる。
私達が食べ終わる頃やってきたKuronekomusumeさんとその彼氏。
彼女も食べられるものがあると分かると単品でサラダ2種とご飯とお味噌汁をたのんでお二人でシェアしてらっしゃった。
e0112086_22451184.jpg
私はお弁当だったので分からなかったけど、ここ器もなかなか粋なものを揃えてらっしゃる。
e0112086_22462336.jpg
でもお味噌汁を陶器の器は日本人には勝手が悪い。
こちらの人はスプーンで召し上がるから置いたままで良いけれど、日本人は持ち上げたくなるからね〜。

Kuronekomusumeさんがたのんだジンジャーティーに付いてきたマドラー代わりのこれ・・・
e0112086_22473962.jpg
かわいくて粋!

お値段はお手頃だし、普通の日本のごはんって感じで、日本人の方ともほっこりできていいし、それ以外の方とも日本の食を紹介するのにいいお店。
お弁当は週変わりみたいだし、またお友達とか誘って来よう!
[PR]

# by sandonomeshi | 2013-08-21 22:32 | 外メシ ausser Haus
2013年 08月 20日

テンペの調理技 die Kochen-Methode für Tempe

8月16日(金)

青空が広がってすっごく良いお天気で、しかも気温は20度ちょっとと最高のコンディション。
これは出掛けるっきゃない!と、久しぶりにMaibachufer:マイバッハウファー通りのトルコ市場に久々に出かけてみた。

ここ最初ドイツ人の友達に教えてもらって知った頃(7、8年前かな?)は普通の街角市場とさして変わらない感じだったのに、ここ数年で観光客がずいぶん増え出して、それあわせてトルコとは関係なさそうなお店が増えてきた。
一通り見て回って、トマト、胡瓜、ひしゃげ桃等、私がトルコ市場で買う定番ものをゲットしたら、マイバッフウファー通りのシュプレー川向かいPaul-Lincke-Ufer:パウルーリンケ・ウファーを散策。
ここは川岸の緑地帯とおしゃれなカフェやレストランが並んでいるのとで、ベルリンっ子に人気のスポット。
もうだいぶんと経つけど最後に来た時にはなかったお店を発見。
一つはテラスの素敵なカフェ、もう一つは日本食レストランココロ。
これってミッテ地区にあるラーメン屋さんじゃない?
2号店なのかな?
それにしてもこんな良いロケーションでこんな広いデッキテラスのお店を構えられるなんて、スゴイ!

そんなこんなで色んな発見があったベルリンお散歩から帰ってきたのがもう7時過ぎ。
でも今日はペーさん「会社の会食で夕飯いらないから。」と言って出かけてて一人メシだから大丈夫。

まずは定番の胡瓜と大根の麹漬け
e0112086_1820593.jpg
この大根、ちょっとスが入ってたけど辛味があってそう悪くもない。

テンペを買ってあったんで、何か目先の変わった料理法はないかな〜とネットでググって見つけたのがオーブントスターで焼くという技。
これいい!
私はよく素揚げにしてたけど、オーブントースターなら油分がセーブできるし。
やってみたら結構カリッと香ばしく焼ける。
それでテンペといんげんの柚子胡椒マヨ和え
e0112086_18203427.jpg
これいける!
美味しい。
レシピでは菜の花だったんだけど、ベルリンでしかもこの時期手に入る訳もなく、ブロッコリーあたりで代用しようかな〜とも思ったけど、冷蔵庫にいんげんがあるのを思い出して、それも悪くなさそうってことで。

そしてメインはめざし
e0112086_18214548.jpg
この間たくさん作ったからまだ結構残ってる。

あとエノキとわかめのお味噌汁と雑穀ご飯。
e0112086_1821940.jpg

ペーさんにはちょっとたよりなさ過ぎて申し訳ない献立だからね。
でもテンペは結構ボリューム感ある。
柚子胡椒は彼の大好物だし、今度彼にも試してもらおうっと。
[PR]

# by sandonomeshi | 2013-08-20 18:06 | 夕飯 Abendessen
2013年 08月 19日

鈴木清順懐古シリーズ Seijun Suzuki Retrospektiv

8月15日(木)

ポツダム広場にあるArsenalという映画館で鈴木清順監督の懐古プログラムをやっている。
8月2日から31日までほぼ毎日彼の作品が上映されているみたい。
知ってはいたのにプログラムのチェックを怠っていて、”ツィゴイネルワイゼン”を見逃したのは残念だったけど一昨日ペーさんが仕事で会食だったので友達のナターシャと一緒に”陽炎座”を観て、今日はペーさんと”肉体の門”を。
あと19日に大正浪漫三部作の一つで沢田研二主演の“夢二”が上映されるんだけど、私達はお義母さんの誕生日があって北独に出かけるから観にいけなくてとっても残念・・・。

映画は8時から。
ペーさんは6時半に仕事が終わるというので、移動の時間も鑑みるとどこかで夕飯を食べてからというのは時間的に無理。
ポツダム広場のショッピングモールにフードコートがあるからそこで何か軽く済ませようと言ってた。

・・・のに、車で出かけたペーさんと落ち合う約束をしていたフリードリッヒ通り駅に降り立った私はLe Crobag:ル・クロバックというフランス系のパン屋さんの前で釘付け。
もともとここのバゲットやクロワッサンが美味しいのはよく知っていて、時々買って食べてるんだけど、ここ久しく買ってない。
私が特に好きななのは、Ficelliと呼ばれる細〜いタイプのバゲットのサンド。
具はホットサラミ、セラーノ生ハム、パルメザンとルコラの3種類がある。
ペーさんに電話して「今フリードリッヒ通りの駅なんだけど、ル・クロバックのバゲットサンドが美味しそうなんだけど・・・。」
「OK、いいよ。じゃぁ俺にはセラーノハムのを買ってきて!」と。

私はパルメザンとルコラを選び、あと甘いレーズンロールをデザート用に一つ買う。
ポツダム広場の地下駐車場に車を停め、バゲットサンドを持って映画館へ。
この映画館、ソニーセンターの一角にあって、ロビーには円形のバーやテーブルと椅子もある。
e0112086_180374.jpg
とりあえずそこで空腹を治めよう。
e0112086_17585157.jpg
うん、変わらず美味しい!
e0112086_1805041.jpg
トマトソースが塗ってあってその味が効いてる。
でもなによりもバゲット自体が美味しいんだよね、ここは。
ペーさんのセラーノハムのには生のトマトが塗ってあって、カタルーニャ地方の「パ・アンブ・トマカ」になってる!
レーズンロールもふんわりしっとりで、チョッットにほんのパンを思い出す。

ところで一昨日もそうだったけど、この鈴木清順監督のプログラム、あんまり人が入ってない感じ。
ロビーもがらんとしてるるし・・・。
e0112086_17592898.jpg
このArsenalっていう映画館、いわゆる名画座。
好きな人はこまめにチェックしてるだろうけど、宣伝をあまりしないからかな。
良い映画やってるのにもったいない。

”肉体の門”は1964年作の映画で、もしや白黒?と思ったけど既にカラー。

肉体の門


でもさすが50年近く前の映画だからカメラワークや台詞の言い方も今とは全然違って、結構違和感満載。
なにより宍戸錠が主演というか二枚目ヒーロー役っていうのが、私には全くピンとこない。
あの当時はあぁいうのが二枚目だったんだね〜。
物語時代もよく消化しきれなくて、ペーさん共々「う〜ん。」って感じだったけど、でもあの時代のこういう映画も観ておくという意味で良かったかな・・・。
[PR]

# by sandonomeshi | 2013-08-19 17:45 | 買い食い
2013年 08月 18日

ランチもヴィーガン Mittagessen auch Vegan

8月11日(日)

昨夜もうすぐ日付が変わるって時間までお引き止めしておいて、今日は朝11時頃にはうちに来てくださって今度はガールズトーク。

私も脳梗塞後の健康を考えて食事で健康になろうと色々模索してるけれど、彼女はもっと色々調べてらっしゃるし、実行もしてらっしゃる。
聞きたいこといっぱいだしね。

ひとしきりおしゃべりしたらそろそろお腹も空いてきた。
ちゃちゃっとできて、ヴィーガンに近いおかずのお昼ご飯と思って考えてあったのが、昨夜の残りご飯で申し訳ないんだけれど、雑魚と梅干しの炒飯
e0112086_16323460.jpg
卵も切らしてるという寂しい炒飯だけど、これ以外と美味しい。
雑魚の旨味と香ばしさに叩いた梅干しと紫蘇の爽やかな酸味、あと葱が入っているだけだけど・・・。

それから昨夜のうちに付けておいた胡瓜の麹漬け納豆
e0112086_16325595.jpg

そして前回気に入っていただいためざし
e0112086_16331579.jpg
これはベランダでKuronekomusumeさんに焼いていただいて・・・。
お皿は前期の陶芸教室で作ったまま、まだ一度も使ってなかった銀杏葉皿。

あと玉葱と揚げのお味噌汁と。
e0112086_16344377.jpg
ちょっと野菜が少なかった嫌いはあるけど・・・。

ペーさんは所用があって留守してたから、食事後ものんびりお茶飲みながら、以前東京のお友達にいただいた>Higashiyamaさんのおこしをつまみながら永遠とおしゃべり。
e0112086_233449100.jpg

[PR]

# by sandonomeshi | 2013-08-18 16:26 | お昼 Mittagessen