三度のメシより・・・ Sando no Meshi yori...

sandonomes.exblog.jp
ブログトップ

<   2011年 12月 ( 4 )   > この月の画像一覧


2011年 12月 31日

持ち寄り年越しディナー Silvester Dinner Party

明けましておめでとうございます。
2011年日本にお住まいの方々には辛い事や悲しい事が多かったのではとお察しいたしますが、2012年は皆様にとって穏やかで幸せな年となりますようお祈っております。       私事ですが、昨年12月11日に脳梗塞を起こし1週間ばかり入院しました。
ぺーさんが私の異常にすぐに気付き救急車を呼んでくれ最初の処置が良かったので梗塞の範囲は結構広かったにもかかわらず大事に至らず、後遺症もほぼ全くないと言っていいくらいで、リハビリには通っているもののすでに日常生活は支障なく出来るまで回復しています。
思い起こせば今年はお義母さんも大腿骨骨折&手術ということがあったにもかかわらず、大事に至らず比較的早くに自宅に戻り一人で生活できるようになったし、ある意味今後の人生、のんきに構えていてはいけないという警鐘だったのではという気がしてきました。
あるドイツ人クリスチャンの友人に「Sando、脳梗塞なんて死んでてもおかしくない病気なのにこうしてすぐに元気になったってことは、神様が新しい命を授けてくださったのだから、これからの人生ぼうっと生きてたら駄目よ。」って言われたり。
私は神は信じてないけれど、彼女のいう事も一理あるなと考えさせらています。
歳がバレてしまいそうだけど私、今年年女。
そんな事を考え合わすと、やっぱりこれからの人生について今一度真剣に考え直すべき機会なのかも・・・。
とかなんとか言いながらまだ去年の事を引きずっているこのブログ。
日々のおさんどんは割愛するとして、ちょっと特別な日を選んで後は脳梗塞を起こした辺りから一応自分の記録にもなるのでぼちぼちアップして行こうと思います。
どうぞ今年もよろしくお願いします。
でもまずはリアルタイムで大晦日の事を。                 2011年元旦  Sandonomeshi



12月31日(土)


今年もとうとう大晦日。
今年はBerlinale:ベルリナーレ(ベルリン映画祭)にどっぷり浸かった2月、ネットに釘付けで日本の様子を見ていた3月、そして4月に約3週間の一時帰国。
戻ってきたらお義母さんの手術、7月にはうちで2週間ばかり過ごされて、その後私の従妹が子どもたちを連れて日本から遊びに来て一緒にベルリン観光したり、郊外に出かけたり・・・。
夏が終わって9月にはペーさんが出張で2週間ほど留守だったりして何となく過ぎて行き、10月末から11月始めにトルコのアンタルヤでのんびりな休暇。
その後11月はミュンヘンのワイン見本市に行ったり、ベルリン郊外のLinumと言う村に週末旅行したりとお出かけが多かった。
12月に入って慌ただしくなってきた頃、脳梗塞で倒れ1週間ほど入院。
退院してきたらクリスマスであれよあれよと言う間に大晦日。
今日はうちの上の階に住んでいらっしゃるご夫妻が持ち寄り年越しディナーに誘ってくださったので朝からSUSHIまがいの準備。
なんだかんだあったけど、こうして新年を迎えられるっていうのは幸せな事だと今年はより改めて感じる。
ディナーのメンバーは3組の夫婦。
私たちは前菜担当。
主催者&場所提供者のお二人がメインディッシュ、そのお友達ご夫妻がデザートという分担。
前菜にSUSHIじゃお腹が膨れてしまって良くないかな〜と思いながらも、絶対メインディッシュとも被らないし、下手にドイツ料理とか○○料理なんかより私らしさを出した方が良いかな〜と思って。
しゃり控え目で、ドイツの普通のスーパーで手に入る材料で作るSUSHIというコンセプト。
約束の時間にお邪魔したら、中国に長く住んでいた方らしくアジアテイストなテーブルデコのテーブルがセットされていた。
e0112086_2223693.jpg
前菜になる私のSUSHIもテーブルへ。
e0112086_2225925.jpg
これはにぎりとグンカンの桶。
こっちは巻きの盛り。
e0112086_2231958.jpg
因にネタはにぎりが玉子焼き&海苔、スモークサーモン&ケッパー、ヘーリング(ニシンの塩油漬け)&チャイブ、グンカンは葱ヘーリング、海老とアボガドのたたき梅和え、2色(牛挽肉と玉子)そぼろ。
巻きはカリフォルニア巻き風なゴーダチーズやロースハムや胡瓜をまいた太巻きと、同じ具で裏巻にして炒り胡麻をまぶしたのと、かんぴょうやほうれん草や茹で人参、玉子焼きなんかを巻いたちょっと和風な裏巻きと。
それに日本から持って帰ってきた湯浅のお醤油とチューブの山葵も持参。
シャリを控えたとは言えやっぱりSSUSHIはお腹にくる。
美味しいと言ってくれて、全部の種類を試したともおっしゃってくださったんだけど、少し残ってしまった。
まぁまだメインもデザートもある事だし・・・。
私が桶や溜まり皿をひいた後に出されたサラダ。
e0112086_224986.jpg
メインの付け合わになるシュペッツレ(彼らが出身のドイツ、シュバーベン地方のご自慢料理)を出来立てでと言うのでその時間つなぎのサラダ。
これがミックスベビー・リーフで、色んな葉野菜の味がしてすっごく美味しい!
ローストした松の実の香ばしさとご主人が作ったというやや甘めのドレッシングも美味。
そしてシュペッツレが茹であがった。
e0112086_2244172.jpg
ふんわりとゆであがったシュペッツレには黒トリュフが!
シュペッツレは多くの場合お肉料理の付け合わせ。
今日の料理はシュパンフェルケル(離乳前の子豚のこと)の背肉のロースト。
e0112086_2251082.jpg
シュパンフェルケルってお肉のきめが細かくて柔らかくて癖もなくてすごく美味しいんだよね。
そこに更にラディキオのオーブン焼きと・・・
e0112086_2254695.jpg
ヴィルジング(ちりめんキャベツ、あるいはサヴォイキャベツ)のマスタード風味も付け合わせとしてテーブルに。
e0112086_226640.jpg
ソースはドライプルーンのクリームソース。
ポーク料理によく合うソース。
お肉もあっさりしていて柔らかくてシュペッツレも見た目通りふわっと茹で上がっててしかももっちり感があって美味しかったし、ヴィルジングも歯ごたえの残り具合が絶妙で野菜自体の甘みとマスタードのツーンがいい感じ、でも私が一番気に入ったのはラディキオ。
もともとラディキオ大好きなところに絶妙な焼き加減に香ばしいチーズの(多分パルメザンかパダのチーズだと推測)のトッピング。
一通り取り分けたお皿を平らげたらお腹いっぱいだったんだけど、それを押してでもお代わりしたのがラディキオ。

私はまだアルコールは・・・ってことで水をいただいてたんだけど、みんなはシャブリやロワ−ルのサンセール、ボルドーとワインを楽しんでいらした。
そんな中ホストのご主人のクリスマス・ビール(季節限定のややアルコール度の高い冬バージョンビール)のコレクション(ラベルがクリスマス仕様でかわいかったり、ボトルも変わってたりする)を見せていただいたり。
e0112086_2275489.jpg

そしてデザート。
お友達の奥様が造ってきてくださったムース・オ・ショコラ。
e0112086_2282198.jpg
「まだ残ってるからお代わり有りよ!」という奥様の言葉にペーさんの目がきらきら。
結局みんな少しずつお代わりをいただいた頃、そろそろ時計を気にしてないと・・・。
ホストのご主人はシャンパンの準備を始める。
e0112086_2285699.jpg
TVをつけてブランデンブルグそしたらご近所でバンバン花火が揚がり出した。
ベルリンでは市がブランデンブルグ門でオフィシャルにやる年越し花火より一般の人がスーパーなんかで買ってきた打ち上げ花火の方がずっと凄かったりする。
毎年大晦日が近づいてくると警察や消防署が「花火に気を付けようキャンペーン」を繰り広げ、テレ
ビのニュースなんかでも繰り返し、取り扱いには注意する様にと言ってるにもかかわらず、毎年花火の爆発で怪我をする人が絶えないらしい。
「気をつけて揚げて。」とは思うけど年越し花火フィーバーは冷めないで欲しいもの。
去年もうちのベランダから凄い花火が楽しめたけど、今日はもう一階上。
見晴らしが良くてあちこちでバンバン揚がっているのが遠くまで見える。
私達はベランダからでは打ち上げは危ないから手持ちの大型線香花火みたいなのを振り回して楽しんだ。
e0112086_2294018.jpg
周りの花火も下火になってきた頃、乾杯したシャンパンのグラスを手にテーブルの席に戻り今度はチーズアソートを摘みながらさらにおしゃべり。
e0112086_2295992.jpg
今年は友達がいるハンブルグに寄って北海でも見ながら年越しししようか・・・とかも言ってたのに、あたしが入なんかしたものだからけ一句は中止、うちで静かにと思っていたけど、お誘いいただき思いがけず楽しい年越しになった。
[PR]

by sandonomeshi | 2011-12-31 23:59 | 持ち寄り食事会 Fest
2011年 12月 03日

ご結婚のお祝い Dinner zur Hochzeit

長い間放ったらかしになってしまいました。その事に関してはいっぱいネタがあるので追々年明けにアップして行こうと思うのですが、まずはその前の溜まってる分から。なんだか古い話しになってしまうけれど宜しくお付き合いください。Sandonomeshi


12月3日(土)


お友達のたんたんさんが私達も何度もご一緒させていただいているペーさん(うちのペーさんと同じ名前!)と今年7月にご結婚されたので何かお祝いをと思っていたら「きちんと披露宴もあげないしお気持ちだけで特にお祝いなんてお気を使わないでください。」とおしゃるので、せめてお祝いのディナーでもと思い、7月からお互いの予定を合わせてたんだけれど延びに延びてやっと今日。
なんとか年内にできてよかった!
なんといってもご結婚のお祝いだしテーブルも紅白でセット。
e0112086_10262955.jpg
いつまでもお元気に仲良くという気持ちを込めてナプキンはは末広がりに。
e0112086_10264660.jpg
お料理はどうしようか色々迷った末、一時帰国から戻ってこられたばっかりのお二人に日本的なものっていうのもどうよってことで、お料理自体は洋食系で、でも会席風に小さなポーションでいろんな味を楽しんでいただけるような献立にしてみた。
まずは茄子のムース 炒り胡麻のトッピング
e0112086_10272826.jpg
バゲットで作ったかりっかりのメルバトーストを添えて。

次は里芋の爆弾コロッケ
e0112086_10275725.jpg
キャベツの千切りをベッドにして自家製のトマトケチャップで。
これはバルセロナにあった彼のEl Bulli:エル・ブジのシェフ、Ferran Adriá:フェラン・アドリアプロデュースのタパス・バールInoia:イノピアのぱくり。
ジャガイモを里芋に変えてねっとりなのにほっくほくなコロッケに。
e0112086_10282899.jpg
で、「爆弾」なのはひきにくを芋の生地に混ぜてしまわずおまんじゅうの餡の様に真ん中に包み込んであるから。

次はオイルサーディンのリエットとレンズ豆のサラダ
e0112086_10291229.jpg
自家製のオイルサーディンでリエットを作り、白バルサミコで和えたフランス産のレンズ豆のサラダと合わせてみた。

そして今日のアイデア作、Futsu Nut(カボチャの品種名)のカルパチョとスパイシー鴨ロース パンプキンシードオイル&オレンジソース
そして11月にミュンヘンで買ってきたパンプキンシードをオレンジ風味のチョコレートでコーティングしたのを刻んでぱらぱらっと。
e0112086_10405187.jpg
これがFutsu Nut:フツ・ナッツの原形
e0112086_10294896.jpg
日本の濃い緑の皮でちょっとごつごつしたかぼちゃにそっくりな品種Futsu と瓢箪みたいな形のButter Nut:バター・ナッツという品種を掛け合わせたらしい。
生で食べるとしゃきっとした食感でちょっとスイカっぽい香りがして甘みがある。
これに鴨ロースを合わせたんだけど、お醤油味で和風なのもどうかな・・・とお酒の代わりに赤ワイン、お醤油の代わりに塩、味醂の代わりに蜂蜜を混ぜ合わし、あとコリアンアーシードや粒こしょう、オールスパイスなんかを加えて鴨ロースの蒸し汁にして作ってみた。
火の入れ方、時間などの基本レシピは京都瓢亭のご主人、高橋氏の鴨ロース。
おかげで洋風の鴨ロースができ上がった。
あとは香りの良いパンプキンシードオイルとオレンジの絞り汁でソースを。
そこにパンプキンシードのオレンジチョココーティングがシードの香ばしさとチョコレートの甘さで良いアクセントになった。

さて今度はスープ。
ビート芋とパ−スニップ&リンゴのスープ
e0112086_10311355.jpg
お料理にも紅白ものを・・・。
パースニップとはドイツ語ではPastinak:パスティナックと言いポピュラーな根菜だけど、日本では英語のパースニップと言ったり白人参と言ったりするみたい。
ビートの赤とパースニップの白で紅白のスープをロいうのを既に考えていたところに、昨日会ったロサが「パースニップとリンゴのスープっていうのほんで見て作ってみたらすごくお美味しかった!」って言うもんだから、なんという偶然!と早速試してみた。
私なんかの頭では思いもつかない組み合わせだけど、これが意外に美味しい。

ここで魚料理なんだけど、ベランダにテーブルを出してカセットコンロで自家製鮭の緑茶薫製を作った。
e0112086_1033226.jpg
ベッドにはelle á Table:エル・ア・ターブルに載ってたレシピでかぼちゃのスフォルマートを作ってみた。
かぼちゃはhokaido:ホッカイド、北海道のこと?)というこちらではポピュラーなややほくほく系のを使ったんだけど、かぼちゃのせいか私の作り方が良くなかったのか出来上がりが今ひとつ・・・。
イメージ的にはかぼちゃの伊達巻き的な感じだったんだけど・・・。
かなりゆるゆるでムースっぽくなってしまった。
サラダブーケを付け合わせてホースラディッシュのヨーグルト&クレムフレッシュソースで。

ここで箸休めのソルベ。
生姜で作ったシロップにレモンの絞り汁と蜂蜜を加えて作ったジンジャー&ハニーソルベ
e0112086_1034495.jpg
柘榴の実を飾りに。ところがシロップが濃過ぎてかなり生姜のひりひりが強い。
後でペーさんからダメ出しがあったけど、お二人は大丈夫だったかしら・・・。

そしてメインはホロホロ鳥の仔牛の挽肉詰めレーメルトプフ焼き 人参のグラッセ、蒸しズッキーニとコルラビの付け合わせ バルサミコ無花果ソース
e0112086_10345931.jpg
ソースはレーメルトプフに溜まった焼き汁(一緒に焼いた香味野菜やホロホロ鳥から出た)にスピスのきいた自家製無花果のジャムとバルサミコを加えて別に作った。
本当は尾頭付きってことで鯛(こちらではDorae Rosèと呼ばれている鯛まがいの魚)の岩塩焼きを予定してたんだけど、期待して出かけたお店になくて尾頭付きじゃないけどちょっと珍しいし、一応高級食材のカテゴリーに入ると考えられるホロホロ鳥で手を打った。
仔牛の挽肉を詰めるというのは手持ちのドイツの料理雑誌のアイデア。
e0112086_10352445.jpg
ホロホロ鳥ってもっと鴨肉に近いようなイメージを持ってたんだけど、かなりさっぱりで鶏に近いけど、味はかなり深みがある。
お二人にのお口に合ったかしら・・・。

さて、ここでテーブルをきれいにしてデザート。
まずは>柿プリン。
e0112086_10355210.jpg
熟した柿には牛乳と混ざると固まる成分が含まれていて、ゼラチンも卵も使わずに、柿と牛乳だけでプリンが出来てしまう!と言う事をネットで見っけ。
今日のは柿の熟し加減がちょっとたらなかったみたいで、やや緩々の出来だけど、柿の風味がなんとも良い!柿そのものを細かくダイズに切ってコニャックでマリネしたのを周りに添えて。
焼き菓子のデザートは甘納豆入り抹茶フォンダンショコラ
e0112086_10363742.jpg
抹茶入りのお菓子がお好きなお二人に何か目先の変わったものはないかな〜と考えた末、ホワイトチョコで作るフォンダンショコラって言うレシピを見つけてそこから抹茶を加えると言うアイデアに到達。抹茶ものには小豆餡・・・と思ったんだけど、餡を煮るには時間も手間もかかるし・・・と躊躇してたら京都の従妹に貰った甘納豆があったのを思い出しそれで誤摩化す事に。
さらに「和」の雰囲気とお祝いらしく高級感を出すためにこれも京都の叔母が送ってくれ高野屋貞広さんの落雁を添えて。この後もコーヒーを飲みながらお菓子を摘みながらおしゃべりが弾み遅くまでお引き止めしてしまった。

「ご結婚のお祝いのディナー」とか大層な前ぶれでお越しいただい谷もかかあらず十分なおもてなしも出来ず反省。
これに懲りずまたいらしていただけるかしら・・・?
[PR]

by sandonomeshi | 2011-12-03 23:59 | 夕飯 Abendessen
2011年 12月 02日

突然のお誘い Es passt plötzlich

12月2日(金)


朝、ペーさんを送り出してシャワーを浴びたところにロサから電話。
「ごめん、朝早くから・・・。」
「全然大丈夫。丁度いいタイミングだよ、今シャワーから出てきたとだし・・・。」
なんでも今日午前中すっぽり時間が空いたらしくて、私の都合は?ていうお誘い。
ロサとはこの間からずっと「お茶でもしようよ・・・。」と言いながら全然お互いの都合が合わず延び延びになってた。
私と言えば明日お友達を夕飯に招待してるもんだから、買い物や準備やらがあって、予め予定をきかれたら「その日はちょっと・・・。」ってことになるんだけど・・・。
ロサはうちまで来てくれて、その後私が買い物に出る時には途中まで一緒できるってことらしいから、なら、移動の時間のロスもないしいいかも!

うちでコーヒー入れて、お互いのここんところの近況やクリスマス、新年の予定なんかをおしゃべり。
お昼前には二人してうちを出て、買い物をして託児所にソフィアを迎えにいくというロサと動物園駅で別れ、私はFrisches Paradies(ちょっと高級な食材店)へ買い物に。

ところが欲しかったDorade Rosè(鯛に似た魚)が入ってなくてがっかり。
代わりになるようなめぼしい魚もなくどうしようと悩みながら、ちょっとお肉コーナーを覗いたらホロホロ鳥をみっけ。
本当は尾頭付きの魚が欲しかったんだけど、ホロホロ鳥も珍しいしおもてなしには悪くないかな・・・と一羽購入。

こうしておもてなしの食材を探しにいくとついつい他にも色々買ってしまって、ペーさんと二人の夕飯もちょっとグレードアップ。
e0112086_22352365.jpg
スパゲティ 漁師風
とは言うもののアサリや牡蠣じゃないってところが倹約家(ケチともいう)の私らしさ。
日本ではどうだか、こっちではムール貝の方がずっとお手軽。
e0112086_223545100.jpg
スープスパ?ってくらい煮汁も出てて、ペーさん大喜び。

前菜には久々にグリーンサラダ
e0112086_2236269.jpg
寒くなってくるとこういうサラダから遠ざかってしまうんだけど、この時期の葉野菜って実は美味しかったりする。

そしてデザートには市販のバニラアイス ローストアーモンドとチョコレートのトッピング。
e0112086_22362664.jpg

[PR]

by sandonomeshi | 2011-12-02 23:06 | 夕飯 Abendessen
2011年 12月 01日

土鈴 Keramik-Glocke

12月1日(木)


とうとう今年も師走。

次回の陶芸教室は打ち上げのパーティーだから、今日が実質今年最後。
e0112086_22201525.jpg
手び練りから球体を作り、形を整えていって鈴。
音を鳴らす小さな玉は、新聞紙に包んで予め中に仕込んである。
上手く出来上がったら、鈴をコレクションしてる実家の母に貰ってもらおうかな〜とか思いながら・・・。


陶芸教室から帰ってきて遅い時間の夕飯。
海老入りベトナム風ライスヌードル
e0112086_2220505.jpg
フォーに近いけどレモングラスやコブミカンの葉で風味を付けたスープに細麺。
ちょっと食べにくいっちゃぁ食べにくいんだけど、出汁が出るのに捨てるにはもったいないと海老の殻は剥かずに。
e0112086_22212947.jpg

今日はちょっと忙しくて完全手抜きの夕飯で、これだけ。
でもスープ大好き、麺類大好きのペーさんは、海老の旨味たっぷりのスープに大満足。
しかも「夜も遅いし、このくらいの方がいいだろ。」と。

ベトナム麺には不釣り合いだけど、スペクラチウス(ドイツのクリスマス菓子)でもちょこっとかじってデザート代わり。
e0112086_22215998.jpg

[PR]

by sandonomeshi | 2011-12-01 23:55 | 夕飯 Abendessen