三度のメシより・・・ Sando no Meshi yori...

sandonomes.exblog.jp
ブログトップ

<   2010年 11月 ( 32 )   > この月の画像一覧


2010年 11月 30日

トリュフづくし Truffes Menü

ぴのこさん&おさむさんを誘ってちょっと優雅な外メシ、トリュフづくし。
・・・と言っても、お店はお気に入りのフレンチ・ビストロ。
全然肩こらないラフなお店だし、お財布にもやさしい。
メニューは5品のコースで、全てのお料理にトリュフが使われていて、それぞれのお料理あったワインと一緒に供される。
e0112086_22361443.jpg

わくわくの一品目。ゴボウのクリーム煮と鶉の卵。
e0112086_22364379.jpg
そこにメトレ(給仕長)が目の前でトリュフをスライスしてくれる。
日本のに比べたらかなり淡白で果肉も柔らかいゴボウ、煮てあるのも程よい火の通り具合だし、ジュリアン(千切り)にして素揚げしてあるのも香ばしくて美味しい。
でも肝心のトリュフの香りがイマイチ。
う〜ん、このお値段ではやっぱりこのぐらいかな〜。

・・・と思いきや二つ目のお皿、ラムのRis(胸腺のこと)のトリュフバター焼き。
e0112086_22371588.jpg
日本語にすると「胸腺」って医学用語でなんなんだけど(ちなみにメニューカードに書かれていたドイツ語も医学用語)、なんでもあんまり市場に出回らない珍味らしい。
私も初めてだったけどこれが旨!
臓物系特有の臭みは全くなく、こくというか旨味だけを味わえる。
そこに今度はしっかりトリュフの香りのするバターが絡んでいてなんとも言えない。
キャラメリゼにした人参ともよく合う。

ここまでは結構上品なポーションだったのにメインの仔牛肉のタンバル仕立てロレーヌ風 トリュフ風味のポテトグラタン添えはかなりのボリューム。
e0112086_22375156.jpg
キャベツに包まれて蒸し焼き状態の子牛肉は柔らかくて上品な味だし、ポテトグラタンにいたってはたかがポテトグラタン、されどポテトグラタンって感じ。
この料理にはロゼかと思うくらい軽〜いブルゴーニュのピノ・ノワールを合わせてある。

今日のこの特別メニューは、メトレが一品一品お料理の説明をしてくれてたんだけれど、ここにきて「チーズなしではフランス料理は語れない・・・。」とMeaux:モーのブリーチーズとトリュフ。
e0112086_22381841.jpg
ドライプルーンとその風味のソースが添えてある。
ブリーチーズってドイツではすごくポピュラーなフランスチーズのひとつで、スーパーで手軽に買えるんだけど、そんなのとは全く別物みたいな味わい。

そして最後のお皿スイートはチョコレートのトリュフ。
e0112086_223844100.jpg
さすがスイートには茸のトリュフは使えなかったらしい。
ワインはリヴザルトのマスカット。
これがまた上品な甘さで美味。

今日はトリュフだけれど毎月一回テーマを決めてやってるこのイベント。
こまめにチェックしてまた試してみよう。
[PR]

by sandonomeshi | 2010-11-30 23:33 | 外メシ ausser Haus
2010年 11月 30日

高架からのベルリン durch Berlin mit S-Bahn

Sidoredoさんの出発日。

フライトが夕方だったので、それまで一緒にちょっとベルリン散策。
コンパクトに今のベルリンのトレンドを象徴しているんじゃないかな〜とBergmannstraße:ブルグマン通りにご案内することに。

ただあんまり朝早く行ってもお店が開いてないだろうと、まずはS-Bahn:エス・バーン(市内電車)のリング線(大阪の環状線や東京の山手線みたいな路線)と、それを串刺ししている路線(東京の中央線みたいなの)を乗り継いで、高架を走る列車からさくっとベルリン観光。
テンペルホーフ空港跡から・・・
e0112086_18252728.jpg
元東ベルリン地区に入り、駅の拡張工事をやっているOstkreuz:オストクロイツ(リング線の東の端)で乗り換え。
e0112086_18255966.jpg
Molecule Man:モレキュール・マンのオブジェや・・・
e0112086_18262339.jpg
Oberbaumbrücke:オーバーバウム橋を眺めながら・・・
e0112086_18264266.jpg
アレクサンダー広場へ。
e0112086_1827412.jpg
フリードリヒシュトラーセ駅を過ぎた辺りから・・・
e0112086_18282734.jpg
ドイツの永田町Regierungsviertel(官庁街)が見えてくる。

e0112086_18521452.jpg
車内からは見えないけれど大統領官邸Schloss Bellevue(ベルヴュー宮殿)の最寄り駅Bellevue:ベルヴューで折り返す。
e0112086_1656185.jpg

(上の写真は全てWikipediaから拝借)

さて途中地下鉄に乗り換えてベルグマン通りに着いたのが11時半頃。
朝が早かったせいで既にお腹ぺこぺこ。
しかもお腹が空いていると寒さが余計に身にしみる。
なにせ風もあったし体感温度はマイナス10度ぐらいじゃなかったかな〜。

とにかく何かあったかいものが食べたいけど、まだお昼前。
開いているのはカフェぐらい。
そこで思いついたのが市場。
ベルグマン通りの先にあるMarheineckehalle:マールハイネッケ市場のフードコート。
あそこならこの時間でも食べられる。
で、やっとありつけたあつあつココナッツスープ。
e0112086_18385562.jpg
ベルリン名物というとCurrywurst:クリーヴルスト(カレー風味のソースをかけた焼きソーセージ)とか言われるけれど、ベトナム料理も是非召し上がっていただきたい。
なにせかなりレベルが高い。
この市場のフードコートのベトナム料理は私も初めてだったんだけれど、まぁ大ハズレはないだろう・・・と思いきや、かなり美味しい!
e0112086_18393342.jpg
もちもちの春巻きも具がぎっしり。

メインにはSidoredoさんはフォーを・・・
e0112086_1840459.jpg
私はフォーと同じ麺を炒めてサラダ風に仕上げたものを。
e0112086_18402493.jpg
これ、写真では大きさが分かりにくいかもしれないけれど、洗面器か!ってくらいのお鉢。
それでも口に美味しいものだから「もう食べられない・・・。」とか言いながらもほぼ完食。
e0112086_18411283.jpg
隣の人が食べてたココナッツカレーも美味しそうだったし・・・。
またこの辺に来たら寄ろうっと。
e0112086_18412929.jpg


お腹も十二分に満足、ピリ辛のスープで体も中からほっかほかになったんでベルグマン通りを散策。
そしてもうひとつのご案内ポイント、Maybachufer:マイバッハウファーのトルコ市場へ。
蚤の市は日曜日に行ったけど、普通の市場も見てみたいな〜とおっしゃっていたSidoredoさん。
最近かなり観光化してきてはいるけれど、ベルリンらしい市場だと思う。

空港に向かう前に、また冷えた体を温めようととりあえず入った喫茶店。
そう、カフェじゃなくて喫茶店。
場所柄もあって天井から吊るされた大型テレビではトルコ人シンガーのPVが流れてる。
でも元気いいお店のあばちゃんは愛想が良くて、コーヒーもお勧めされて思わずたのんだケーキもふわり軽く甘さ控え目で美味しい。
e0112086_18421495.jpg
お昼過ぎてもちっとも気温が上がってこないけど、暖房のきいた喫茶店の日だまりは心地いい。

こうしてSidoredoさんのベルリン滞在もお終い。
まだ見残したところもあるし、是非またいらして欲しい。
[PR]

by sandonomeshi | 2010-11-30 16:54 | 外メシ ausser Haus
2010年 11月 29日

仔牛タンにホースラディッシュ Meerrettich für die Kalbszunge

今晩がSidoredoさんと最後の夕飯。
e0112086_20235244.jpg
平日だし、夕方ポツダム広場の辺りに出かけたりしたもんだから大したことはできなかったけど・・・
e0112086_2022472.jpg
仔牛のタンのケッパーソース
ペーさんのお義母さん直伝のタンシチュー。
でも下茹で汁(と言っても、香味野菜やハーブやスパイス色々)を使ってケッパーを加えただけのさっぱりな煮込み料理。
ペーさんは子供の頃から大好物だったらしく、お義母さんにレシピをもらって作ってみたら私も大好きに。
これには普通に炊いたご飯(ライス)を添えていただくのがペーさん家の定番。

今日は試しにホースラディッシュを荒らくすりおろしたのをトッピングしてみた。
これ、大正解!

お皿の上ではすぐに冷めてしまうので陶器のココットごとテーブルに出して、少しずつ取り分けでいただく。
当然何回もお代わりしながら・・・。
Sidoredoさんのお口にもあったらしくしっかり召し上がってくださって、900gぐらいあったちょっと大き目のタンだったけどみごと完食!

前菜はシンプルな摘み菜のサラダの。
e0112086_20251750.jpg
本当はFeldsalat:フェルトサラダという何かのは野菜を間引きしたようなこの野菜、ドイツではすごくポピュラー。
私は勝手に「摘み菜」とか言ってる。
少し甘みがあるから、ちょっときりっとした味のマスタードドレッシングがよく合う。

そしてデザートも簡単に市販のチョコレートアイス ブラッドオレンジソース
e0112086_20271913.jpg
ソースは手作りジャムをベースに作ったもの。
[PR]

by sandonomeshi | 2010-11-29 20:18 | 夕飯 Abendessen
2010年 11月 28日

ドイツ料理と言えば・・・ ein tipisches deutsches Gericht

11月28日(日)
 

毎日精力的に美術館、博物館巡りをなさってるSidoredoさん。
今日は仕事が休みのペーさんにUdK:ウ・デ・カ(ベルリン芸術大学の略)に通うおねえちゃん(ペーさんの長女)、それに彼女のボーイフレンドも一緒にMauerpark:マウアーパルク(壁公園)の蚤の市へ。(そのことは出来れば別の記事でアップ・・・したいんだけど)
その後おねえちゃんの案内でUdKのキャパスをちょっと見学、構内のカフェでお茶して帰ってきた。

まぁ、この時期のベルリンがバルセロナより寒いのはしょうがないけど、それにしてもSidoredoさんがいらしてからかなり冷え込んでいる。
昨日はお鍋で温まったけれど、一回くらいガツンとドイツの冬らしい料理も召し上がっていただこうと・・・
e0112086_1647240.jpg
アイスバイン
これペーさんのお皿で、普通こちらで一人前とされる量。

アイスバイン(豚のすね肉)は一応そのつもりで1週間ほど前からソミュール液(塩水にハーブやスパイスを混ぜたもの)に漬け込んでおいた。
今朝起きてすぐ圧力鍋で煮て、出かけている間一旦冷ましておいたのを温め直し、その間じゃがいもと胡瓜のサラダを作り、市販のサワークラウトをうち風の味にちょっと手を加える。
e0112086_16473293.jpg
こっちは私のお皿で、Sidoredoさんと半分こしたアイスバインがのってる。
アイスバインを作ると言ったら万全を期してやってきた息子君もしっかり一人前。

量的にはこれだけで十分以上なんだけど、それでは寂しいから・・・
e0112086_16483945.jpg
前菜に軽〜く人参サラダなど。

本来アイスバインって皮と皮下脂肪の部分をいただくのが醍醐味で、その後には・・・
e0112086_16491134.jpg
消化を助けるディジェスティフ(食後酒)。
ドイツではコルン(穀物から作る蒸留酒)なんかのシュナップス(スピリッツ)を飲むみたいだけど、うちにはないので代わりに冷凍庫できんきんに冷やしたウォッカ。

で、食べきれなくてお肉を残したのに、・・・というかそのためにお肉は残して・・・
e0112086_16494676.jpg
デザートのシュトーレン
そう、今日は第一アドヴェント(待降節)。
今年はAdventkranz:アドヴェントクランツ(アドヴェントリース)じゃなくて一直線型だけど4本のろうそく飾りも用意して・・・
e0112086_16502117.jpg
マロウティーの実験(?)もSidoredoさんに披露。
e0112086_1651493.jpg

[PR]

by sandonomeshi | 2010-11-28 23:43 | 夕飯 Abendessen
2010年 11月 27日

メンシア Mencia

うちに滞在中のSidoredoさん、バルセロナのおうちではお鍋とかする機会がないっておっしゃるので、じゃあと・・・
e0112086_21423114.jpg
鴨鍋
うちのお鍋は野菜がいっぱい、
e0112086_21425215.jpg
茸も3種類揃えて・・・。
e0112086_21431767.jpg
レモンの絞り汁でポンズを作って、薬味は葱をたっぷりに大根おろし、山椒と七味。
e0112086_21434812.jpg

まずは野菜を入れて・・・
e0112086_2241880.jpg
煮えてくるまでは焼きエリンギのマリネとか・・・
e0112086_21441775.jpg
ユリ根と干し椎茸の玉子とじとか・・・
e0112086_21444236.jpg
オクラおかかとか・・・。
e0112086_2145317.jpg


お供は和食とはいえ鴨だし、寒いし、軽い赤なら良いんじゃない?と開けたのが・・・
e0112086_21453445.jpg
Bierzo:ビエルソ(スペインのワイン産地名)のMencía:メンシア(葡萄の品種名)100%。

ビエルソっていう産地、実はこのワインを買うまで知らなかったんだけれどスペイン北西部のレオン県にあって、メンシアという葡萄はこの地域特有の品種のよう。
これが美味しい!
色は紫に近いかと思うくらい濃くて、香りもブラックベリーやスパイスの香りがして濃厚そう。
なのに口に含むとなんとも華やかで滑らか。
エレガントだね。
ビエルソのメンシア、これは大発見! 

さて、お鍋。
e0112086_2245134.jpg
野菜が煮えてきたら鴨を入れて「煮え過ぎないようにそれぞれ気を付けてとってね。」とか言ってた私の、煮え過ぎになってる? 
e0112086_225142.jpg
昨日送別会をした本帰国の友達が譲ってくださったお鍋が大活躍。
ほんといいタイミングでいただいた。

鴨鍋を十二分に味わった後、まだまだ・・・
e0112086_2254344.jpg
お蕎麦。
とろろ昆布に大根おろし、葱だけでシンプルだけど、出汁が美味しいものね〜。
アジアスーパーで買ってきたお蕎麦もつるつると滑らかでちゃんとコシもあってなかなか美味しいし・・・。
あ〜、満喫。

そんな訳でお腹いっぱいだし、そうなるだろうことは予期してたし、デザートは
e0112086_226376.jpg
歯ごたえしっかりで甘みも十分。
[PR]

by sandonomeshi | 2010-11-27 23:22 | 夕飯 Abendessen
2010年 11月 26日

送別会 Abschied-Party

ご主人の仕事でベルリンに住んでらっしゃったお友達のご夫妻、来月にはとうとう本帰国。
仲間の一人が音頭をとって送別会。

場所は南ドイツ料理のレストラン
なんでもシュニッツェル(子牛肉のカツレツ)で有名なお店らしいけれど、30人近くも集まった会だから予め決めてくれたセットメニュー。

前菜は山羊チーズのグリル サラダ添え タイム風味ハニードレッシング。
e0112086_0112910.jpg
私も好きでよくやる山羊チーズとタイムの組み合わせ。
香ばしく焼けた山羊チーズに蜂蜜の甘みが美味しい。
まぁ欲を言えば、タイムの風味がもっとしても良かったかな。

メインは牛の頬肉の煮込み 赤ワイン煮のエシャロットとゼンメルクネーデル(堅くなったパンを柔らかくして作るお団子のようなもの)の付け合わせ。
e0112086_012117.jpg
お肉は柔らかくておいしかったし、ゼンメルクネーデルが結構好きなんだよね、私。

彼らとの思い出話を披露する人がいたり、一緒にポラロイド写真をとってその場でアルバムを作ったり、プレゼントを渡したり・・・。
そうこうしてたらデザート。
アイスクリームがかなりソースみたいになってるけどアプフェルシュトゥルーデル(りんごのパイ地焼きみたいなの)。
e0112086_012329.jpg
甘さかなり控え目でシナモン風味たっぷり。
生地も香ばしくて美味しかったんだけど、ちょっとこの量は食べきれず。

トイレに行く途中で他のテーブルのお料理を盗み見。
確かにお皿からはみ出そうなシュニッツェルは美味しそう。
次回はこれ狙いで!
e0112086_0125297.jpg

[PR]

by sandonomeshi | 2010-11-26 23:35 | 外メシ ausser Haus
2010年 11月 25日

スペイン時間の夕飯 Abendessen an der spanischen Zeit

昨日初雪が舞ったベルリン。
結局夕方には解けてしまってたけど・・・
e0112086_1952213.jpg
今朝またうっすら雪化粧。
寒そうだけれどお天気は上々。

さて、木曜日だから陶芸教室。
今期のコースで成形できるのは今日が最後。
来週は釉薬掛で最終日は恒例の持ち寄り打ち上げパーティーだしね。

以前に作ったお鍋とシリーズで・・・
e0112086_19522962.jpg
ココットとグラタン皿。
グラタン皿は形ができてみたらもう少し浅めでも良かったかな〜って気もしたけど・・・。
ココットの方には最近気に入っている黄色酸化鉄を塗ってある。
これが今年最後の作品になるかな。


さて、昨日からいらしているSidoredoさんも私が陶芸教室から帰ってくる時間に合わせてベルリン見物から戻ってこられて一緒に夕飯。
「私の陶芸教室があるからちょっと遅い夕飯になってしまうんだけど・・・。」とか言いながら私自身気付いたことをそのままSidoredoさんが返事。
「いえ、普通です。」
そうだよね、スペインでは夕飯って9時とが10時だものね。

今日は韓国風。
まずは○屋のキムチの素で作った白菜キムチカクテキ
e0112086_19543892.jpg
私のアレルギーがあるから辛さ控え目にさせてもらったんだけれど、その分ぽりぽりたくさん食べられる。

定番の人参ナムルや・・・
e0112086_1955670.jpg
じゃがいものしゃきしゃき炒めナムル
e0112086_19553432.jpg

それからずいきのナムル
e0112086_19555442.jpg
ほんとずいきって滋味あふれてて美味しいよね。

そしてSidoredoさんが一番気に入ってくださったのが蓮根のジョン
e0112086_19562228.jpg
輪切りにした蓮根のシャキシャキとすりおろした蓮根のモッチリが同時に味わえる優れもの。

あと鶏胸肉の柚子胡椒風味焼き
e0112086_19564756.jpg


そうそう、Sidoredoさんがスーパーでビールを見てて、何となく気に入ったからと買ってこられたのがDuckstein
なんと私達のお気に入りビール!
一時期ちょっとハマってて、常備してたこともあったよな。

今日はペーさんかなりお疲れで、夕飯食べたらとっとと寝支度だったんだけれど、私達はこっそり(笑)を。
e0112086_1957630.jpg

[PR]

by sandonomeshi | 2010-11-25 23:43 | 夕飯 Abendessen
2010年 11月 24日

雪化粧のベルリン mit Schnee geschminktes Berlin

バルセロナからsidoredoさんがいらした。
この方この方のお友達でらっしゃるんだけれど、ブログは以前から拝見しながらもお目にかかるのは初めて。

朝から初雪が舞い、うっすら雪化粧をしてsidoredoさんをお迎えしたベルリン。
今日は息子君も夕方から来てたので、賑やかに4人で夕飯。
大したことはできないけれど、日本人の方なら無難かな〜と中華でおもてなし。
e0112086_03253.jpg

まずはコーンスープ
e0112086_0284892.jpg
季節がら仕方ないので缶詰のコーンを使ったけど、甘みたっぷりで捨てたもんじゃない。

こちら棒棒鶏
e0112086_0291970.jpg
香菜が苦手だったらどうしよう・・・とちょっと心配したけど全然問題なし。

あんかけ野菜玉子焼き
e0112086_0294424.jpg
私の十八番。

そして海老チリ
e0112086_0301777.jpg
これ嫌いな人っているだろうか・・・?
魚介のおいしいバルセロナからいたした方に失礼だけれど、実は冷凍物の海老。
そりゃ新鮮なものには敵わないだろうけれど、ぷりぷりしててこれもなかなか。
しゃきしゃきのもやし炒めを敷いて。

ちなみに「中華ならビールが良いかな〜。」とかも言ってたペーさんだけれど、結局「でも4人だし、飲みきれるだろうからワイン開けよう!」とオーストリアのグリューナー・ヴェルトリーナーを。

デザートはコンデンスミルクとビターアーモンドエッセンスで作ったなんちゃって杏仁豆腐とみかん
e0112086_0314023.jpg
つるんっとした食感が好きなんだよね〜。
[PR]

by sandonomeshi | 2010-11-24 23:02 | 夕飯 Abendessen
2010年 11月 23日

プチシュトーレン Petit Stollen

今年もやってきた、この季節・・・
e0112086_16291143.jpg
シュトーレン焼き。

最近日本でもかなりポピュラーになりつつあるドイツのクリスマス菓子。
2週間ほど寝かせて味をなじませた方が美味しいし、1ヶ月ぐらいは十分日持ちするので、アドベント(待降節)やペーさん方の家族が集まるクリスマス本番に向けて毎年この時期焼いている。

ドレスデンが発祥の地だと言われているどっしり重くドライフルーツがいっぱい入ったこのお菓子、本来はイースト菌を使って焼くパンのようなものだったらしいんだけれど、時代が豊かになるにつれてバターたっぷり、ドライフルーツたっぷりと甘いケーキのようなお菓子に進化したみたい。
でも私は扱いが簡単なベーキングパウダーを使って焼く。
中にはほわっと香るイースト菌の香りが良い!と言う人もいらっしゃるから好みなんだけれど・・・。

さて今年の第一回目シュトーレン焼き。
とりあえずミニシュトーレン(180g)と、次のオーブン入りを待っているのはプチシュトーレン、あと500gのが一つ。
小麦粉を500g使った私の基本レシピでこれだけとれる。

プチシュトーレンも何回か焼いたことがあるんだけれど、未だにイマイチ火加減と焼き時間が上手くいかない。
まだ試作の必要あり。

焼き上がったらとかしバターをたっぷり塗って・・・。
e0112086_1630201.jpg
プチシュトーレンは夕飯のデザートに出してペーさんのご意見を伺う。
e0112086_16305491.jpg
やっぱりちょっと焼き過ぎ・・・。
あとスパイスももう少しきいてても良いかも。
[PR]

by sandonomeshi | 2010-11-23 19:26 | おやつ Zwischenmahlzeit
2010年 11月 22日

キエフ風チキンカツとコルドンブルー kiewer Schnitzel und Cordon Bleu

この間冷蔵庫の隅の方で忘れられていた紫芋を発見。
見た目別に傷んでる様子もないけれど、早く消費するにこしたことはないと思いながら数日・・・。
やっと日の目を見た紫芋とポロ葱のクリームスープ
e0112086_15272179.jpg
ヴィシソワーズの温かい版。
夏、グラスの器に入れた紫芋のヴィシソワーズってきれいで食欲そそるけど、あったかいもの美味しい。

メインはチキンのコルドンブルー マッシュルーム入りトマトソース
e0112086_15275444.jpg
トマトソースもあるし、ペーさんが喜ぶかとパスタも少し添えて。

コルドンブルーってお肉の間にチーズとハムを挟んだカツ。
あのフランスの料理学校となんか関係あるのかな? 
それはともかく、実は最初キエフ風チキンカツ(お肉の間にバターを挟んだもの)を作るつもりだったんだけど、「そうだ、チーズもハムもあるし・・・。」と急遽コルドンブルーに。
e0112086_15281866.jpg

で、デザートはバニラアイスのスパイシー赤ワインソースかけ
e0112086_15285111.jpg
この間洋梨のコンポートを煮たスパイス入りの赤ワイン、煮詰めてソースに。
グリューワイン(ホットワイン)を思い出す風味でバニラアイスと相性がいい。
まだ後生大事に残していたいただきもののマンデルチーゲル(本高砂屋さんのお菓子)も添えて。
[PR]

by sandonomeshi | 2010-11-22 23:23 | 夕飯 Abendessen