三度のメシより・・・ Sando no Meshi yori...

sandonomes.exblog.jp
ブログトップ

<   2010年 06月 ( 28 )   > この月の画像一覧


2010年 06月 30日

ベランダでタパス Tapas auf dem Balkon

ここのところスープ好いてる私だけれど、夏のスープの代表と言えばガスパチョ
e0112086_16271951.jpg
冷たい野菜スープ。
昼間トルコ市場に行ってきて、熟れ熟れのトマトが買えたしね。
他には胡瓜、赤パプリカ、玉葱、ニンニク、パンにEVオリーブオイルとビネガー、そして塩胡椒が材料。
ぜんぶ容器に入れてブレンダーでガガッーとやるだけ。
分量はいつも目分量だから、ちょっと玉葱が多すぎた?とか、パプリカの味が足らない?とかってことがあるんだけれど、今日は結構良いバランスにできたかも。
でもこれ、明日あたりの方が味がなじんでさらに美味しいんだよね。

で、ガスパチョで始まった今日の夕飯、タパス料理を並べてみた。
海老のピリピリ
e0112086_16295990.jpg
鷹の爪とニンニクの風味をうつしたオリーブオイルで焼いた海老。
オイルもパンで拭き取る。
e0112086_1630302.jpg
お供にはペーさんはCorona:コロナ・ビール。
私はワインが良かったんだけれど一人で1本開けるのもな〜と、すでに封を切ってあるManzanilla:マンサニージャ(辛口シェリー)で。
e0112086_1631067.jpg

タパスの方はあと新じゃがでパタタス・ブラバス(素揚げじゃがいものパプリカソース)とか・・・
e0112086_16313047.jpg
チョリソと蜜房の黒パンカナッペとか・・・。
e0112086_16325899.jpg
最後にはピーマン肉詰め
e0112086_16333493.jpg

今日もベランダにテーブルを出しての夕飯だけれど、ペーさんの帰りが遅かったから写真を撮るにはかなり苦しい明るさ。
デザートの頃には完全に真っ暗で、仕方ないからサンルームで写真だけとったギリシャ風ヨーグルトとサクランボのバニラ風味コンポート
e0112086_16373942.jpg
そう、サクランボの値段が結構下がってきたから大量に買ってきた。
明日はジャム作り。
[PR]

by sandonomeshi | 2010-06-30 23:26 | 夕飯 Abendessen
2010年 06月 29日

パプリックビューイング? Public Viewing?

夏らしくなったベルリン。
うちのベランダの野菜たち、すくすく育ってる。
・・・とは言っても春がほとんどなかった今年だから、トマトなんかはやっと花が咲き始めたってとこ。
e0112086_18165869.jpg
UFOズッキーニはなんとなく原形が・・・。
e0112086_18171916.jpg
たのしみたのしみ・・・。


さて夕飯。
昼間は暑くても夕暮れ時になると心地よくなるのがベルリンのいいところ。
ベランダにテーブルを出して・・・だけれど・・・ちょうどスペイン対ポルトガル戦が始まったところだったんで、テレビのコードを伸ばせるだけ伸ばして。
e0112086_18174289.jpg
テレビはサンルームの中だけれど、私達はベランダで。
「いいじゃん、プライベート・パブリックビューイングみたいで・・・。」とペーさん。

メインのおかずは夏野菜と牛すじ肉のカレー
e0112086_1819829.jpg
しっかり煮込んだすじ肉。
e0112086_18182014.jpg
スプーンでちぎれるし・・・。

あとキドニービーンズのスパイシースープに・・・
e0112086_18193117.jpg
コールスロー・サラダ
e0112086_18195665.jpg

デザートにはメロンを冷やしておいたんだけど、ペーさんが「アイスがいいな〜。」
e0112086_18203232.jpg
バニラアイス 苺のキャラメリゼコンポート添え
クリームバルサミコをかけて。
[PR]

by sandonomeshi | 2010-06-29 23:07 | 夕飯 Abendessen
2010年 06月 28日

夏! Sommer!

夏だね〜、ベルリン。
昨日も暑かったけれど、今日はさらに暑かった感じ。
しかも明日の予想最高気温は32℃とまだまだ暑くなり、そのまま週末に突入らしい。

午後からちょっと時間があったんで、近くの商店街へバーゲンの様子を覗きに。
狙っていた感じのワンピースは見当たらなかったんだけれど、この暑さのせいか思わず買ってしまった60%OFFになっていたデニム地のバミューダ。

昔は普段からスカートもよくはいてたから夏になる頃には自然と脚も日焼けしてたものだけれど、このところはジーンズやチノパンばっかり履いてるから異様に白いまま。
これはちょっとそこまで買い物とか、ベランダ仕事とかする時に脚出してこんがりさせないと・・・と。

ところで夜帰ってきたペーさんにそのバミューダ見せたら「いいじゃん、暑くなってきたことだし・・・。でもそこ、破れてるよ。」
・・・って、クラッシュ加工だっつーの。


さて夕飯。
柔らかとんがりキャベツがまだあるんで回鍋肉
e0112086_17164710.jpg
回鍋肉じゃなくて回鍋野菜じゃないかって言われそうなくらい、またもや野菜の方が断然多いけど。
ご飯が進むおかず。
e0112086_17171342.jpg

こっちは胡瓜の搾菜もみ
e0112086_17172998.jpg
最後に胡麻油をたらして香りよく。

あと大根と干し海老のスープ
e0112086_17175022.jpg
鶏ガラスープを取るのを端折ったから中華スープの素を使ったんだけれど、干し海老の旨味もあって十分満足。
[PR]

by sandonomeshi | 2010-06-28 23:12 | 夕飯 Abendessen
2010年 06月 27日

卑怯なコウモリ die Fledermaus

夕方から出張に出かけるペーさんと一緒に家を出てジムに行ってきた。
いつもなら軽いポップス系のBGMが流れているフロワーにサッカー中継の音声が・・・。
まあ、クロストレーナーやってる間、TVモニターで前半の試合観れるかな・・・と狙って行った私だからいいんだけどね。

着替えを済ませて、中継を流しているチャンネルになっているモニター正面のクロストレーナーに陣取って(ガラガラだったしね)イヤホーンをつけたとたん・・・「Tooooooor!」(ゴーーーーーール!)。
ドイツ1点目。
その後ハーフタイムをはさんでドイツの3点目までまで観たところで屋上のテラスに設置されているサウナに移動。
通りから聞こえてくる打ち上げ花火やクラクションの音で4点目が入ったらしいことが分かり、その後さらに派手に花火が連発して打ち上げられて・・・試合終了だね。

いや〜、ドイツ、快勝だったね。
そして今日二つ目の試合、アルゼンチンとメキシコ。
この試合は観てなかったんだけど、3−1でアルゼンチンの勝ち。
これも楽勝だったのかな?

でも、ってことは次はドイツ対アルゼンチン。
ペーさんどっち応援するんだろ?
試合の状況でイソップ物語のコウモリみたいにならないようにね。

ドイツの国旗を翻しパフパフパフ〜とクラクションを鳴らしながら車が走りまわる通りを横切って家路へ。
国旗を持って中央分離帯で踊ってる(?)ヤツもいる。(カメラを持ってなかったんだよね〜)

さて、一人メシ。
この間、お気に入りのイタリアのパスタメーカーGranoro:グラノロ社のカペリーニを見つけて即買いしてきた。
そうたくさんでもないけれど、いくつかのメーカーのカペリーニを試して結局De Cecco:ディ・チェコのに落ち着いてたんだけれど、他のパスタがかなり美味しいグラノロ社。
結構期待。
で、カペリーニと言えば、私の十八番、冷製カペリーニ トマトとバジルのバルサミコソース
e0112086_1827557.jpg
う〜ん、悪くはないけれどやっぱりディ・チェコの方が美味しいような・・・。
ソースというかたれの絡みが抜群なんだよね、ディ・チェコのは。

あとベランダの葉野菜サラダ
e0112086_18281355.jpg
アルベキーナのオリーブオイル、シェリーのビネガーに塩胡椒だけのシンプルなサラダ。
[PR]

by sandonomeshi | 2010-06-27 23:20 | 夕飯 Abendessen
2010年 06月 26日

サクランボは真っ赤・・・ Kirschen rot...

すっかりうっかりしてたんだけれど、ドイツでは6月24日をJohannistag:ヨハニスタック(ヨハネの日)と呼んでいて、ホワイトアスパラガスの収穫最後の日。
“Kirschen rot, Spargel tot”(サクランボは真っ赤、アスパラガスは死んだ)とか言うらしく、サクランボが赤くなるこの季節、アスパラガスもお終いってこと。
昨日のお客さんにドイツの味覚をと最後の最後のホワイトアスパラガスを買ってきたんだけれど、その残り。

・・・って言うか、今日の方がメインのごとく・・・
e0112086_19575153.jpg
ホワイトアスパラガスとエリンギのバベッテ 和風バター風味ソース
バベッテはリングイネに似たロングパスタだけど、埋もれててほとんど見えないね。
ソースにはやっぱり昨日の残りでそうめんのつゆを使ってみた。
生ハムをのっけて。

まだまだ続く残り物。
メインにはオックステールの味噌煮込み
e0112086_19582596.jpg
これは芸なし、そのまま温め直しただけ。
でもさらに味がしみてて旨々。
コラーゲンたっぷりの煮汁もライスにからめて。

デザートはひしゃげ桃とマンゴーのゼリー寄せ
e0112086_19585527.jpg
あえて多い目に作って今日の分としてちょっと大きめの型で冷やしておいた。
ひんやりつるんつるんとしてて、なんか2つでも3つでも食べられそう。
[PR]

by sandonomeshi | 2010-06-26 23:55 | 夕飯 Abendessen
2010年 06月 25日

メキシコとアルゼンチン Mexiko und Argentinien

今週、何でも中南米から出張者が来ててずっと会議で缶詰だったペーさん。
明日帰るというメキシコとアルゼンチンからいらしたお二人を招いて夕食。

サッカー・ファンの方ならもうお気づきでしょうけれど、メキシコとアルゼンチンと言えば日曜日に決勝トーナメントで当たっている国。
そんな話しをしていたところ、実はペーさんアルゼンチン生まれなんだとカミング・アウト。
とりあえず今晩のところはアルゼンチン優勢・・・。

昼間は26℃ぐらいまで上がって暑かったけれど、夕方になって心地よい気温の今日のベルリン。
当然ベランダにテーブルをセット。
e0112086_1824940.jpg
千葉産の落花生やスペイン産のオリーブを摘みながら、まずはビールでのどを潤す。

料理の方は和テイストのイタリア風。
まずアンティ・パストはしめ鯖、牛タンの柚子胡椒風味焼き、そして焼きエリンギのレモンポンズマリネ。
e0112086_18242855.jpg
しめ鯖は南米の料理セビチェのジャパニーズ・バージョンってことで説明。

プリモにはホタテのフライ。
e0112086_18244668.jpg
タルタルソースをたっぷり添えて。

そうそう、升で日本酒をちょっと試したりしながら・・・。
e0112086_182547.jpg

スープは紫芋のヴィシソワーズ。
e0112086_18272035.jpg
ちょっと濃厚すぎて離乳食みたい・・・。
トッピングはエディブルのヤグルマギク。

この辺りから飲み物はリースリング(ドイツの代表的な白ワインのぶどう種)に。

次はパスタ。
e0112086_18303213.jpg
冷製素麺。
e0112086_18304819.jpg
とりハム、錦糸卵に刻み海苔と葱のトッピング。
素麺は白と抹茶を混ぜたんだけれど、写真ではよく分からないね。
お出汁は一応ちゃんと昆布と削り節でとってみた。
私的にはかなり満足な味。

セコンドの魚は鰹のたたき(まがい)。
e0112086_1831921.jpg
まがい物でもいいから食べた〜い、鰹のたたき!とフライパンで焼きつける方法で作ってみた。
アルゼンチン人の彼は「香ばしいのに口当たりが軽くて美味しい。」と気に入ってくれたんだけれど、メキシコ人の彼はしめ鯖を残していたので念のため聞いてみたら「お肉や魚はウェル・ダンがいいな〜。」とのこと。
なので彼にはグリルにして。

逆に紫蘇(まがい)は、アルゼンチン人の彼は香りの強いハーブ類は苦手ってことでパス、メキシコ人の彼はグリルした鰹をくるんで食べながら「爽やかでミントっぽいね。」と問題なし。

ここで一息、柚子のシャーベット。
e0112086_18312854.jpg
これはご両人の味覚にマッチ。

そしてセコンドのお肉はオックステールの味噌煮込み ホワイトアスパラガスのパエリアのベッド。
e0112086_18314641.jpg
天盛りのトッピングはポロネギのジュリアン(千切り)を素揚げしたもの。
これが香ばしくていい仕事するんだよね〜。

アルゼンチンは牛肉が鶏肉より安くて、しかも美味しい国。
そんなところからいらしている方にストレートなお肉料理は出せないよな〜と苦肉の策。
甘辛い味噌味がお口に合うかどうかちょっと心配したけれど問題なし。

ホワイトアスパラガスは昨日がヨハネの日(Johannistag)だったから滑り込みセーフだけれど、ちょっとドイツらしいものも味わってもらって。
パエリアはスペインで買ってきたボンバ米で。

さて、テーブルを仕切り直してドルチェ。
まずはひしゃげ桃とマンゴーのゼリー寄せ。
e0112086_1837119.jpg
桃とマンゴーを組み合わせるアイデアは、このところお気に入りのキシリクリスタルっていうキャンディーから拝借。

もう一品はバジルのパンナコッタ 苺のキャラメリゼ バルサミココンポートソース。
e0112086_18372945.jpg
私的にはもっとバジルの風味が強くても良かったかも。

このあとコーヒーを飲むと眠れなくなる男性陣にミントティーを淹れてチョコレートを摘んだりしてたら、日付はとっくにかわってたし・・・。
e0112086_1837454.jpg

[PR]

by sandonomeshi | 2010-06-25 23:59 | 夕飯 Abendessen
2010年 06月 24日

うちまでサッカー熱? Fußball-Fieber auch bei uns ?

陶芸教室は来週が今期の最終日。
でもその最終日は他に予定があってお休みする私。
なので、最後の釉薬かけをして帰ってきて・・・。

まずはテレビをつけたらハーフタイム。
すでに2:0で日本がリードしていることは、迎えにきてもらったペーさんの車のラジオで聞いている。
この間にとちゃちゃっと夕飯の支度。

豚の生姜焼き。
e0112086_15204933.jpg

実は何かに使えるかな〜と栗原はるみさんの“ジャパニーズ・クッキング”っていうレシピ本をドイツ語版で買ってあったんだけれど、それをロサに貸してあげたら「この本、使える!」と自分でもアマ○ンで注文するって言ってるぐらい。

栗原はるみのジャパニーズ・クッキング

栗原 はるみ

で、すでにいくつか作ってみた中で豚の生姜焼きが一番のお気に入りだってのを聞いたら、私も急に食べたくなったってわけ。

写真は私のお皿で、豚肉より野菜の方が多いけどね。
お昼のうちに作って冷やしておいたポテサを添えて。
e0112086_1521583.jpg

あとは大根サラダ。
e0112086_15212235.jpg
千切り大根を胡麻油ベースで作ったお醤油味のドレッシングで。

デザートは手抜きで棒アイス。
e0112086_15213867.jpg
でもこういうのが一番ペーさん喜んでるかも・・・。
e0112086_15215562.jpg


話しはサッカーに戻して・・・。
まあ、なんとか同点で決勝トーナメント進出もありうるかな・・・って予想してたんだけれど(←って、サッカーは全然解からないのに・・・)、がんばったね、日本。
後半のだめ押しの一点入れた時なんかペーさんの方が興奮して、握り拳振り上げて「やった!」って叫んでたし。
「やるね〜、日本。決勝戦はドイツ対日本とか?」って。
ヨーロッパはフランスもイタリアもデンマークもすでに帰ってくるし・・・。
こういうちょっと番狂わせみたいのが面白いじゃない。
[PR]

by sandonomeshi | 2010-06-24 23:18 | 夕飯 Abendessen
2010年 06月 23日

ベトナム満喫 voll vietnamesische Stimmung

ロサが一度行ってみたかったと言うDong Xuan Center。
元東ベルリン地区にあるベトナムワールド
お買い物はあんまり期待できないけれどあの雰囲気を体験する価値はあるし、なによりあそこのレストランはかなりオーセンティック。(ベトナムには行ったことがないので多分・・・だけれど)

・・・という訳でロサとお昼時に待ち合わせていざリトル・ベトナムへ。

前回スープ麺をいただいた私、今回はブン・チャー。
e0112086_1575741.jpg
ここのお店のは炭焼き豚肉がすでにスープに浮いて出てきた・・・と最初思ったんだけど・・・。
これ浮いてるんじゃなくてお鉢の底までぎっしりお肉!。
さらにひっついて団子状になってる麺の量も半端じゃない。
お味の方は程よくこんがり焼けてる豚肉は旨々だし、スープの甘酸っぱさ加減も私の味覚にぴったり。
e0112086_1581518.jpg
こちらロサの料理。
なんていうんだろうこれ?
甘辛炒め煮みたいにした牛肉がたっぷりのった麺サラダ。
これまたピーナッツのソースとトッピングが香ばしい。
タイバジルの風味もいいよね。

美味しいからもう少しもう少しと食べ進んだけれど、とうとう二人ともギブアップア。
少し残してしまった。
彼女が大好きなアジアン・スイーツ(もち粉で作ったような団子系菓子)をデザートにとか思ってたのに・・・。
今度はお互いの旦那達と一緒に来れば、料理のバリエーションを楽しめるかも・・・。
[PR]

by sandonomeshi | 2010-06-23 16:03 | 外メシ ausser Haus
2010年 06月 22日

パンかライスか Brot oder Reis

今日も息子君がやってきた。
なんでも今週末アビトゥーア(中等教育修了資格)の授与式があるらしく、その時に着る服をペーさんと一緒に買いに行った帰り。
制服ってものがないからね〜。

で、夕飯は当然がっつり系。
e0112086_15594998.jpg
すじ肉とレンズマメのトマト煮
私はこういう料理にはパンを少し。
お皿に残るソースを残らずいただきたいし・・・。
でも彼らはご飯の方が好きみたい。
e0112086_167842.jpg

前菜にはコゴジョ(小振りなロメインレタス)のとりハムサラダ
e0112086_1603118.jpg
ドレッシングにおろしたパルメザンチーズをまぜて、ちょっとシーザーサラダっぽく。
さらにパルメザンを荒く削ってトッピング。
e0112086_1605137.jpg

そしてもう一品。
・・・と言っても昨夜の残りで山羊チーズ入りズッキーニのクリームスープ
e0112086_1611495.jpg
ズッキーニ丸ごと1本で作ったら、結構大量なスープができてしまったんだよね。
コーヒーカップに1杯ずつだけれど、ちゃんと三人分とれた。

デザートはリンゴのキャラメリゼ バニラアイス添え
e0112086_1613619.jpg
生地のないタルト・タタンみたい。
オーブンなしでできて手軽だし、生地がない分軽いし・・・。
ネタ切れの時に使う手。
[PR]

by sandonomeshi | 2010-06-22 23:58 | 夕飯 Abendessen
2010年 06月 21日

ドイツのキャベツ der Kohl in Deutscheland

日本に住んでいるブロガーさんが作ってらっしゃって「おぉ、私も久々に食べたいな〜。」と思っていたキャベツとアンチョビのパスタ。
日本のようにやわらかくて美味しい春キャベツも釜揚げしらすもないのだけれど・・・。

でもやっととんがりキャベツをスーパーで見つけたので早速。
いつでも手に入るこちらの普通のキャベツは堅くて美味しくないけど、とんがりキャベツなら柔らかで日本のにかなり近い。
で、しらすはアジア・スーパーに売ってる冷凍もの。
あえて乾煎りしてかりかりの食感を楽しむことに。

はい、キャベツとアンチョビのスパゲティ かりかりしらすのトッピング
e0112086_15371580.jpg
つぶしたニンニクと鷹の爪半分をオリーブオイルと一緒にゆっくり温めながら風味を移す。
キャベツを炒め出すと良い香り。
好きなんだよね〜、キャベツ炒めてるにおいって。
e0112086_15374275.jpg
キャベツはちゃんとそれなりに甘みもあって、しらすのかりかりも悪くない。

パスタの前には山羊チーズ入りズッキーニのクリームスープ タイム風味
e0112086_15382412.jpg
少しじゃがいもも加えてとろみのあるスープに。
ズッキーニと山羊チーズ、そこにタイムの風味って私のお気に入りトリオ。
[PR]

by sandonomeshi | 2010-06-21 23:35 | 夕飯 Abendessen