三度のメシより・・・ Sando no Meshi yori...

sandonomes.exblog.jp
ブログトップ

<   2008年 07月 ( 32 )   > この月の画像一覧


2008年 07月 30日

気分はラテン die Stimmung ist lateinisch

今日も暑いのを覚悟して起きてきたらなんだか気持ちよい空気。
薄曇りではあるけれどこれくらいが楽。

ここ数日あまりの暑さにやる気が起こらず延ばし延ばしにしてきたアイロンかけを、この時を逃がさずとばかり片付けた。
達成感。

午後は昨日土いじりで散らかしたままのテーブルで・・・
e0112086_5292927.jpg
以前作ったおチビちゃんの相棒を。


夕飯はまずフェンネルのクリームスープ
e0112086_5295317.jpg
昨日の時点では冷製にしようと思っていたけれど、少し涼しくなったから熱いままで。

メインは鶏手羽のカシャーサ(サトウキビから作る蒸留酒)焼き ワカモレ添え
e0112086_530214.jpg
気分はメキシカン。
・・・ならテキーラをふって焼くところなんだけれど、うちにはなかったのでご近所のブラジル産(そんなにご近所でもないかな?)Cachaça51で代用。
どちらもアルコール度の高い蒸留酒だしね。
e0112086_5305691.jpg
ふむ・・・昨日のモヒートに続いてカイピリーニャでも飲みたい気分。
[PR]

by sandonomeshi | 2008-07-30 23:25 | 夕飯 Abendessen
2008年 07月 29日

こう暑いと・・・ Wenn es so warm ist, ...

夏が戻ってきてくれたのはいいのだけれど・・・暑い~。
いえ、日本の暑さを思えばまだまだ大したことないんだろうけれど、1週間前は14℃ほどしかなくて肌寒いと長袖を着ていたんだから、ここ数日の30℃を超える気温は応える。
極端なんだよね。
窓から外を見るとじりじりと陽が照り付けていて、もともと暑さに弱い私はげんなり。
ぺーさんがいないのをいいことに、買い物にも出ず家にこもって・・・土いじり。

カレー皿が2枚できた。
e0112086_774535.jpg
長い方の径で仕上がり23cmぐらいだからやや小振りだけれど、食べ過ぎないためにはちょうどいいかも。
これが焼きあがる頃には辛~いカレー食べられるかなぁ・・・。


そんな訳で夕飯は冷蔵庫と冷凍庫にあるもので。
ポークリブの蒸し焼き・オン・タイ風野菜炒め
e0112086_763529.jpg
これにライスを添えてワンプレートディッシュ。
ポークリブはインドナガコショウをきかせて葡萄シロップで爽やかな甘さをプラス。
野菜炒めにはざっくり刻んだパクチーたっぷりとベランダのホーラパー(スイートバジル)が入っていて香り豊か。
暑い時には暑い国の食べ物が美味しい。

食後、Salzburger Festspiele 2008:2008年サルツブルグ音楽祭のプログラムの一つウィーン・フィルをPierre Boulez:ピエール・ブーレーズが指揮し、ピアノ・ソロとしてDaniel Barenboim:ダニエル・バレンボイムが弾いたコンサートの時差ライブをゆっくりテレビで観ようと(聴こうと)・・・こんなものを準備。
e0112086_77215.jpg
モヒート
しつこいようだけれどこう暑いとなにかさっぱりして冷たい飲み物が欲しくなる。
e0112086_772798.jpg
曲は私の理解が及ばなかったけれど、バレンボイムのピアノは好きだ。
ただ何故だか音のレベルが非常に低くて聞き辛かったのが残念。
[PR]

by sandonomeshi | 2008-07-29 23:04 | 夕飯 Abendessen
2008年 07月 28日

試作 Versuch

今日の収穫。
e0112086_659988.jpg
トマトは数種類植えてあるのだけれど、小型のものからぼちぼち食べ頃。
黄色いミニズッキーニ、去年は花だけで実が育たなくてどうしてだろうと思っていたのだけれど、今年はちゃんと生った。
あと3色ミックスのスイスチャード(うまい菜とかフダンソウの一種)。


で、朝採れのベランダ野菜でできたのが野菜のメネストラ
e0112086_704915.jpg
メネストラとはスペインの料理で煮込みのこと。でもこれはこちらの真似をさせてもらってそう呼んでみた。
・・・いや、真似といってもオリジナルからはほど遠い仕上がりなんだけれど、まあ一部ほんとに新鮮で美味しい野菜を使っているっていうところぐらいは似てるかな・・・と。

因みにラディキオ、フェンネル、ポロ葱は冷蔵庫にあったもの。
生のままはトマト、ラディキオ、紫バジル、ボリジ、キンセンカ。
さっと茹でたのはフェンネル、ズッキーニ、スイスチャード、ポロ葱。
そしてズッキーニの花はたっぷり目のオリーブオイルで焼いてある。

で、ズッキーニの花以外は先に仕掛けて冷蔵庫でしっかり冷やしておく。
野菜を盛り付けたらゆるゆるのトマトゼリーを回しかけてソース代わりにし、仕上げにローストし過ぎた松の実をトッピング。
それぞれの野菜の味を楽しめる夏らしいメネストラ。

メインには保存用に少したくさん目に作った鶏ハムの一切れにキッチンバーナーで焼きを入れ(?)こんがりさせて鶏ハムとセロリのたたき梅パスタ
e0112086_723627.jpg
紅紫蘇をトッピング。
鶏ハムの香ばしさが梅のさっぱりといいコントラストだし、セロリのシャキシャキも良い。

どちらも試しに作ってみたんだけれど、改良点はあるにしろおおむね満足。
ベランダの収穫もまだまだできるし、また作ろう。
[PR]

by sandonomeshi | 2008-07-28 23:08 | 夕飯 Abendessen
2008年 07月 27日

おませでキュートな子役 suße Kind-Schauspielerinnen

昨日のパイプオルガンのコンサートで思い出した映画”カーリー・スー”。
彼女が右手を左胸におき”The Star-Spangled Banner(星条旗)”を歌っているシーンをYouTubeで探していたら、他にもこの映画の名場面のビデオがヒットしてきた。
そんなのをプレイしていたらもう一度映画そのものを観たいな~と、10年ぐらい前に買った古いビデオを出してきた。

シンプルなストーリーのアメリカン・コメディーだけれど、とにかくAlisan Porter:アリサン・ポーター扮するスーがキュート。
それだけでも観る価値がある。
頻繁に使われている目線を意識したカメラワークも面白いし、ちょっとセンチメンタルなテーマ曲もよい。
またもや一人で泣き笑いしながら見入ってしまった。
そういえばこの映画、タッチは違うけれどTatum O'Neal:テータム・オニールがやっぱりおませでキュートだった私の大好きな”パーパー・ムーン”を髣髴させるんだよね。


夕飯には昨日のタイ風カレーが残っている。
ちょっと納得いかなかったナマズの食感。
今日は冷凍しておいたナマズの切れ端を解凍し、ナンプラーと酒少しでマリネして空揚げに。
ナマズの空揚げ カレーソース
e0112086_7145231.jpg
そうそう、この感じ!。
それにしてもナマズって煮るのと揚げるのとで全然食感が違うのね。

あと生春巻きに使った残りで大豆もやしの塩ナムル
e0112086_7151431.jpg
クルプックもまた揚げてパリパリやる。
e0112086_7154176.jpg

ちょっと早めの夕飯で、食後もまだ外は明るい。
昼間の暑さも緩んで心地良くなってきた。
ライムを絞ってウォッカトニックなどをちびちび。
e0112086_7161414.jpg

[PR]

by sandonomeshi | 2008-07-27 23:06 | 夕飯 Abendessen
2008年 07月 26日

パイプオルガンコンサートとアジアン・サパー Orgelkonzert und asiatisches Essen

今日はスペイン人の友人ロサの提案で夕飯を一緒に作ろうと旦那のジョンとやってきた。

せっかくだからうちの近くで何か一緒に楽しめるイベントとかないかな~と調べてみたら、以前にも一度いったことのある教会でのパイプオルガンコンサートを見つけた。
ロサもパイプオルガンの音色が大好きだというし、しかもテーマが”アメリカのパイプオルガン音楽”。
ジョンはアメリカ人だからね。

このLukas-Kirche:ルカス教会、玄関ホールのドーム状天井にある聖人達の絵、そして祭壇上のイエスの絵と壁面全体が石のモザイクで出来ている。
e0112086_18203876.jpg
福音派(プロテスタント)の教会で祭壇も非常に質素だけれど、このモザイクの天井・壁画はインパクトがある。

ベルリンにしては珍しくむしむしと暑かった夕方、タンクトップを着ていた私だけれど教会に行くのに肩を出していてはちょっと・・・だし、きっと中は涼しいんじゃないかなとも思ったので軽い上着を持参。
案の定一歩足を踏み入れるとひんやりとした空気が体を包む。
上着持ってきて正解・・・と思っていたらオルガン奏者の女性はノースリーブのブラウス・・・。
e0112086_1856224.jpg

アメリカ在住のパイプオルガン奏者が演奏したのは最初のGeorg Böhm:ゲオルク・べームとJohann Sebastian Bach:J.S.バッハ以外は全てアメリカの作曲家のもの。
最後はJohn Knowles Paine:ジョン・ノウルズ・ペインの”星条旗(アメリア国歌)の変奏曲”。
やっぱりこのメロディーはアメリカ人のジョンにはグッとくるらしい。
私は映画”カーリー・スー”を思い出す。


ある程度下ごしらえしておいた夕飯だけれど、三人で一緒に仕上げを。
ロサもジョンも大好きなアジアンの料理を家でも作れるようにと考えた献立。
まずはクルプックを揚げてパリパリと摘みながら。
e0112086_1846018.jpg

出来上がったのは柿の白和え、
e0112086_18462738.jpg
揚げ豆腐と黄色トマトの串クリームバルサミコかけ、 
e0112086_18465112.jpg
この間のピクニックで気に入ってもらった鶏唐揚げ、
e0112086_18472972.jpg
そして生春巻き。
e0112086_18475077.jpg
「一つ一つ巻いていくのは大変だけど、楽しいね。」とロサもジョンも巻き巻き。
e0112086_18481082.jpg

そしてメインはタイ風野菜たっぷりナマズカレー。
e0112086_18483838.jpg
かぼちゃ、筍、赤パプリカがゴロゴロ。
ルーにはレモングラスやパクチーなどなどタイハーブをたっぷり使っていて部屋中タイの香りでいっぱい。
私もさることながらロサもチリ・アレルギーがあるというのでチリなしだけれど、「辛いの大好きだけれど、このカレー、ミックスされたハーブの香りと味が豊かで、辛くなくっても十分美味しい。」とはジョンの弁。
唯一イマイチだったのがこの間油で揚げた時にはプルプルの身だったナマズが、煮ると崩れやすくなったこと。
あのプルプル感が良かったんだけどな~。
一旦空揚げにしてから加えるとか・・・?。

デザートは彼らが買ってきてくれたケーキ。
3つの中から私が選んだのがムース・オ・ショコラ。
e0112086_18501790.jpg
あと二つはシトラス・マスカポーネとマンゴムース。
e0112086_18503849.jpg
ムース・オ・ショコラはチョコレートの苦味がほんのりきいていて、甘さを抑えた大人の味。
口の中で泡のようにとける。
幸せ・・・。

気持ちよい涼しさになったベランダに椅子を出してJobim:ジョビンなど聞きながらもう暫く土曜の夜を楽しむ。
e0112086_18515158.jpg

[PR]

by sandonomeshi | 2008-07-26 23:17 | 夕飯 Abendessen
2008年 07月 25日

ガツンが足らない ein scharfes Kick fehlt

また一つ、今度はワンピースが仕上がった。
e0112086_5555949.jpg
肩を隠すノースリーブの縁とローウエストスカートにシャーリングが入ったデザイン。
後ろボタン開き。
e0112086_5563696.jpg
ちょっとおばさんにはかわい過ぎるかな~という気もしたのだけれど、ワインカラーにシャープに入った縦縞のおかげでそんなこともない。
ストンとしているから着ていて楽だし、今日みたいな暑い日の部屋着にちょうど良い。
これでミシンかけはちょっと休憩。


みずみずしそうで立派な大根を見つけて買ってきた。
この暑さだとピリッと辛い麻婆大根が食べたいところだけれど唐辛子がドクターストップなので仕方なしに大根とミンチの塩炒め煮
e0112086_557325.jpg
ニンニクと生姜をきかせて麻婆大根とほぼ同じ作り方。
根元の方だけ付いていた大根の葉も刻んで入れる。
ガツンという味ではないけれど、夏大根らしい辛味もあってあっさり目で悪くない。

あと茹で青梗菜ともやしの練り胡麻たれ
e0112086_5573172.jpg
これも棒棒鶏(バンバンジー)のもじりで唐辛子抜き。
なんだかこう・・・ちょっと気合の抜けた感じがするのだけれど、まあやさしいお味ということでいいとしよう。(←ちょっと無理があるかな~)
[PR]

by sandonomeshi | 2008-07-25 23:58 | 夕飯 Abendessen
2008年 07月 24日

オバマ・フィーバー "ObaManie"

ラブパレード(テクノ・レイブ)はドルトムントへ行ってしまったけれど(別に残念に思っているわけではない。念のため)、今日はベルリンの”ポリ(ポリティックの略)パレード”か?といわれた出来事があった。

11月に行われる米大統領選候補のBarack Obama:バラック・オバマ氏がベルリンを訪問し、Siegessäule:ジーゲスゾイレ(戦勝記念塔)を背に演説。
20万人ものベルリン市民、或いは国内各地からやって来た人達が集まった。
e0112086_842413.jpg
現役大統領が来ると”帰れコール”のアンチB.デモが起こるのに、何なの、この人気?って感じ。

大統領候補とはいえ今の彼の地位は一米上院議員。
それをドイツ連邦共和国首相のメルケルが首相官邸に迎え1時間にもわたって会談、更に外務大臣のシュタインマイヤーとも。
ベルリンの市長にいたっては自らゲストブックを持ってオバマ氏の投宿先ホテル・アドロン(ブランデンブルグ門のすぐ側にある高級ホテル)まで足を運んだというのだからすごい。
e0112086_845259.jpg
ダライ・ラマ訪独の時はメルケルも(彼女は国内にいなかった)シュタインマイヤーも出てこなかったのにね。

各テレビ局のニュースもかなりの時間を割いてこの話題を放送。
RBB(ベルリン-ブランデンブルグ放送局)の夕方のニュースでは「アメリカの政治家でこれほどベルリン市民(あるいはドイツ国民?)に歓待を受けたのはレーガン大統領以来」だとコメント。
本当にこの人に”希望”はあるのかしら・・・。
上の写真はBerliner Morgenpostのサイトから転載


そんなニュースを見ながら一人メシ。
かぼちゃの冷製スープ
e0112086_822933.jpg
甘味たっぷりのかぼちゃ。
仕上げに生クリームを垂らそうかと思っていたけれど、その必要なし。
かぼちゃそのものの味を十二分に味わえる。

そして鶏手羽とフェンネルのオレンジ煮
e0112086_83586.jpg
オレンジとフェンネルのコンビって気に入っている。
缶詰の水煮トマトを少し加えて煮込んでみた。

今日もデザートがある。
と言ってもまだ残っていることをすっかり忘れていた木苺と無花果の赤ワイン煮
e0112086_832891.jpg
これには生クリームを少し垂らして。
[PR]

by sandonomeshi | 2008-07-24 23:17 | 夕飯 Abendessen
2008年 07月 23日

戻ってきた夏 Der Sommer ist zurückgekommen

今日もミシンかけ。
仕上げたのはエプロン。
e0112086_6462519.jpg
前にもデニム地で作った気に入っているデザイン。
今回は麻地で夏向き。

夏といえば、ベルリンに夏が戻ってきた。
昨日は肌寒いな~と長袖着てたのに、今日は半袖のTシャツで汗ばむくらい。
週末に向けてますます暑くなるらしい。


さて、早速出来たてほやほやのエプロンをして夕飯の仕度。
今日は中華。
豚と青梗菜のオイスターソース炒め
e0112086_6473991.jpg
干し椎茸と葱も入れて風味よく。

胡麻の冷菜二種
e0112086_16431066.jpg
手前は白菜と搾菜の胡麻油和え、向こうが胡瓜のすり胡麻和え。
それぞれ違った胡麻の風味が楽しめる。
今日もお肌に良いらしいご飯と一緒にいただきま~す。
e0112086_650289.jpg


6月のはじめ頃にわんさかなった鉢植えの黄色野苺。
その後何だか元気がなくて花も殆んど咲かない。
どうしたんだろうと心配していたのだけれどなんとか元気を取り戻したみたいで、今日数個収穫。
早速チョコレートソースをかけたバニラアイスと一緒に。
e0112086_651474.jpg


ちょっとカロリー大幅アップかな・・・と思わなくもなかったけれどまたBerentzenの青りんごリキュールを一杯。
e0112086_16433690.jpg
リビングのソファーに足を上げて寛ぎ、日本にいる友人が送ってくれた中島みゆきのコンサートライブCD”歌旅”を聞きながら雑誌”haru‐mi”をパラパラ。
スタジオ収録と違ってどの曲も新鮮で、中でも”ホームにて”や”蕎麦屋”は懐かしく思わずページを繰る手を止めて聞き入ってしまう。
[PR]

by sandonomeshi | 2008-07-23 23:43 | 夕飯 Abendessen
2008年 07月 22日

7月なのに・・・ Es ist doch im Juli...

ここのところミシンかけに励んでいる。
パンツを縫ったっていうのは既にアップしたけれど、その後共布でジャケット、一緒に買ったリブ編みのニット地でタンクトップを仕上げた。
e0112086_6491212.jpg

ジャケットの型紙の元はちょっと古いけれどユキコ・ハナイのオーバーブラウス。
ソフト・テーラードなのにフラットカラーで優しげ。
パンツはベルトもつけず脇ファスナーのヒップボーン。
あまりにも簡単でそっけないのでフラップ付きの後ろポケットでアクセント。
ちょっと光沢のあるレーヨン地、しわになりやすいのが玉に瑕だけれど、ワイン色のタンクトップとも良く合っているし・・・。
7月だというのになんだか肌寒いからすぐに重宝するかな・・・。


さて、夕飯はまたもや和食。
鶏手羽と赤芽芋(まがい)の煮物
e0112086_6512239.jpg
コラーゲンたっぷりの手羽先、お肌の為にしっかりいただこう!。
e0112086_6514073.jpg

セロリとじゃこの酢の物。シャキシャキ感が残る程度にさっとゆがいたセロリ。
においも味もマイルドになってしっかり食べられる。
あと昨夜の小蛸とポロ葱のたいたんが少し残っていたのともやしと揚げのお味噌汁
e0112086_6521970.jpg


天気予報では明け方の最低気温が11度だとか言ってるし、柚子茶飲んで温まって寝よう。(7月なのに・・・)
e0112086_653692.jpg

[PR]

by sandonomeshi | 2008-07-22 23:46 | 夕飯 Abendessen
2008年 07月 21日

天かすがあれば・・・ Wenn es gibt...

数週間前にふとお好み焼き食べたいな~と思っていたのになんとなく機会がなくて、「お好みお好み・・・」と頭の片隅にひっかかったまま今日まで。
私にとってはお好み焼きに欠かせない天かす(揚げ玉)も一昨昨日天麩羅でできたことだし・・・豚玉お好み焼き
e0112086_1737196.jpg
マヨネーズも必須。
邪道かもしれないけれど、人参の千切りを入れるのも好き。
鰹節がゆらゆら。

夕飯にこれだけではちょっと寂しいかな~と小蛸とポロ葱のたいたん
e0112086_17372277.jpg
日本の白葱の代わりにポロ葱。
十分いける。
なんか一杯飲みたくなるね。
[PR]

by sandonomeshi | 2008-07-21 23:35 | 夕飯 Abendessen