三度のメシより・・・ Sando no Meshi yori...

sandonomes.exblog.jp
ブログトップ

<   2008年 05月 ( 37 )   > この月の画像一覧


2008年 05月 31日

夕涼み die Abendbriese geniessen

なんだかベルリンは夏。
天気予報では最高気温31℃とか言ってたけれどもとあるんじゃないかと思う暑さ。
日が暮れ始めた9時頃やっと涼しくなってきて、気持ちがいいから暗いけれどろうそくを灯してベランダで夕飯。

今晩はちょっとごちそうでアルゼンチン牛のステーキ
e0112086_425827.jpg
私的にも手間がかからないしぺーさんも思いっきり喜ぶ。
素揚げのかぼちゃと赤パプリカ、オランダエンドウを添えて。
ニンニクの効いたサルサ・ベルデ(グリーンソースの意味。パセリとバジルがベース)でいただく。

あとはスパイシー・フライドポテトと・・・
e0112086_44788.jpg
マッシュルームのタイム風味炒めを。
e0112086_442937.jpg


デザートにはバニラアイス さくらんぼのコニャック風味コンポート添え
e0112086_452912.jpg
アイスクリームの下にはくずしたビスケットをしのばせてある。
[PR]

by sandonomeshi | 2008-05-31 23:59 | 夕飯 Abendessen
2008年 05月 31日

マラガ~市場で買出し Malaga~Hamsterkäufe auf dem Markt


4月3日 


朝8時前でまだ明けきらない、最後の寄港地マラガ。
e0112086_3363458.jpg
お昼の12時半には船に戻らなきゃならないというタイトなスケジュール。
着岸早々船を降り市街地に繰り出す。
e0112086_3365732.jpg

マラガは数年前のバカンスで寄っていて、Alcazaba:アルカサバ(城塞)やカテドラル(大聖堂)、ピカソ美術館などは既に訪れている。
となるとあとはショッピング。
でもこんなに朝早くても開いているところというと・・・そう、市場。
e0112086_3372475.jpg
建物自体見応え十分、歴史あるMercado Central Atarazanas(アタラサナス中央市場)。
でもこの建物は修復中で、すぐ近くの広場に立てられた仮設市場へ。

ドイツではなかなか手に入らない魚介類や野菜、果物。
欲しいものはいっぱいだけれど、少なくとも家にたどり着くまでの2日間は日持ちするもの、軽いもの、かさばらないものを条件に絞ったのが、真空パックしてもらった生ハム、常温で日持ちするチョリソ(スペイン産腸詰の一種)、バカラオ(鱈の塩漬け)、水分が漏れないパックに入れて量り売りしてくれたオリーブ、そしてアボガドとアーティチョーク。
かさばらないものとか言いながらアーティチョーク2Kg。
e0112086_3385314.jpg
2Kg(12個)で3ユーロ(500円弱)。
これでも市場の中で一番新鮮そうなのを選んで一番高かった。

アーティチョーク大好物のぺーさんは準備してきたリュックに詰めてほくほく顔で市場を出て・・・、ちょっとカフェで休憩。
e0112086_339231.jpg


ところでマラガで見つけた面白いもの。
歩行者信号機。


カウントダウンが付いている信号機って日本では別に珍しくもないかもしれないけれど、スペインで、しかもアンダルシアのマラガでっていうのはかなり以外。
しかも”電光マン”が走り出すのにはウケてしまった。
因みに後ろの方で聞こえる蹄の音みたいなのは、まさに馬の蹄の音。
観光客向けの馬車が通り過ぎていた。

実は・・・
[PR]

by sandonomeshi | 2008-05-31 13:33 | 夕飯 Abendessen
2008年 05月 30日

プレンツラウワーベルグ Prenzlauerberg

ちょっと用があってMitte:ミッテ(ベルリン中心部の地区)まで行ったので、人に聞いて以前から気になっていたお店を覗きにPrenzlauerberg:プレンツラウワーベルグ(東ベルリンの地区)まで足を延ばす。
e0112086_2120230.jpg
この通りはベルリンに住み始めて間もない頃友達が住んでいたり、一時通っていた語学学校もここにあったりで馴染みがないわけではないのに、ここ数年ですっかり様子が変わってしまった。
ベルリンらしいAltbau:アルトバウ(古い建物という意味だけれど、一般的に第二次世界大戦以前に建てられたものをさす)が建ち並ぶ通りだけれど、以前はメンテが行き届かず寂れた雰囲気があった。
ところが今では殆んどの建物が修復、改装され、バルコニーは花やハーブがいっぱいで、一階部分には個性的なレストランやカフェ、ショップ等が入っている。
e0112086_21203924.jpg

で、私の目的はここ。
e0112086_2123343.jpg
日本の方がプロデュースし、日本人作家による生活雑貨を扱うお店。
自宅での普段使いにはちょっともったいない品だけれど、何か特別な機会やお遣い物にいいかな。

日陰を探しながら歩きたいほどのお天気と気温。
冷房の効いたカフェで冷たいものでも飲みたい気分だけれど、そこはぐっと我慢して更にU-バーン(地下鉄)を乗り継いでトルコ市場へ。
e0112086_21241099.jpg
暑い上にかなりの人出で結構くたくたになったけれど、今日の収穫には満足。

例えば夕飯に鯵のハーブ風味オーブン焼き
e0112086_21244557.jpg
見た目がちょっとグロテスクで失礼。
なかなか立派な鯵だったので一人一尾では多いかな~と思いきや、美味しくってあっという間に平らげてしまった。
お腹の部分にローズマリー、タイム、ローリエそしてニンニクを詰めて、粒白胡椒、フェンネルシードと一緒に乳鉢で挽いたゲランドの塩をまぶしてある。

その前にはやっぱり今日買ってきたほうれん草入りオムレツ
e0112086_21252784.jpg
沸騰したお湯にさっと潜らせただけでアク抜きしたほうれん草、生クリームを加えたとろ~り卵と一緒にまったく美味。

更にデザートも今日の収穫ベイビー・バナナと苺のラム酒風味キャラメリゼ
e0112086_2126243.jpg
とりわけ甘いって訳でもないんだけれどもっちり風味豊かなベイビー・バナナ。
苺とも相性がいい。
[PR]

by sandonomeshi | 2008-05-30 23:17 | 夕飯 Abendessen
2008年 05月 29日

アカシア通り Akazienstraße

ドイツ人の友達パウラから「お昼休みちょっとゆっくりできるから、Sandoがこっちに来てくれるんなら一緒にランチしない?」とお誘い。

彼女の職場のすぐ側、カフェ”Gottlob”へ。
ここのTagesmenu(ランチセット)がなかなかお手頃で良い。
今日は冷製ディル風味胡瓜のヨーグルトスープとオオヒラメと串海老のソテー アジア風炒め野菜のベッド 黒胡麻バスマティライス添え。
ヨーグルトもドクターストップがかかっている私、事情を話すとグリーンサラダに代えてくれた。
パウラとは久しぶりだったので会うなり話しに夢中。
サラダの写真を撮り忘れ。
メインはこんな感じ。
e0112086_1441143.jpg
お昼時、テラスは満席。
仕方がないので店内のテラス脇の席に。
でも私なんかは燦々と日の当たっているテラスより軒の陰になっているこの席の方が良かったかも。

ところでこのカフェのあるAkazienstraße:アカツィエン・シュトラーセ(アカシア通り)、ほんの数100メートルほどの短い通りだけれどマルチカルチャーでエソテリック、知る人ぞ知るベルリンのちょっと粋な通りのひとつ。
e0112086_14423387.jpg
パウラと別れてからぶらぶらとウインドーショッピング。
雑貨屋の棚の隅っこに3つだけ売れ残っていたプチ・ココット。
e0112086_14432256.jpg
うちの食器棚に納まった。
[PR]

by sandonomeshi | 2008-05-29 23:38 | 外メシ ausser Haus
2008年 05月 28日

ニラなし餃子 Jiaozi ohne chinesischen Schnittlauch

かなり久しぶりに餃子を作ってみた。
日本ではおうちで餃子を作る人が増えてニラが高騰などという現象があったらしいけれど、その後どうなったんだろう・・・?
ニラはこちらでもアジアスーパーで売っていて、一束1ユーロそこそこだから買いやすい。(ユーロ高で日本円に換算するとちょっとお高い感じはするけれど・・・)
でも今日はそれだけを買い物にアジアスーパーまで足を延ばすのが億劫でニラなしの餃子
代わりに葱とニンニクのみじん切り。
e0112086_1243559.jpg
決して悪くはない。
悪くはないけれど、そうと知っている私は意識して食べるから、やっぱりちょっとイマイチかな~と思ってしまう。
ぺーさんは久しぶりで大好物のチャオツーだと喜んでぱくぱくぱくぱく。
冷凍保存するつもりで27個包んだのに5つ残っただけ。
e0112086_1245958.jpg
カイランまがいのアジア野菜のニンニク風味炒め
こういう青菜の炒め物は、中華の時のうちの定番。

それから叉焼入りアジアンサラダ
e0112086_1255437.jpg
日本に住んでいた頃はもやしを生でなんて食べたことなかったので、スペインの中華料理屋さんでサラダに生もやしが入っていたのには目から鱗だったのを思い出す。
確かにシャキシャキして美味しい。
e0112086_1263297.jpg
中華もご飯が進むおかずだよね。

デザートはミント入りカンタループメロンのシャーベット
e0112086_1265672.jpg
結構大き目のメロンで、なかなか食べきれず傷みそうになってきていたのでシャーベットにしておいた。
私的にはミントを入れたのが大正解だった。
後口もさっぱり爽やか。
[PR]

by sandonomeshi | 2008-05-28 23:22 | 夕飯 Abendessen
2008年 05月 28日

洋上 フンシャル~マラガ Auf See Funchal~Malaga 


またもやほったらかしになってしまっていたクルーズの続き・・・。
残すところあと4日分。
一気に最後までいけるかな~。


4月2日


前日の夕方フンシャルを出てこの日は大西洋の上。
揺れはさほどでもなく、気分が悪くなることもなく船上での一日。

船内の図書室で借りた「風の影」結構時間かかっている。
クルーズも残りわずか。
なんとか船を降りるまでに読んでしまおうと、船の一番高いところ、360°展望ラウンジにソファーを陣取って本の虫になる。
e0112086_22394724.jpg


洋上で過ごす日は夕食がガラ・ディナーだったりして、一応その日のハイライトになっていたのだけれど、この日はイタリアン・ナイト。
e0112086_2240996.jpg

アンティパスタ。
e0112086_22403945.jpg
e0112086_22405451.jpg

スープ。
e0112086_22411890.jpg
e0112086_22413524.jpg

パスタ。
e0112086_22415651.jpg

そしてメイン。
e0112086_2242216.jpg
e0112086_22424385.jpg


料理が全て下げられるとカンツォーネがかかっていたBGMの音量が上がり、ウエイターさん達が女性客をエスコートしてダンス。
e0112086_22434672.jpg
男性客は「'o sole, 'o sole mi~~~o! sta nfronte a te~! sta nfronte a te~~~!」とか歌って盛り上がる。
(歌の雰囲気を味わいたい方、こんなのは如何?)
実は私もフィリピン人のお兄ちゃんに誘われて踊ったんだけどね。

ひとしきり盛り上がった後のデザート。
e0112086_22432752.jpg
アイスクリームがとけ始めてる。

食後は
[PR]

by sandonomeshi | 2008-05-28 22:36 | 外メシ ausser Haus
2008年 05月 27日

長芋入りハンバーグ Boulette mit chinesischem Yams

1週間ほど前に蕾だった前庭の石楠花。
e0112086_15263839.jpg
今日、満開。
数年前に小さな苗木を買ってきて植えた白いアザレア(西洋ツツジ)も満開。
e0112086_1527787.jpg


週末お義母さんのところから直接国内出張に出ていたぺーさんご帰還。
和風ハンバーグ
e0112086_15274266.jpg
少し前に東風さんが作ってらっしゃったのを真似して長芋入りにしてみた。
生のタネのところから長いものネバネバ力発揮で、形作る時まとまりやすい。
出来上がりはふわふわだけどにもっちり。
和風ということで玉葱の代わりに葱、あと干し椎茸のみじん切りとおろし人参も入れてあるんだけれど、これなかなかいけるかも。
e0112086_15325965.jpg

もやしとオクラの澄まし汁
ハンバーグで半分だけ使った卵の残りでとじてみた。
奥の盛鉢は千切りかぼちゃの甘辛煮。
e0112086_15331730.jpg
そしてミックス即席漬け
これは母に送ってもらった”即席漬けの素”で。

デザートは今年初めて買ったドイツ国産の露地
e0112086_1534613.jpg
早くから出回わるスペイン産なんかより小ぶりだけれど、苺の味がぎゅっと詰まっている。
・・・はずなのだけれど、今日のはちょっと・・・。
期待が大きすぎたかな?
もう少し甘くてもいいのにな~。
[PR]

by sandonomeshi | 2008-05-27 23:24 | 夕飯 Abendessen
2008年 05月 26日

半日ソーイング ein halbtägiges Nähen

月曜日だけれどぺーさんが留守なので朝はちょっとゆっくりさせてもらい、遅い朝パンの後。

数週間前に買っておいた生地を出してきた。
洋服ダンスはそれなりにいっぱいなのに、季節の変わり目っていつも「着る物ない~。」と思ってしまう。
麻地だけれど、お天気の良い日は暑いくらいだし、もうそろそろ着れるでしょう。
e0112086_783597.jpg
型紙は以前に別の生地で作って気に入っているパンツと同じもの。
半日ソーイングで出来上がり。

でもそんなこんなで夕飯の支度が面倒になって・・・
e0112086_785989.jpg
ブラウンマッシュルーム・スパゲティで済ませてしまった。
本当は明日ぐらいから食べごろの昨日作ったオリーブオイル漬けのマッシュルーム。
まあいいか、と3つほどスライスし、茹で上げスパゲティと一緒に漬け込んでいたオイルでさっと炒めただけ。
それでもコクのあるブラウンマッシュルームの風味にローズマリーとニンニクの香りも相まってなかなか美味。

当然デザートなんで考えている訳もなく、でも何か甘いものが欲しいな~と・・・
e0112086_721054.jpg
戸棚をごそごそしてドライフルーツのアソート
黄色いのがマスカット種の干し葡萄、そこから時計回りに苺、杏、そしてさくらんぼ。
カモミールとレモングラスのハーブティーをすすりながら眠くなってくるまで料理雑誌をペラペラ。
[PR]

by sandonomeshi | 2008-05-26 23:58 | 夕飯 Abendessen
2008年 05月 25日

アイロンかけながら・・・ Während ich bügele...

オイル漬けを作ったブラウンマッシュルーム、小さいのを3つばかりどけておいて夕飯のサラダに。
エンダイブのサラダ ブラウンマッシュルームのトッピング カリカリベーコンのハーブ風味温ドレッシング
e0112086_1704041.jpg
奉仕品で買ったマッシュルームだけれど至って新鮮できれいで生でもOK。

一人メシだけれど、残っても温め直しがまんざらでもない野菜ラザーニャを作ってみた。
e0112086_1731682.jpg
ただ今ドクターストップがかかっているチーズなし・・・。
こんがり焼けたチーズが恋しいといえば恋しいけれど、これはこれであっさりしててそれなりにいいかも。(←負け惜しみではなく・・・)
ラザーニャはほうれん草入りのグリーンのものもを、写真では分からないけれど赤パプリカ、人参、ピーマン、セロリー、かぼちゃが層になっていて、野菜たっぷり。


早めに夕飯を済ませてアイロンかけなどしながらテレビでやっていた”Memoirs of a Geisha(邦題:SAYURI)”を観た。
もともと数年前にドイツ人の友達(女性)がこの映画の原作である”Memoirs of a Geisha”を読んでとても気に入ったと聞いて以来「???」と思っていたのだけれど・・・。
祇園の話なのにどうして”芸者”なの?
京都では”芸者”ではなく”芸子”と呼ぶ(半玉ではなく舞妓という呼び方は出てくるのにね)。
原作自体そんなところからすらこだわっていないのだから、さらにハリウッドで映画化されて、日本の、京都の、祇園のことがちゃんと描かれるわけがない。
・・・と最初っから思っていたし、全く思った通りだった。

邦題のように”Geisha”という言葉を外したタイトルにしてしまえば、映画としてはきれいな映像も多くて、どこかファンタジーの国の恋物語だと思って観れないこともない。
ただ乱暴なシーンが必要以上に多い気がしたんだけれど・・・。


e0112086_1718237.jpg
たんまりアイロンかけた後は、モヒート1杯。
[PR]

by sandonomeshi | 2008-05-25 23:59 | 夕飯 Abendessen
2008年 05月 25日

土曜日の奉仕品 samstags Angebote

昨日(土曜日)夕方近くのスーパーにちょっと買い物に行ったら、野菜類が大幅値下げ。
はは~ん、週末だから売り切ろうってことね。
そういえばこのスーパーには土曜日ってあんまり行ってないから、こんなことやってるって知らなかった。
でもどれも冷蔵庫にあるものばかりで、せっかくの奉仕品もうちにはご利益なしかな・・・と思っていたら、ブラウンマッシュルーム見っけ。
全然新鮮そうでカサもしっかり閉じている。


という訳で作ってみたブラウンマッシュルームのオリーブオイル漬け。
e0112086_7511684.jpg
二ンニクとローズマリーの小枝も一緒に漬け込んで香りよく。
[PR]

by sandonomeshi | 2008-05-25 18:49 | 保存食 Einmachen