三度のメシより・・・ Sando no Meshi yori...

sandonomes.exblog.jp
ブログトップ

<   2007年 12月 ( 39 )   > この月の画像一覧


2007年 12月 31日

大晦日のお約束 das Versprechen des Silvesters

大晦日。

今年の初めにこのブログを始めたことでたくさんの人と知り合えて、そしてバーチャルだけでなく実際にお会い出来た方もいて良いお付き合いが始まっている。
なかでもご近所のUsagi家とはうちにお越しいただいたりあちらにお邪魔したり、また一緒にお出かけしたりと、頻繁に行き来させてもらっている。
となると、やっぱり今年の締め括りは是非Usagi家と共に!ということで、一緒に年越し夕飯をすることに。
Usagi家の大晦日の伝統(ちょっとオーバー?)はラクレットということなのだけれど、うちはクリスマスにやったばかり・・・。
申し訳ないけれどラクレットはちょっと遠慮させていただいて、でもテーブル料理でワイワイやろうというアイデアでオイル・フォンデュに。

夕方6時半頃にうちにお越しいただき、まずはアペリティフで私達の出会いに乾杯。
e0112086_22364337.jpg

そしてドイツのSilvester:ジルベスター(大晦日)のお約束”Dinner for One”を観る。
1963年制作の20分ばかりのコメディー・スケッチ。
この中のお決まりのセリフ”The same procedure as every year.”というのは、ドイツでは色んなところでギャグや冗談にも使われるほどポピュラー。
ぺーさん曰く”これを観ないと年を越せない”らしい。
で、私達は”Dinner for Four”。

フォンデュの前にちょっとばかり前菜を。
まずは鮪のタルタル
e0112086_22371767.jpg
湯浅のお醤油を少~したらし、山葵と浅葱の刻んだので和えて。

そしてドイツで初めて買ってみた牡蠣。
e0112086_2237388.jpg
フランスから直輸入の生食用。
12月27日にパックされていて、お店のおじちゃん曰く賞味期間は10日間らしいけれど、やっぱり怖いので一応火を入れた調理法で三様に。
まずはハーブ風味オイル漬け
e0112086_22382290.jpg
これは前日に漬け込んでおいた。
次はグラタン
e0112086_2238443.jpg
ホワイトソースが重くならないように気を付けて。
最後はフライ
e0112086_22402989.jpg
パン粉もこだわってふわふわの白パンをフードプロセッサーにかけた作りたてで。
Usagihuetteさんも「衣のさくさくが美味しい。」と言ってくださって、私、感激。

さあこの後、お鍋や揚げネタをテーブル一杯に並べて、フォンデュの準備。
まずは薬味ソース類から。
e0112086_2241572.jpg
味噌胡麻、香菜マヨネーズ、甘辛醤油だれの三種と、塩も蘭塩、黒塩、紫蘇塩と三種類。
さらに白・黒・赤胡椒をミックスして挽いたものとコリアンダー・クミン等をローストして挽いたオリエンタルなスパイスミックスも準備。
e0112086_22414098.jpg
野菜はロメスコ(カリフラワーとブロッコリーの合いの子みたいな野菜。日本でもロメスコと呼ぶらしい)、芽キャベツ、ブラウンマッシュルーム、ベイビー・コーン、蓮根、芽玉葱、ニンニク。
さらに紫とピンクのじゃがいもも別の器に。
e0112086_22421783.jpg
箸休めにかじる生野菜。

そして魚貝類から始める。
e0112086_22424489.jpg
最初油の温度がちょっとたりなかったのか、シュワシュワが弱いかな・・・。
e0112086_22431158.jpg
でもだんだん調子にのってきて次々とネタを放り込む。
e0112086_22434282.jpg
こんなプリプリ帆立。
e0112086_2256576.jpg
紫蘇塩で美味。
海老の頭は別途塩焼きにして。
e0112086_2244939.jpg
鮪もさっと揚げるだけ。
たたき状態で十分。

そして次はお肉。
e0112086_22443240.jpg
トルコ市場のラムにアルゼンチン産牛。
ワインまでアルゼンチンの赤を選んで楽しみにしていたのに・・・、最初食べたぺーさんが「うん・・・?、このお肉なんか変だ!」
真空パックでアルゼンチンから冷蔵輸送されてくるこのお肉。
信頼おけるお店で買ったものなのに傷んでいるみたい。
見た目はきれいな赤色してて、程よく脂身もあってすご~く美味しそうなのに・・・。
残念。
何よりもUsagi家に申し訳ない・・・。
すぐに牛肉は下げてラムだけでフォンデュを続ける。
e0112086_22453946.jpg
ハイライトになるはずだったアルゼンチン牛がダメになってしまってフォンデュの満足度半減・・・。

でも気を取り直してテーブルを片付けデザート。
洋梨のキャラメリゼと山羊チーズのオーブン焼きとプラリネ二種
e0112086_22464092.jpg
プラリネにはシナモンやジンジャー・パウダーを練りこみスパイシーにしながらも、いちごの砂糖漬けを細かく刻んで混ぜてあるので甘酸っぱい風味も口に広がる・・・はず。

そしてUsagi氏がいらっしゃればお約束のサイフォン・コーヒー。
e0112086_224711100.jpg
もう既に”勝手知ったる・・・”で、私が戸棚からサイフォンを取り出すと後はUsagi氏がてきぱきとコーヒーをたててくださる。

そしてそろそろ2007年も大詰め。
e0112086_22474325.jpg
形だけだけれど一応お蕎麦も食べてカウントダウン!。
明けましておめでとうございま~す。
今回は12時の鐘の音に合わせて12個の葡萄を食べるというスペインの習慣をUsagi家にもご一緒していただいた。
e0112086_2249271.jpg
スペイン人は皮も種も全部食べてしまうのだけれど、私は出来ないので種無し葡萄を買ってきて、12時になる前にちゃんと12個皮をむいて準備する。
テレビではライブでブランデンブルグ門のニュー・イヤー・パーティーと花火の様子が流れ、ご近所でも打ち上げ花火がバンバン上がっている。
ベランダに出てそれを眺めながら、私達はこんな花火で盛り上がった。
e0112086_22501184.jpg

[PR]

by sandonomeshi | 2007-12-31 23:59 | 夕飯 Abendessen
2007年 12月 30日

暮も押し迫り・・・ am Ende des Jahres

なぜだか年末って何となくバタバタと気忙しい。
ので、ありあわせで手間のかからない夕飯。

サムゲタン
e0112086_6414339.jpg
といってもお米を一緒に煮込んだチキンスープって感じ。
でもナツメ栗の甘露煮や松の実も入れて何となくそれっぽい味。
土鍋をテーブルに置いて直接お茶碗によそいながら熱々をいただく。
e0112086_642438.jpg

韓国風な味でたたきゴボウのナムルと・・・
e0112086_6424810.jpg
キャベツと胡瓜のセンチェをお供に。
e0112086_643928.jpg

デザートにはカンタループメロン(マスクメロンに似ている)を切ったんだけれど、写真を忘れてしまった・・・。
[PR]

by sandonomeshi | 2007-12-30 23:40 | 夕飯 Abendessen
2007年 12月 29日

近所の花火大会 kleine Feuerwerk-Show

IKEAから戻ったらぺーさんは息子君の買い物に付き合って近所のショッピングセンターへ。
その後息子君はうちによって夕飯を一緒に食べ、そのまま泊っていくことに。

今朝入ったばかりだというので買ってきた生食できる鮪のたたき
e0112086_6201592.jpg
生野菜も添えて醤油ベースのドレッシングで。

メインはポークの細切りグリル ジンジャー風味プラムソースで。
e0112086_6211060.jpg
このソースはジェイミー・オリバー君のレシピを参考に。
生姜の他にクローブやスターアニスも一緒に煮詰めてあって、なかなか美味しいソース。
息子君も美味しい美味しいと食べてくれた。

ワインはラインヘッセンのバイサー・ブルグンダー(ピノ・ブランのこと)。
e0112086_6213013.jpg
ぺーさんが若い頃よく飲んだ葡萄種らしいけれど、フルーティーで軽くて非常に飲みやすい。

e0112086_622191.jpg
食後に最後のシュトーレンを食べていたら外で花火の音が。
そういえば近所のショッピングセンターで今夜花火をあげるとか言ってた・・・。
3人して顔を見合わせうなづくと、コートを着こんで外へ飛び出した。
ほんの5分ほどであっという間だったけれど、それなりにきれいだった。
e0112086_6232084.jpg

[PR]

by sandonomeshi | 2007-12-29 23:17 | 夕飯 Abendessen
2007年 12月 29日

IKEAファミリーメンバー加入 in IKEA Family eingetreten

珍しくもペーさんの提案でIKEAにお買い物。
当然ぺーさんが買いたかった物以外にも戦勝品は数々。
中でもUsagihuetteさんお勧めのIKEAファミリーメンバーに登録したこと!。
そしてお昼時でもあったので早速メンバーの特典を利用すべくカフェ・レストランへ。

こちら私のチキンとサーモンの入ったピラフみたいなの。
e0112086_22354949.jpg
ミニサラダとデザート付き。
ぺーさんはチキンのグリル パスタ添え。(あら、ピンボケ!)
e0112086_2236229.jpg
私のピラフはちょっと塩がききすぎていてイマイチで残念。
でもチョコクリームは甘さ控え目でなかなか。
ペーさんのチキンはココナッツ風味のカレー味で、こちらはかなりいける。
でもデザート付ではなかったので、当然別途スウェーデン風チョコ&アーモンド・タルト(かな?)をお召し上がりに。
e0112086_22373838.jpg
コーヒーもフルオートマティックのコーヒーメーカーでカプチーノやカフェラッテetc.を選べる。
私はエスプレッソ・マキャートを。(写真では解らないね・・・)
[PR]

by sandonomeshi | 2007-12-29 22:32 | 外メシ ausser Haus
2007年 12月 28日

”口封じ” "Der Hungerstiller"

パウラと別れて少し買い物をした後、会社帰りのぺーさんに拾ってもらって帰宅。

出かける前時間がなくて、なんの準備も出来ていない。
とりあえず「お腹すいた~。」とうるさく言うぺーさんの口封じ。
e0112086_21582240.jpg
私はその間に、なんだか昼ごはんみたいな中華焼きそばを作る。
e0112086_21585496.jpg
昼間遊んできて手抜きの夕飯でごめんね~。
[PR]

by sandonomeshi | 2007-12-28 23:55 | 夕飯 Abendessen
2007年 12月 28日

ベルリン名物カリーブルスト Berliner Currywurst

午後から友人パウラとお茶。
ポツダム広場で待ち合わせソニー・センターへ。
クリスマス・マーケットがたっているセンターの中は観光客や家族連れで賑わっている。
今年のクリスマスツリーはLEGO。
e0112086_20501453.jpg
ちゃんとサンタさんもいる。
e0112086_20504176.jpg
このLEGOのツリーが窓越しに見えるカフェに陣取りほぼ3時間。
e0112086_20511748.jpg
パウラと会う時はぺーさんも一緒のことが多いんだけれど、今日は女同士で久しぶりにしゃべったな~。

ところでこのカフェ、なかなかシックな造りでちゃんと食事も出来るのだけれど、メニューになんとBerliner Currywurst:ベルリン名物カリーブルスト(焼いたソーセージにカレー風味のソースをかけたもの。街角のImbiss:屋台などで売っている)、12.50ユーロとある!。
e0112086_20514787.jpg
パウラ曰く、最近観光客の間で話題、人気になっているベルリンのカリーブルスト、色んなレストランでちょっとおしゃれに盛り付けて出しているらしい。
日本人的にはたこ焼きを1500円ほど払ってレストランで食べるって感じなんだけどな~・・・。
e0112086_20521585.jpg

[PR]

by sandonomeshi | 2007-12-28 18:47 | 外メシ ausser Haus
2007年 12月 27日

宴の後 nach den Bankett

三日間のクリスマスまかないを終えて、冷蔵庫にこまごまとした残り物が・・・。
そんなものを片付ける夕飯。
カナッペ三種
e0112086_18423845.jpg
奥から山羊チーズにローズマリー風味イチゴバルサミコソース。
右隣がゆで卵のマヨネーズ和え。
マスタードをきかせて。
そしてワカモレ。

メインは牛タンのシチュー
e0112086_18425959.jpg
数日前タンの塩焼きに少しだけ使った残りを香味野菜と一緒に煮込んでおいたのに、グリルした野菜類を加え赤ワインで風味を付けて仕上げた。
椎茸の香りがよい。

デザートはキャラメルクリームのプロフィトロール
e0112086_18431967.jpg
すりおろしたダーク・チョコレートをパラパラ。

ボトルが気に入って買ったフランスのテーブル・ワイン。
e0112086_18433938.jpg
タンにはちょっと軽すぎたかな。

デザートもしっかり食べたのに、いただき物のこんなのを摘みながら久しぶりにのんびりテレビなんか見ながら過ごす夜。
e0112086_1844142.jpg

[PR]

by sandonomeshi | 2007-12-27 23:40 | 夕飯 Abendessen
2007年 12月 26日

ティーアガルテンのカリヨン・コンサート Carillonkonzert in Tiergarten

昨日Tiergarten:ティーアガルテンを散歩していてぺーさんがキャッチした情報、カリヨンのライブ・クリスマスコンサートに行ってきた。(自動演奏はお昼の時間帯毎正時にあると思う)
e0112086_1504270.jpg
ティーアガルテンのはずれ、もうすぐそこがReichstag:連邦議事堂。
e0112086_151669.jpg
あいにくのお天気でお昼の2時ごろだというのにこんなに薄暗くて寒い・・・。
数年前にもピクニックを持ってこのカリヨンのライブ・コンサートに来たことがあったけれど、その時は暖かかった記憶があるから、イースター・コンサートだったのかもしれない。
最初のうちはちょっと離れたところのベンチに座って聴いていたんだけれど、じっとしているとだんだん寒くなってきたのでカリヨンの周りを歩き回る。

あんまり近くよりちょっと離れていた方がきれいに聴こえる。

コンサートの後、演奏者のJeffrey Bossin氏が塔の中を案内してくれた。
e0112086_17404763.jpg
塔の途中からの眺め、さっき座って聴いていたReichstag側の広場。
e0112086_17411481.jpg
ポツダム広場方面。
e0112086_17414472.jpg
一番大きい鐘の横でJeffrey氏の説明を聞く。

こちらは演奏室(かな?)に据えつけられた鍵盤。
e0112086_1742946.jpg
私も鍵盤を触らせてもらったのだけれど、低音の方はかなり重い。
e0112086_17424194.jpg
この真上の部分が天窓みたいになっていて、それを開けるとさらに小さな鐘がかかっているのが見える。
e0112086_17443742.jpg
そして実際に演奏をして見せてくれた。

ほとんどスポーツみたいな演奏。
かなり寒かったけれど、行った甲斐あった。

冷え切って帰ってきたら作り置きしてあったボルシチを早速温めて夕飯。
その間に人参とルコラのサラダをちゃちゃっと準備。
e0112086_174547100.jpg
ごく普通のフレンチドレッシングみたいいなので和えて、最後にパンプキンシードオイルをまわしかける。
トッピングはミックスシード。
ボルシチにはもちろんたっぷりスメタナ(ロシア版サワークリーム)をのせて。
e0112086_17462431.jpg

デザートはまだ残っているシュトーレン。
e0112086_17464813.jpg
ルイボスティーと。
[PR]

by sandonomeshi | 2007-12-26 23:43 | 夕飯 Abendessen
2007年 12月 25日

ラクレット Raclette

クリスマス・デイ。
ゆっくりの朝パンの後、みんなはTiergarten:ティーアガルテン(ベルリン中心部にある森)へお散歩に。
私は残って夕飯の準備。

ぺーさん方のファミリーにとってクリスマスと言えば鴨とラクレット。
ラクレットとは小さなフライパンみたいなのが付いているホットプレートで、野菜なんかの上にラクレットというチーズをのせグラタンみたいにしていただくテーブル料理。

テーブルのセットアップはこんな感じ。
e0112086_2149394.jpg
今日はペーさんの子供たちも一緒で8人とベイビー。
ところせましと焼きネタやチーズ類、ディップ・ソースなんかが並べられてデコどころじゃない。

チーズはラクレット以外にゴーダとモッツァレーラ。
e0112086_21501685.jpg
それにUsagi家お勧めのハルミチーズも。
上の鉄板で焼くお肉には韓国焼肉風牛、ローズマリー風味地中海風ラム、ヨーグルトマリネのタンドリ風チキン。
e0112086_21521242.jpg
あと海老をタイ・ハーブでマリネしたもの。
e0112086_21523813.jpg
こちらではKräuterseitlingと呼ばれているエリンギと椎茸も。
もちろん野菜もいろいろ。
e0112086_21533029.jpg
ディップ・ソースはアリオリ(ニンニク風味のマヨネーズみたい)、ロメスコ(アーモンドプードルで作るパプリカ風味のソース)、そしてツァツィキ(おろしたニンニクと胡瓜が入ったヨーグルトディップ)。
それぞれが自分のペースで自分の好きなものを組み合わせて焼く。
例えば茹でたじゃがいもとベーコンにモッツァレーラチーズ。
e0112086_21551425.jpg
こちらは玉葱、パプリカ、エリンギの上にラクレット。
e0112086_21553764.jpg
ハルミチーズも・・・
e0112086_2156068.jpg
ちょっと焼きすぎたかな?

お肉もチーズもきれいに平らげたら、お皿とナイフ・フォークを取り替えデザート・ラクレット。
ミニ・フライパンに小さなブリヌイ(ロシア風パンケーキ)をおき、その上にリンゴやブル-ベリーのコンポートやバナナをのせてシュトロイゼル(クランブル)をふりかけ焼く。
e0112086_21564438.jpg
焼きあがったらおろしチョコレートをふりかけて出来上がり。
e0112086_21576100.jpg
別途デザートを作る手間を省く為の苦肉のアイデアだったけれど、みんなに大受け。
残るくらいの方がいいと思って多めに作っておいたコンポートもブリヌイも足りなくて、最後は切ったリンゴをそのままパンにのせてシュトロイゼルと一緒に焼いたり・・・。
e0112086_21574856.jpg
日本のお鍋なんかもそうだけれど、テーブル料理ってみんなで楽しくていいよね。
[PR]

by sandonomeshi | 2007-12-25 23:48 | 夕飯 Abendessen
2007年 12月 24日

クリスマスイブ・ディナー Heiligabend-Dinner

イブの夜は6人。
ちょっと頑張ってコース・ディナーにしてみた。

カタルーニャ風ほうれん草とボルシチ風ビート芋のテリーヌ
e0112086_19531620.jpg
カタルーニャ風ほうれん草にはレーズンと松の実が入っていて、ボルシチはロシアの代表的なスープ。
二種類のテリーヌは上下に重ねずにお隣併せに置いたほうがそれぞれの味をそれぞれに楽しめたのに・・・とペーさんのコメント。
確かに・・・。
でも見た目は上下の方がきれいな気がするんだけれど。

ポルチーニ風味ビーフコンソメ
e0112086_19561643.jpg
もう一歩透明度が高いとよかったんだけれど・・・、まあこんなものかな。

そしてオレンジ風味鴨の森の幸詰めオーブン焼き
e0112086_2042369.jpg
皮はパリッと中のお肉はジューシー。
これはなかなか上手く焼けたかな。
e0112086_205294.jpg
ぺーさんが奮闘してみんなに切り分け。
e0112086_206349.jpg
詰め物はドライフルーツ、ナッツ、栗なんかがいろいろ入ったリゾット。

デザートはクリスマスカラー・タルト
e0112086_2064354.jpg
タルト台の生地には抹茶を加え、中はラズベリーとホワイトチョコのガナッシュ。
タルト台はちょっともろ過ぎたみたいで、ところどころひびが入ってしまった。
ベースはいつものレシピなんだけれど、抹茶のせいかな?それともちょっと焼が足りなかったかな? 

ワインはアルゼンチン、メンドーサのカべルネ・ソーヴィニヨンを最初に、鴨にはマルベックを。
[PR]

by sandonomeshi | 2007-12-24 23:51 | 夕飯 Abendessen