三度のメシより・・・ Sando no Meshi yori...

sandonomes.exblog.jp
ブログトップ

<   2007年 08月 ( 34 )   > この月の画像一覧


2007年 08月 31日

豪快な・・・ Lebendig...

なんでも今晩息子君がうちに来るらしいんだけれど、夕飯を一緒に食べるかどうかは土壇場までわからないらしい。
実はすでに二人のつもりで夕飯考えてあったんだけれど急遽変更。
もし息子君が来なくて残っても冷凍保存できるカレーにしよう。
どっちにしてもカレーは少しって作りにくいので、たいてい4~5人前ぐらいにしている。
ご飯も3人のつもりで炊いて。
結果、ちょっと遅くなるけれどうちで食べると連絡が入った。

土壇場で量の調整ができるサラダ
e0112086_1415778.jpg
ヨーグルトドレッシングで。

そして豪快チキンカレー
e0112086_1423830.jpg
もも肉のぶつ切りで豪快にってことで。

ところで・・・私はてっきり冷凍保存できるものと思っていたのに、カレーきれいに平らげてしまった。
・・・いいんだけどね。

デザートもバナナを1本増やして・・・
ラム酒風味バナナのキャラメル焼き チョコトッピング
e0112086_1441772.jpg
はぁ~、よく食べてくれた。
[PR]

by sandonomeshi | 2007-08-31 23:39 | 夕飯 Abendessen
2007年 08月 30日

一人メシの楽しみ der Genuß beim allein Essen

久しぶりに自転車を出して買い物に出た。
いいお天気だけれど既に空気はひんやり。
爽やかなな秋晴れというところ。
長袖のコットンセーターにウインドブレーカーを着こんで出かける。

土曜日にお客さんがあるので、その為の買出しをアジア・スーパーで。
で、近所の市場の魚屋さんにも寄って土曜日用にDorade Rose(鯛に似ている)を注文。
明日入るのを取って置いてくれるとのこと。

ところで今日もぺーさん外メシ。
冷蔵庫のあり合わせでカリフラワーとベーコンの白ワイン炒め煮
e0112086_15285161.jpg

それから土曜日用に買ってきた長芋のオリーブオイルオイル焼き
e0112086_15302286.jpg
シンプルに塩コショウだけで。
シャキシャキの食感がおもしろい。

そしてぺーさんのいない間にやってみたかったこと。
かま茶漬け
e0112086_1532054.jpg
数日前にグリルにしたスズキのかまを塩焼きして取っておいたのだ。
今日はもう一度オーブントースターで温めてご飯の上にのっけお茶をかける。
こういうのあんまり好きじゃない方にはちょっとグロテスクかと思い、写真はかまなしバージョンにした。
かま焼きとかかま煮とかにできるほどでもないけれど、それでも40cmぐらいはあったスズキで、でもちゃんと頬の部分とか額の部分の身もお箸でホジホジしてきれいにいただいた。
因みにかまのっけバージョンは

こちら。
[PR]

by sandonomeshi | 2007-08-30 23:25 | 夕飯 Abendessen
2007年 08月 29日

体は正直 Der Körper weiß es 

かなり久々のジム。
ウォーミングアップの自転車漕ぎで既に太腿のあたりが反応している・・・。
マシンもいつも通りの重量にセットしたけれど、なんか重い感じ。
でも帰りは肩のあたりが軽くなったようですっきり。

ジムに行った日はササッと20分で夕ご飯。
昼の間に作っておいたスープを温め、パスタを茹でている間にソースを作って、できあがり。

パンプキンスープ モッツァレーラパン添え
e0112086_15393587.jpg
クルトンの代わりに、日曜日に焼いたズッキーニと山羊チーズのパンにモッツァレーレチーズを載せてオーブントースターでパリッと焼いて添えてみた。
仕上げにパンプキンシードオイルをデコ風にかけて。

マンゴールド(うまい菜)とブラッドソーセージのリングイネ カタルーニャ風
e0112086_1542789.jpg
レーズンと松の実を入れてカタルーニャ風に。
ほうれん草と組み合わせるのがカタルーニャのオリジナルだけれど、今日は冷蔵庫に残っていたマンゴールドで。

そしてデザートはぺーさんが懇願するので買ってきた・・・棒付きアーモンドチョココーティングバニラアイス!。
e0112086_15413248.jpg
「一応これも写真取るんだから・・・」と言った時点にはぺーさんすでにかぶりつき。
[PR]

by sandonomeshi | 2007-08-29 23:37 | 夕飯 Abendessen
2007年 08月 28日

本当に大丈夫? Wirklich sicher?

6月29日だった、家具を配達してもらったら傷があったり云々で取り替えてもらうという話を書いたのは。
やっと今日落ち着いた。
こんなに時間がかかったのは私達が休暇で留守してたってこともあったけれど、実はとんでもないことが起こったから。

まず取り替えるパーツが揃って組み立て直しに来てくれたのが8月7日。
休暇出発の2日前。
一応すでに組み立ててあったものを分解し、パーツを取り替えて組み立て直す。
お兄ちゃんたちが帰って行った後、念願の新しい家具をしみじみ眺めていたら、なんか変。
吊り棚がちょっと傾いてる感じがする。
すぐサービスセンターに電話してもう一度来てもらうように頼んだけれど、いつこれるかスケジュールを確認して明日返事するとのこと。

翌日電話を待ちながらぺーさんが作業の時の手垢汚れなんかを磨いていたら・・・ガクッと吊り棚が傾いたかと思ったらズドンと下のサイドボードの上に落ちた!!!
もちろんサイドボード上面のガラスボードは割れる、壁に貼り付けてある鏡にはひびが入る、当然吊り棚の下面の板も傷がついているだろう。
幸いにも側にいたぺーさん、手にかすり傷だけですんだけど・・・。
ぶるるっ、下手したら大怪我になってたかもと思うと寒気がする。

速攻もう一度サービスセンターに電話し状況を話したら、30分で組み立てサービス課の課長とかいう人がやって来た。
一応「Tut mir leid.(I am sorryみたいな感じ)」とは言ったけれど、「傷がついたり破損したパーツを取り変えます。」と写真を撮って帰っていった・・・。

こんなもんなのね。
もし私達が傾いていることに気が付かず、食器とかしまった後に落ちてたら・・・弁償してもらえたんだろうか・・・?
ほんとにプロを信用できない世の中だわ!
今日のお兄ちゃん達はそういうヒストリーを聞かされて来たらしく、対応も丁重で作業も丁寧。
「これだけしっかり固定したのでもう大丈夫。」というようなことを説明してくれた。
これで本当に大丈夫よね?

さて、夕飯。
なんとなくグラシュ(煮込み料理)でも作ろうかなと思うのは、既に空気が秋の香だから?
ラム肉に香味野菜と3色ピーマンを入れて煮込んでみた。
ラムのグラシュ ワインパスタ添え
e0112086_1547026.jpg
ワインパスタは赤ワインを練りこんだという市販の乾燥パスタ。

それにあの美味しいトルコ産胡瓜のヨーグルトサラダを。
e0112086_15474711.jpg
ニンニクを程よく効かせディルで香りを。

デザートはこの間2つ多めに焼いておいたチョコレートタルトを使って。
今日は洋梨のコンポートを上に載せて洋梨のチョコタルトに。
e0112086_1549287.jpg

[PR]

by sandonomeshi | 2007-08-28 23:42 | 夕飯 Abendessen
2007年 08月 27日

止められない止まらない Sultaninen-Suchtige

どうしてだかこのところ和風味が恋しくて仕方がない。
今日はこんな感じ。
e0112086_1923551.jpg

メインには鶏もものこんがり焼き 南蛮タレ 生野菜添え
e0112086_193823.jpg
野菜はタレと一緒にサラダ感覚でいただける。
あと千切り大根のたいたん(煮物)とか・・・
e0112086_194360.jpg
サヤインゲンの酢味噌和え・・・
e0112086_1944088.jpg
とおばんざいの定番を。
香の物はトルコ胡瓜と大根の糠漬け
e0112086_1951053.jpg
何度も言うようだけれどこのトルコ胡瓜、こんな歪なヤツばっかりだけれど美味しいんだよね。
e0112086_1953567.jpg

食後は葡萄。
e0112086_19611.jpg
これもやっぱりトルコ産のスタニエという種の葡萄。洗うとポロポロ房から落ちてしまう。
種無しなのは改良したからかもしれないけれど、小粒でレーズンにちょっと近いような濃厚な味がする。
食べ始めたら止められない止まらないなのだ。
[PR]

by sandonomeshi | 2007-08-27 23:01 | 夕飯 Abendessen
2007年 08月 26日

地球の裏から aus der anderen Seite der Welt

ぺーさんの会社の人、でも仕事抜きで親しくしているCさんが出張でブラジルからやってきた。
いつも思いっきりタイトなスケジュールなのだけれど、たいてい何とか時間を見つけてうちにご飯を食べに来てくれる。
さて、今日は何にしようか・・・。
彼は既にもう何度も来てくれている人の一人だから、以前に食べてもらったものが重ならないように私のおさんどん記録Excelシートをチェックする。
そろそろ季節も秋の足音が・・・という感じなので、そんなイメージで献立してみた。

でもまずはスペインで買ってきたロンガニサ(サラミのような腸詰類の一種)半熟成のマンチェゴチーズ、そしてトルコ市場で買ってくる我が家お気に入りの緑と黒のオリーブでビールを開けてベランダでピカピカ(おつまみ)。
e0112086_15394557.jpg
おつまみがなくなったら、サンルームにセットしたテーブルに移動してもらう。
e0112086_154098.jpg


最初は無花果とイベリコ豚のロモ(ロース肉で作ったハム)のサラダ ハニーレモンドレッシング
e0112086_15404879.jpg
白いのはモッツァレーラチーズ。
これ実はジェイミー君が言うところの”セクシーなサラダ”のレシピを参考に。
彼はパルマハムを使っている。
e0112086_15414142.jpg
ココナッツスープ 海老のピンチョ(串)添え
魚のガラや海老の殻、タイのハーブや香辛料を使ってとったストックをベースに。
奥行きのある味が出たと思うのだけれど・・・。
e0112086_1542449.jpg
Hokaido(北海道)かぼちゃのニョッキ セップス(ポルチーニ)とパセリのバターソース トリュフ風味
残念ながらフレッシュなセップスが手に入らず、冷凍保存していたもので誤魔化す。
仕上げにトリュフオイルで風味をつける。
e0112086_15423352.jpg
黄色野苺のシャーベット
ベランダの野苺を自家製の苺リキュールでマリネし冷凍。
e0112086_15434588.jpg
スズキのグリル 2色マンゴールドリゾットのベット
マンゴールドとは日本で言う不断草のこと。私達はうまい菜と呼んでいる。
どこでも手に入るわけではないけれど、こちらではこんなきれいな色のうまい菜がある。
e0112086_15522047.jpg
近所の市場で農家のお姉ちゃんが売っていたのを見つけて買ってきた。
ニンニクを効かせて炒め煮するだけでも美味な野菜。

そして今日はちょっと頑張ってパンも焼いてみた。
e0112086_15443375.jpg
これもジェイミー君のレシピでタイムの風味ズッキーニと山羊チーズのパン

テーブルをきれいにしてさて、デザート。
チョコレートタルトと洋梨のクリーミー白ワイン煮 コリアンダー風味
e0112086_15453346.jpg
今回カカオ入りのタルト地にしてみた。
チョコ色とホイップクリームの白のコントラストが狙いだったんだけれど・・・。

仕上げはカモミールとレモングラスのハーブティーで。
e0112086_15465014.jpg
サンパウロから今日お昼に着いたばかりの彼はかなりお疲れ。
でも今回も来てもらえてよかった。
時差ぼけなどなく今夜はゆっくり休めますように。
e0112086_15565727.jpg

Gracias, por el ramo de flores. Hasta la proxima!
[PR]

by sandonomeshi | 2007-08-26 23:37 | 夕飯 Abendessen
2007年 08月 25日

”お客様は神様”ではないけれど・・・ "Kunde ist König" stimmt nicht ganz aber... 

夕方官庁開放イベントの帰り、Usagi家もご一緒にフリードリッヒ通りとシュプレー川が交わる角にあるテラスでぺーさんと落ち合う。
ビールの人とコルタード(ミルク入りエスプレッソコーヒー)の人と、どちらも泡はお揃い。
e0112086_46137.jpg
官庁のイベントのせいか、いずれにしても土曜日で観光客が多いのか、フリードリッヒ通りを行き交う人を眺めながら一時おしゃべり。
日が暮れ始め、テラスでは肌寒くなってきたのでUsagi家はおうちへ、私達はこのタパス・バーの店内、窓際に席を取り今日の夕飯は外メシ。

私事ながら先週お義母さんの誕生日パーティー云々でバタバタしていた日、実は私達が出会ってから丁度十年目の記念日だった。
まあちょっと遅れたけれど何か特別なことをしようと外メシに選んだのがこのタパス・バー。
実はこのタパス・バーのはいっているホテル、私達が出会った場所に由縁がある。
しかも出会ったその日に食べていたのがタパス。
そんな訳でタパスでキャンドル・ディナー(?!)。

ここ、オーソドックスなタパス・アイテムはもちろんのこと、チンチョスというバスク地方のおつまみ、そしてクリエイティブなオリジナル一品料理等でメニューはかなり充実している。
私達はまずピンチョスのアソートをたのんだ。
e0112086_48392.jpg
シリアルパンを使ったり、盛り付けもオリジナリティーを出してはいるけれど、ドイツで一般的に手に入る素材を使いまわしている感は拭いきれない。
でもお味の方は悪くない。
比較的厚めに切ってあったパンのおかげで(せいで?)結構お腹にたまる。

更にタパスを数種類・・・などと思っていたけれど、そんなに食べられそうにないので、このまま一品料理へ。
私の牛フィレステーキ ソブラサダ(マヨルカ産ソーセージ)のピュレとエシャロット添え。
e0112086_495457.jpg
コレはなかなか。
お肉も柔らかく程良く焼いてあるし、ややもすればかなり濃厚なきつい味になりがちのソブラサダもうまくソース風のマイルドなピュレに仕立ててある。
更にエシャロットも多分オーブンでじっくり蒸し焼きにしたんだと思われるけれど、甘みたっぷりで口の中でとろけるよう。

こちらはぺーさんの子羊のもも肉の煮込み オリーブのエスプマ(ふんわりしたムース状)添え。
e0112086_4162682.jpg
これもお肉はバターのように柔らかく、ソース代わりになるオリーブのエスプマも良い。

そしてワインはこちら。
e0112086_4183987.jpg
ワインリストに聞き覚えのあるのがなかったので、無難にD.O.Ribera del Duero:リベラ・デル・ドゥエロ産を選ぶ。

さて、デザート。
私はオーソドックスにクレマ・カタラナ。
e0112086_4191975.jpg
で、クレマ・カタラナはこうでなくちゃ!という味がした。
ただし本場のよりも甘みは抑えてあって、それがまた私には良かったのだけれど。

ぺーさんはTorrijas:トリーハスと呼ばれるフレンチトーストのようなもの。
e0112086_4203734.jpg
パンもふわふわだし、一口目はバターの風味が口に広がって美味しいのだけれど、食べすすむとややしつこいかもしれない。

そんな訳で食事はかなり満足度が高かったのだけれど、実はちょっとしたハプニングがあった。
Usagi家とまだテラスでおしゃべりしていた時、ビールの後私は赤のグラスワインをたのんだのだけれど、これが全くのハズレ。
たまに安定食屋で出てくるグラスワインのようで、完全に翌朝頭痛モノ、という感じ。
それでももったいない症の私はチビチビ飲んでいたのだけれど、ぺーさんがウエイターにさげるように言ってくれた。
因みにと思い「銘柄は何?」と聞いてみたけれど知らない名前だった。
まあ、安ワインだったならしょうがないか・・・とそのまま気にせずに食事を済ませた。
ところがお会計をしてみたらこの飲めないグラスワインが8.5ユーロもしている。
いくらなんでもタパス・バーのグラスワインの値段じゃない!
たまたまウエイターがさげなかったメニューを見直してみると、この店にはいわゆるハウスワインのグラス売りというのがなく、いくつかの銘柄ワインをグラス売りしていた。
そしてお会計に記されているこの8.5ユーロのワインはその中で一番お高いものだった。
ちょっと良心的ではないと思いウエイターに「どうしてグラスワインは何種類かありますがどれにしますか?とでも聞いてくれなかったんですか?」と言ったら、「このワインが一番売れ筋だからです。ドイツ人はみんなこのワインが好きです。」との返事。
大人気ないとも思ったけれど思わず「私はドイツ人ではないんですけれど・・・。」と言ってしまった。
別にお会計を誤魔化されたわけでもないし(でも本当にあのワインがお会計に記載されていた銘柄だったのかどうか証明の手立てがない)目くじら立てることもないのだけれど、こういうサービス精神、とっても残念。
[PR]

by sandonomeshi | 2007-08-25 23:59 | 外メシ ausser Haus
2007年 08月 25日

野外イベントの付き物 bei der Freiluftveranstaltung 

Usagi家に年に一度の省庁開放イベントツアーのお誘いを受けた。
去年のUsagihuetteさんのブログを読んで「おもしろそう、行ってみたいな」と思っていたので、僭越ながらご夫婦の年中行事にひっつき虫してきた。

まずは政府のプレスセンター前。
e0112086_16361064.jpg
”オープンドアー・デイ 2007年8月25、26日”
その前には首相メルケルはじめ各省の大臣の顔写真と省庁舎の写真が。
e0112086_16363728.jpg

そして次に向かったのは通称”洗濯機”の首相官邸。
e0112086_1637840.jpg
建物がなんとなくヨーロッパでは主流のフロント式全自動洗濯機に似ている、ということらしい。
手荷物を預けセキュリティー・チェックを受けいよいよ中へ。
玄関前には首相専用車が待機&展示。
e0112086_16373939.jpg
なるほど、聞きしに勝る重装備。
それにしてもどうしてアウディなんだろう?
因みにこちらは首相公園(普段は一般人立ち入り禁止の公園。ヘリポートがある)で公開されていた首相専用ヘリコプター。
e0112086_16381385.jpg

中に入って玄関ホールから2階に上がると、テレビでよく見る首相記者会見会場。
e0112086_16385940.jpg
階段ホールからReichstag:連邦議事堂をショット。
e0112086_16392691.jpg

そして芝生が青々とした中庭には、あのG8の集合写真でおなじみのビーチ・チェアー。
e0112086_1647491.jpg
端っこの阿部首相の位置にUsagihuetteさんとかわるがわる座って記念写真。
でもこの席順って国際プロトコルとかなんかで決まっているんでしょうけれど、一体何が根拠なのかしら?。
e0112086_16474430.jpg


Usagihuetteさんがキャッチした情報ではそろそろアンジー(メルケル首相の愛称)が現れるはずと、ドイツの野外イベントでは付き物のBratwurst:焼きソーセージなどで腹ごしらえをしながら待つこと暫し。
e0112086_16401864.jpg

とうとう現れました、首相公園で催されていたクラシックコンサートの閉めに!
e0112086_16405368.jpg
そして舞台を降り退場する道すがら、私達がいたすぐ側を・・・。
e0112086_16412025.jpg
生アン(生のアンゲラ・メルケル略)を至近距離で観察(?)。
そんな訳で省庁開放イベント最大の目的達成。

その後回った防衛省では衛星から撮ったベルリンの鳥瞰写真もゲットし、息子君の少年サッカーの試合に付き合っていてこれなかったぺーさんへのお土産に。
e0112086_1642456.jpg
ホント、Usagi家のおかげで楽しい一日を過ごさせていただきました。
ありがとうございました。
[PR]

by sandonomeshi | 2007-08-25 23:25 | 外メシ ausser Haus
2007年 08月 24日

ささやかな充実感 eine kleine Zufriedenheit

ぺーター外食:ぺーさん外食日。

夕べの残り、既にポークリブなし、野菜だけの煮物を一人で片付けた。
温めなおしは更に味がしみて美味しかったし、煮汁もたっぷりあってスープと煮物の2品食べた気になった。
一人メシのささやかな充実感。

ぺーさんがいないとデザートなしのことがほとんどだけれど、今日はなんとなく甘いものが食べたくて、冷凍してあったおはぎを解凍してみた。
e0112086_2114755.jpg
黒胡麻まぶしと桜風味。
桜風味はもち米に塩漬けの桜の花を刻んで混ぜ込んである。
何時ぞやどこかで一度にたくさん作ったおはぎは冷凍保存できると言うのを読んでやってみた。
なんとなくちょっと柔らかくなってるような気がしないでもないけれど、もちもち感とか胡麻や桜の風味もちゃんと残っていてお味の方はさして問題ないみたい。
久々に玄米茶など入れてみた。
[PR]

by sandonomeshi | 2007-08-24 23:59 | おやつ Zwischenmahlzeit
2007年 08月 23日

たかが芋、されど・・・ einfach nur Kartoffeln, aber...

なんとなく和風モードになっている。

こちらでHokaido(北海道)と呼ばれているきれいなオレンジ色の皮の新かぼちゃが出ていたので買ってきた。
カラフルな他の野菜も一緒に野菜の素揚げサラダ
e0112086_1524261.jpg
ドレッシングには作り置きの紫蘇塩を使い、薄口醤油も少々、ノンオイルに。

ポークスペアリブと野菜のあっさり煮
e0112086_15243784.jpg
スペアリブは一旦焼き付けた後お湯をかけて脂を落としてから野菜と一緒にかつお昆布だし(出汁の素を使用)で煮た。
味付けは酒・味醂・岩塩。
たっぷり目にした煮汁が、それだけでスープとして一品にできるくらい美味しい。

ところでここに使ったジャガイモ、多分スペインで食べてすご~く美味しかったのと同じ品種だと思われるものを買ってきた。
e0112086_15253227.jpg
フランス産のこのジャガイモChairという品種らしく、今ネットで調べてみたら日本でレッドムーンと呼ばれているのに似ているみたい。
そう、メークインがほんのり色づいたって感じ。
ところが期待はずれ。
まずくはないけれどスーパーで一番安いジャガイモ買ってもこのくらいは美味しいって程度。
ぺーさんは料理法が違うからでは?と言うのだけれど、本当に美味しいおイモなら揚げたって煮たって美味しいはず。
う~ん、あのお芋、なんだったんだろう・・・?

あっ、そうそう、夕飯の方はあとカリフラワーの甘酢漬け
e0112086_15262265.jpg

今日はいつもより夕飯の時間がちょっと早くて、食事が終わってもまだ外が明るい。
ぺーさんが「ちょっと散歩しよう。」と提案。
ほんの半時間ほど家の近くをグルーッと一回り。

戻ってきてからデザート。
洋梨の白ワインコンポート コリアンダー風味
e0112086_15283324.jpg

[PR]

by sandonomeshi | 2007-08-23 23:20 | 夕飯 Abendessen