三度のメシより・・・ Sando no Meshi yori...

sandonomes.exblog.jp
ブログトップ

2012年 04月 05日 ( 1 )


2012年 04月 05日

女二人の夕べ ein Frauen Abend

3月10日(土)

今週ベルリンでは旅行業界の大きな見本市ITBが開催されていて、ハンブルグ観光協会に勤める友人ジルケが今年もやってきた。
金曜日まで出張扱いで見本市会場に詰めてたんだけど、金曜日の夜からはうちに泊まってベルリンの週末。
ちょうどうちの近くで日本の東北大震災へのチャリティー・コンサートがあるっていうのを偶然知って、一緒に行くことに。
コンサートはフルートとピアノのデュオでどちらも日本人女性の演奏。
3月11日にちなんでベルリンでも色んなチャリティイベントが催されてるみたい。
夜8時からだったので先に夕飯を済ませてから出かけようと、まずは前菜のほうれん草とリコッタチーズのカネローネ/b>。
e0112086_1623634.jpg
この間ラムミンチで作って「カネローネっていうのもちょっと目先変わってたまには良いね。」と思ってたんだけど、ジルケはベジタリアンなのでほうれん草とリコッタを詰めてみた。
オーブン皿が大きくて、二人には多過ぎるけど、残りは私の明日のお昼にと計算の上。
e0112086_16232751.jpg
ところがカネローニが焼き上がった時点で7時過ぎ。
メインのサーモンと野菜のレーメルトプフ焼きを食べてる時間がない。
e0112086_16234915.jpg
取りあえずカネローニだけ食べて、オーブンの火は落として、そのままオーブンの中に置いたままコンサートへ。

コンサートの内容は、まずベートーベンのピアノとフルートのためのセレナーデニ長調作品41,
シャルル=マリエ・ヴィドールのフルートとピアノのための組曲作品34、シューベルトの“美しき水車小屋の娘”のバリエーション、そしてビゼーの“カルメン”からピアノとフルートのためにアレンジしたスイート。
ベートーベンやヴィドールは聴き慣れないメロディな上、堅い壁に音が反響しててちょっと残念だったけど、休憩の後席を変わったら音響効果も良くなって特に”カルメン”のアレンジ版はなかなか興味深くて聴き応えあった。
私もそうだったけどジルケもピアノとフルートのデュオの生演奏って初めてだったらしく、新鮮で良かったと喜んでもらえて誘った甲斐あり。

2時間程のコンサートが終わって帰ってきたら、レーメルトプフはまだ熱々。
e0112086_16242820.jpg
改めてテーブルに着いてメインディッシュを。
ほんとは白身のお魚で作りたかったんだけど、買いものに行ったお魚屋さんに良い白身魚がなくてサーモンで手を打ったんだけど、白ワインとレモン汁効果であっさりし上がって良かった。
e0112086_16244346.jpg


見本市に来ていたスイス人の知り合いからのいただきものだけどとジルケにもらったスイスチョコをつまみながら、ペーさんは今日から出張で留守なもんだからガールズトークに花が咲く。
e0112086_1629861.jpg

[PR]

by sandonomeshi | 2012-04-05 07:39 | 夕飯 Abendessen