三度のメシより・・・ Sando no Meshi yori...

sandonomes.exblog.jp
ブログトップ
2009年 02月 04日

ロシアからスペインへ von Russland nach Spanien

一時の寒さは緩んだものの、やっぱり日中の最高気温は4、5度のベルリン。
まだこういう料理が食べたくなる。
e0112086_1640873.jpg
ボルシチ風シチュー
ロシア料理として知られたボルシチってスープなんだけれど、ちょっと水分を控えてシチュー仕立てにしてメインでいただくのが気に入っている。
もちろんスメタナ(ロシア版サワークリーム)をたっぷり添えて。
e0112086_16403384.jpg
トッピングは刻みパセリなんだけれど、本当はディルが美味しい。
でもぺーさんが好きじゃないので仕方ない・・・。

実際ボルシチってロシアでもホントにポピュラーな料理で、だから故レストランでもご家庭でもそれぞれの味があって、レシピもいろいろ。
私といえば当時(ロシアに住んでいた頃)某ロシア専門旅行代理店のメルマガに紹介されていたレシピがお気に入りで、多少アレンジしながらもずっと使っている。

ロシアつながりで前菜にはポテトサラダ
e0112086_16413220.jpg
ロシアでは色んな茹で野菜などをマヨネーズやスメタナで和えたサラダも定番。
ポテトサラダもその一つ。

ところでスペインでは、日本で言うところのこのポテトサラダをロシア風和えサラダ(ensaladilla rusa)と呼ぶ。
新鮮な緑黄野菜が豊富で、サラダといえばオリーブオイルとワインビネガーに塩胡椒のスペインでは、茹でた野菜のサラダなんてロシア人がやること・・・ってとこなんだろうか・・・。

とか説明してデザートへとつなぐ・・・。
フラン・ロヤル(Flan Royal)。
e0112086_16422374.jpg
フランとはスペイン語でプリンのこと。
ロヤルはスペインの大手メーカーの名前で、日本で言えばハウス・プリンってとこ。
これがペーさんの大好物。
スペインに住んでいた子供の頃にお母さんがよく作ってくれたらしい。
当時はインスタント・プリンといえばこのロヤルぐらいしかなかったんだろうけれど、今でもぺーさんにとっては”プリンはロヤル”。




いまだにこんなことする。
e0112086_16441390.jpg

[PR]

by sandonomeshi | 2009-02-04 23:35 | 夕飯 Abendessen


<< 餃子の皮 Jiaozi-Teig      ”おかえりなさい” "... >>