三度のメシより・・・ Sando no Meshi yori...

sandonomes.exblog.jp
ブログトップ
2008年 07月 17日

青リンゴリキュール Saurerapfelkorn

今日もOranienburg:オラニエンブルグ(ベルリン郊外の町)の陶芸の先生のところへ。
新しく土を捏ねて38cm四方の大皿を成形。
でも先生は明日から夏休みに入るので釉薬をかけるのは9月になりそう。

さて、一人の夕飯。
あまりにも美味しかったのでまた買ってきたナツメヤシトマトがあるし、一昨日のアボガドの半分も残っているし・・・。
かといってまたオリーブオイル和えじゃつまらないし・・・と思いついたのがネンチェ
e0112086_6401337.jpg
要は韓国風におろしニンニク、醤油、お酢、胡麻油を混ぜたタレをかけてすりゴマをパラパラ。
これがイケる。
アボガドってトロピカルでエキゾチックなヤツなのにオールマイティーね。

で、これは副菜でメインは豚の生姜焼き
e0112086_640363.jpg
添えてあるキャベツの千切りに混ざっているのは紫キャベツではなくラディキオ。

あとは白菜と胡瓜の即席漬け
e0112086_6405837.jpg
ご飯が美味しいおかず。
e0112086_6412530.jpg


ご飯を済ませて暫し、なんか甘いものが欲しいな~と思うけれどお腹は結構いっぱい。
こういう時にはこれ。
e0112086_6415754.jpg
Berentzen:ベレンツェンの青りんごコルン(小麦の蒸留酒)。
ドイツでは有名なメーカー。
もともと普通の赤いりんごのリキュールだけだったのが(だと思う)最近は色んな果物のが出ている。

むかしスペインの大衆レストランなんかで食後のリキュールをご馳走してくれるっていう良き時代があったのだけれど(今でもあるかな、そんなところ?)、その定番が桃のリキュールか青りんごのリキュール。
桃も美味しいのだけれどちょっと甘すぎる嫌いがあったので、私はもっぱら「Manzana verde:青りんご!」とお願いしていた。
それを髣髴させるベレンツェンの青りんごコルン。
グラスは冷凍庫、コルンは冷蔵庫でしっかり冷やしたのが美味しい。
[PR]

by sandonomeshi | 2008-07-17 23:37 | 夕飯 Abendessen


<< 天麩羅!Tempura!      ドイツのカフェ風サラダ Sal... >>