三度のメシより・・・ Sando no Meshi yori...

sandonomes.exblog.jp
ブログトップ
2008年 06月 02日

お別れガラ・ディナー Abschieds-Gala-Abendessen

 
4月3日 


船に戻ってきてちょっとお遊び。
私一人先にキャビンに戻って、まだ桟橋にいるぺーさんをショット。
e0112086_22333096.jpg
そしてぺーさんが桟橋から撮ったショット。
e0112086_22335252.jpg
ズーム・イン。
e0112086_2234884.jpg
窓にへばりついて手を振る私。

11泊12日のクルーズも残すところ翌日の地中海洋上を残すのみ。
最終日はみんなパッキングなんかで忙しいだろうという配慮か、お別れガラ・ディナーはこの日に。
e0112086_22343933.jpg
アミューズのアボガドのムースから始まって・・・
e0112086_22345693.jpg
グリーンアスパラのマルチーズ(マルタ島風)ソース。
e0112086_22353084.jpg
トマト入りコンソメ 細切りクレープ浮かし。
e0112086_22354691.jpg
ラビオラチーズ入りポルチーニとパンプキンのリゾット。
e0112086_2236385.jpg
ラムチョップのハーブグリル ポテトグラタンと野菜添え。
ワインはリオハのクリアンサを。
e0112086_22394548.jpg


この日のメニューにデザートが載ってないのはどうして?と思っていたら、料理が終わるとシャンパンが振舞われライトダウン。
e0112086_22362598.jpg
音量が上げられたBGMにのってウエイターさんたちがケーキらしきものを掲げて行進。
e0112086_22365372.jpg
みんな手拍子をとって迎える。
e0112086_22372428.jpg
私たちの席担当のウエイター君が切り分けてサーブしてくれたら、メレンゲにつつまれたアイスクリームのパネトーネだった。
何百人も収容可能のメインダイニングでは料理長が挨拶していたみたいだけれど、端っこの席だった私たちからは見えず終い。
お料理の質には多少むらがあったにせよ、毎日毎日5コース、しかも一度も同じものが重なっていなかったメニューを楽しめたのには総料理長始めキッチンやサービスの人たちみんなに敬意。
とりわけ私たちの席の担当だったウエイターさん二人とも、いつもにこやかで気持ちのいい人たちだった。

なんとなくディナーの楽しさをひきずって、キャビンには戻らずお気に入りのバーDolce Amoreでカクテルをいっぱいずつ。
e0112086_22385010.jpg

[PR]

by sandonomeshi | 2008-06-02 22:31 | 外メシ ausser Haus


<< 居住者用駐車許可証明書 Bew...      不老不死の桃 蟠桃(ばんとう)... >>