三度のメシより・・・ Sando no Meshi yori...

sandonomes.exblog.jp
ブログトップ
2008年 04月 09日

カサブランカ Casablanca


3月28日


朝8時にカサブランカ入港。
港に近づくと有名なハッサン2世大モスクがすぐに目に付く。
e0112086_1685967.jpg
船が停泊した桟橋から市街地まで半時間ぐらいかかるというの道のりを歩いてみることに。
途中タクシーが列を作って待っていて乗らないかとまとわりつく。

まずは港を出てすぐのところにあるMedina:メディナ(旧市街地)を散策。
e0112086_1610303.jpg
観光客相手の土産物屋が並んでいるのだけれど、建物の状態がかなりひどいし、生ごみなんかがいたるところにほっ散らかしで異臭を放っている。
何となく趣のあるところなのかな~と期待していたのだけれど・・・、残念。
でも通りに面したお家の塀には色とりどりのブーゲンビリアなんかが真っ盛り。
e0112086_16113497.jpg
黄色いブーゲンビリアって珍しいかも。

メディナを出て今度は中央市場に。
さすが野菜や果物が豊富。
e0112086_16133310.jpg
もう時間が遅いのか人もまばらだし、魚屋さんなんかは店終いを始めている。
以外だったのが牡蠣やその他貝類が豊富に並べられていたこと。
e0112086_1614286.jpg
やっぱりフランスの影響?

市場を出てタクシーを拾いペーさんの買ったドイツ語のガイドブックに載っていたVilla du Artという美術館へ。
でもタクシーの運ちゃんも知らなかったこの”美術館”、入場料なし、でも展示されている絵画には売値がついている。
これって画廊じゃない?
それにしても庭なんかはまだ半分工事中だったけれど、かなりお金のかかってそうな建物。
e0112086_16144194.jpg
カラー刷りの立派なカタログも無料でくれたりして、一体この団体何者なんだろう?
絵画はモダンアートなので私の趣味じゃないんだけれど・・・。

次もまたタクシーを拾ってHoubbus:ハッブース地区へ。
ネットで調べても、ペーさんのガイドブックにもカサブランカ一のショッピング街と出ていたのだけれど・・・。
e0112086_16285316.jpg
アーチになった回廊みたいなのが入りくんでいる街並みが特徴的で、いかにも観光客相手っていうお店も多いけれど、さっきのメディナよりはまだ生活のにおいがする。
銀や銅製品、革製品、絨毯なんかを狙って買い物に来れば掘り出し物があるのかな~っという感じ。
私もふと銅鍋でも買おうかな~と思って近づいてよくよく見ると埃だらけで青錆が出たりしている。
う~ん、パス。

そろそろお腹も空いてきたのでまたまたタクシーを拾ってPort de Peche:ポート・デ・ペッシュ(漁港)へ。
ここに新鮮な漁貝類を食べさせる店があるらしい。
ざっと見渡して3店舗。
一番きれいそうなレストランを選ぶ。
その名もRestaurant du Port de Peche(漁港のレストラン)。
私達が着いた時は時間的にお昼を少し過ぎたばかりでまだガラガラだったのに、あっという間に地元のビジネスマンで一杯に。
席に着いたらまずアペリティフとしてミニサイズのガラスコップに入ったサングリアとオレンジジュースがサーブされた。
e0112086_16253342.jpg
続いてマヨネーズとMojo Picón:モホ・ピコン(カナリア諸島のピリ辛ソース)に似たソースがパンと一緒に出てくる。
ワインはモコッロ産の白でハーフボトルがあったので。
食事の方は・・・
e0112086_16263174.jpg
ペーさんの魚介類のスープ。
私は特製サラダ。
e0112086_16265395.jpg
そしてメインが二人前よりオーダーのパエリア・ネグラ(黒いパエリア)。
e0112086_16272696.jpg
二人前といえどもここでもやっぱり3~4人前ほどのパエリア・パンで出てきて、食べきれず。
でも久しぶり本物のイカ墨パエリアで満足。
e0112086_1628148.jpg
これは階段の踊り場に掛けてあった巨大パエリア・パン。
e0112086_16311943.jpg

[PR]

by sandonomeshi | 2008-04-09 16:04 | 外メシ ausser Haus


<< 日本の味 Die Geschm...      アーティチョーク三昧 Voll... >>