三度のメシより・・・ Sando no Meshi yori...

sandonomes.exblog.jp
ブログトップ
2008年 03月 02日

薄切りスライス豆腐 dünn geschnittene Scheibe Tofu

ペーさんの会社の人だけれど仕事関係なく親しくしていたルイサ(私が勝手につけた名前)が会社を辞めてスペインに帰るというので、彼のホルへ(こちらも)と共にうちにご招待。
ただお互いの予定がなかなか合わず夜は全滅と言うことで、スペイン並みのちょっと遅いお昼にした。

ベルリンは昨日から暴風雨で木が倒れたりの被害が出たりしたんだけれど、今日は時折日が射したりしてサンルームはまずまず気持ちがいい。
e0112086_1725531.jpg
2時の約束だったのだけれど、次の予定があって5時半には出なきゃいけないというので、アペリティフは省略して早速テーブルに着く。

お通しに蓮根とビート芋のチップスと・・・
e0112086_17264929.jpg
野菜スティック
e0112086_17275625.jpg
すり胡麻入りと赤紫蘇入りのヨーグルト&マヨネーズディップで。
そう、今日はちょっと和風テイストなイタリアンが献立のテーマ。
と言いながら次は全然和風じゃないんだけれど、昨日の鶏と鴨レバーのパテ・オン・レーズン&ローズマリーブレッド 紫玉葱ジャムのトッピング
e0112086_17284468.jpg
レーズンをたっぷり入れたパンとパテ、なかなかいける。
同じお皿にソブラサダのパイ 蜂蜜の蜜房のせ
e0112086_17293066.jpg
パイ地の上にはカクテルトマトのスライスも載せてある。
その間にキッチンでささっと小茄子の挽肉はさみ揚げを揚げてあつあつを。
e0112086_1730862.jpg
昨日の使いまわし、バルサミコが隠し味のトマトソースで。
もうちょっと野菜もということでブロッコリーと海老の辛子和え
e0112086_17304220.jpg
辛子はエルブ・ド・プロバンス(プロバンス風ハーブミックス)入りのマスタードで。
ここまでがいわゆるアンティ・パスタ。

でももう一品パスタの前の前菜豆腐のミルフィーユ ペスト・ジェノベーゼとクリームバルサミコソース
e0112086_17323546.jpg
こんな風に薄切りスライスできるのはこちらのハードな豆腐のおかげ。
オリーブオイルで表面をカリッと焼いてある。

そしてパスタがイカ墨リングイネのタラコソース
e0112086_17325784.jpg
定番たらこスパをイカ墨リングイネで。
海の香りが更にアップ。
黒地に貝色の釉薬がかかった器と一体化してるけど・・・。
刻み海苔とチャイブ(浅葱と同類)をトッピング。

メインのお肉の前にジンジャー風味ルイボスティーのソルベでお口直し。
e0112086_17333530.jpg

お肉はアルゼンチン牛のアントレコート 大和煮ソース 昆布出汁風味マッシュポテトのベット
e0112086_1734719.jpg
マッシュポテトは生クリームの代わりに昆布出汁で延ばした。
5cmぐらいの暑さに切ったお肉はミディアムレアーよりやや火が通り過ぎてしまった感じだったけれど、その辺はお肉の美味しさでカバー?。
ナイフがすぅっと通る。
これでお料理はお終い。

テーブルを仕切りなおしてデザート。
フォンダンショコラとローズマリーのアイスクリーム ラズベリーのソース
e0112086_1735384.jpg
フォンダンショコラを焼くタイミングがちょっと早すぎてテーブルに出すまで5分ほどキッチンで待機。
そしたら固まりきっていない真ん中がちょっと沈んでしまった。
でも中はまだあつあつでとろ~り。
ローズマリーのアイスは味見の時点でぺーさん「何これ!?」としかめ顔してたのに、フォンダンショコラと一緒に食べてみて「近々また作って。」と早速リクエスト。
ルイサとホルへにも受けて、ホッ。

飲み物はスペイン人にドイツで買ったスペインのワインをお出しするのもなんだかな~と思い、この間ペーさんの従兄がお土産に持ってきてくれたアルゼンチン、パタゴニアのネウケンのソービニヨン・ブランとメンドーサのマルベック。
e0112086_1736978.jpg
アルゼンチン最南で作られている白だというこのワイン、ソーヴィニヨン・ブランのわりには色も濃く(写真撮り忘れ)、味もシトラスグリーンの爽やかさと言うよりシャルドネのようにちょっとキャラメルやナッツの香りがしないでもない気がしたけれど・・・。

デザートの後既に時間が押していたのでコーヒーもなしでお別れ。
次に会えるのはスペインかな?
彼らが帰った後コーヒー用に準備してあった胡麻クッキーにミックス・ハーブティーを淹れていと息。
e0112086_17365285.jpg


そうそう彼らのお土産がなんとイベリコ豚のロモ(背肉で作った生ハム)!と豆2種類。
e0112086_17372018.jpg
なんでも産地から直で仕入れているお店で買ったものらしい。
再生紙の袋で、いかにも量り売りって言うところがニクイ!。
さ~て、何作ろうか?

Esperamos que habeis disfrutado la comida con nosotros.
Ahora me esta ocurriendo ideas de platos con estos garbanzos y lentejas.^-^
Os deseamos que todo vaya bien la nueva vida en España y hasta la proxima!

[PR]

by sandonomeshi | 2008-03-02 23:24 | お昼 Mittagessen


<< ポリポリ沢庵 knachige...      ゲーム・ナイト Game Night >>