三度のメシより・・・ Sando no Meshi yori...

sandonomes.exblog.jp
ブログトップ
2008年 01月 23日

スペインお菓子大使からのポルボロン Polvoron vom spanischen Botschafter der Süßigkeiten

去年12月初めにシュトーレンを一緒に焼いたロサとランデブー。

お昼過ぎにフリードリッヒ通りで待ち合わせして、ロサの提案でまず入ったのがスープ専門のImbiss:インビス(屋台のような飲食店)。
実は私も以前から気になっていたのに一度も入る機会がなかったお店。
定番メニューとしてメキシカン・スープ、ルシアン・スープなどなど世界各国風スープがあり、日替わりも数種類、黒板にちょっと読み取りにくい文字で書かれてある。
私達がたのんだのは定番メニューからアーユルヴェーダ・スープ。
e0112086_75465.jpg
生姜やインド料理特有のスパイスがしっかり効いていて体の芯からあったまる感じ。
写真は私がたのんだミニサイズ。
立ち食いのお店なのでゆっくりはできないけれど、食べ放題のパンとレギュラーサイズのスープを頼めば、十分ランチになりそうなボリューム。
因みにお持ち帰りもできる。

スープであったまったらU-Bahn:ウー・バーン(地下鉄)でPrenzlauerberg:プレンツラウワーベルグへ移動。
ベルリンは先週末から雨が続いていたけれど、今日は久々のいいお天気で散歩日和。
Eberswalder Straße:エベルスヴァルダー通り駅で降り、Lychener:リヒェナー通りからベルリンっ子に人気のマルチカルチャーな地区を散策。
Kollwitz:コルビッツ広場ではスペイン人のロサもお勧めのスパニッシュ・レストラン”Lafil”でお茶。
ここでロサはcortado:コルタード(エスプレッソコーヒーにミルクを少々入れたもの)の他に「Sandoのブログ用に。」とデザートメニューからカスタードプリンも注文。
「ブログ用に??」と思っていた私だけれど、出てきたプリンを見て納得。
e0112086_77043.jpg
確かに写真の撮り甲斐がある。
卵たっぷりもっちりした食感で、お味の方もかなりける。
とくにキャラメルがさらっとしていて、甘さ控え目、ほろ苦さが絶妙。
e0112086_773396.jpg
お昼時も過ぎ夕飯にはまだ早い時間帯、店はひっそりしていたけれど、夕方になればバスク地方のバールのように豊富な種類のpintxos:ピンチョスがカウンターに並べられ賑わうらしい。
次回は夜に。

ところでシュトーレンを焼いた時、私はスペインのクリスマス菓子polvoron:ポルボロンが好きで・・・という話しをしていた。
そしたら12月にこっちに遊びにいらした彼女のご両親に私のためにポルボロンを買ってくるよう頼んでくださっていたらしい。
ご両親も「ドイツに住んでいる日本人がスペインのポルボロンが大好きなのか!」と面白がられて、「それならスペインお菓子大使となって、喜んでその友達にポルボロンを買って行く。」とおっしゃったそう。
アーモンドたっぷりでシナモン風味、口の中でほろほろと崩れてとけるこのお菓子。
スペインに住んでいた頃はLote:ロテ(会社側が従業員に贈るクリスマスプレゼント)の中に必ず入っていたので毎年ポルボロンにありつけたけれど、最近は久しくお目にかかっていなかった。
e0112086_7105181.jpg
立派な箱入りで、なんと言っても有名なEstepa:エステパのポルボロン。
ぺーさんの帰りを待てず、夕飯の後ルイボスティーを淹れて一つお試し。
e0112086_7111911.jpg

Muchas gracias por polvorones! Despues de tantos años que no lo habia visto no podia resistir hasta que vuelva el y ya he probado uno. Ahora me toca a mi hacerte feliz con sobrasada! Hasta pronto!
[PR]

by sandonomeshi | 2008-01-23 23:03 | 外メシ ausser Haus


<< 完璧なマンゴープリン der ...      コンタクトレンズ Kontak... >>