2007年 11月 19日

ミシュラン東京上陸 Michelin landet in Tokyo

この間ゴー・ミヨのドイツ版が新たらしく出た話をしたけれど、ミシュランもその数日後に2008年版が出た。
そして今日アジア初のミシュランガイド東京版のプレゼンテーションが行われ、星を獲得したレストランなどが紹介されたらしい。
e0112086_16221655.jpg
                       ミシュランのサイトから転載
ネットでちょっと調べてみたけれど、どの記事もレストランの話ばかりでホテルについては触れられていない。
レストランでは東京23区内で三つ星8店、二つ星25店、一つ星117店の合計150店が新しくミシュランの星付きとなった。
1都市で150店というのはパリをも抜いて世界最多らしい。
その中で日本料理のお店が6割以上を占め、しかも鮨やふぐ、てんぷら、鰻、鉄板焼きなどの専門店も含まれているというのには「ミシュラン、なかなかやるな」という感想。
選ばれたひとつひとつのお店を知らないのでなんとも言えないけれど、少なくとも日本料理の幅の広さを理解した上でのことと思っている。
他の国で日本ほど専門料理が充実していて(各国料理ではなく)、それぞれが高いレベルを誇っている例があるだろうか?

ただこの東京版には星を獲得した150店舗しか掲載されていないらしい。
例えばドイツ版では1,605店のレストランと4,835のホテルが掲載されている。
星付きではなくとも、一応ミシュランが良いと認めたお店も満載。
実際のところ星付きなんてそうそういけるもんじゃないし、こうして星はなくても良いお店、庶民でもいけるお手頃なお店も載っているのはありがたい。
因みにこの東京版2008、22日の発売、2310円だそう。
買う価値あるだろうか?

うちの夕飯。
ジムから帰ってきてスープを温め、形を整え冷蔵庫にしまっておいたハンバーグを焼き始める。
最後にトマトを加えたミネストローネ
e0112086_16252753.jpg
ハーブの風味いっぱい。
パルメザンチーズが欲しかったところだけれどうっかり切らしている。
ちょうど冷蔵庫にあったコムテ(フランス産ハードチーズ)で代用。

スープが終わる頃ハンバーグも焼きあがる。
ラムミンチのマッシュルーム入りハンバーグ ゴーダチーズのせ
e0112086_16261589.jpg
付け合せは野菜たっぷりのポテトサラダとスプラウト。
ハンバーグのタネに玉葱だけでなくマッシュルームや人参を入れるのが好きでよくやる。
高級牛肉100%で作るならともかく、普通のミンチを使うならマッシュルームはなかなか良い味を出してくれる。

デザートは昨日焼いたチーズケーキ、、1日寝かせてしっとりしたところ。
e0112086_16275056.jpg
オレンジ風味チーズケーキと自家製ヨーグルトアイス カシスジャム添え
なんだか今日はすべての料理にチーズ、になってしまった。
[PR]

by sandonomeshi | 2007-11-19 23:08 | 夕飯 Abendessen


<< タタラ豆鉢 Mini-Schä...      シュペッツェル Spätzle >>