三度のメシより・・・ Sando no Meshi yori...

sandonomes.exblog.jp
ブログトップ
2007年 10月 17日

10月17日 魯山人

一度本物を見てみたかった魯山人の器。
何必館・京都現代美術館にコレクションがあるというので、叔母も一緒に朝から出かける。

いきなり玄関ホールに代表作の一つ”つばき鉢”。
e0112086_23392137.jpg
                         何必館のサイトから転載。
祇園、土産物屋などが建ち並ぶ四条通りに面したこの美術館。
こじんまりとしているけれど、美術館自体が展示作品のよう。
e0112086_2340274.jpg
建物5階には”光庭”や茶室が組み込まれていて、一瞬ビルの最上階にいることを忘れさせられる。
e0112086_23412557.jpg
展示作品の数は最小限だったが、そのおかげで一つ一つじっくり眺められた。

美術館を出て縄手から川端に暫し散歩。
白川の桜並木のところでは叔母が「花の咲く頃に帰ってこな。」と。
お昼は丸太町の鴨川沿いのカフェで。
この日も秋晴れというにはやや暑いくらいのいいお天気。
e0112086_23434015.jpg
柳の枝で木陰になったテラスに座ってまずは冷たい飲み物をたのむ。
e0112086_2344957.jpg
テラスの横には大きな蜜柑の木があって、まだ青いけれど蜜柑が鈴なり。
席を立って鴨川を眺めていたら「あっ、大文字が見える!」
e0112086_23455096.jpg
ぺーさんに送り火の話をすると興味津々。
「で、それっていつ?」
「8月。」
「・・・・・。」
そう、桜の頃は是非帰りたいけれど、送り火の頃はやっぱり・・・ね。

さて、私の茄子入りトマトソースのスパゲティ。
e0112086_23462652.jpg
ぺーさんは茸ソース。
e0112086_23465132.jpg
叔母はフォアグラのパテのバゲットサンド。
e0112086_23471543.jpg
どれもシンプルなカフェの定番だけれど、こだわって作ってますって味だった。
特にバゲットがあまりにも美味しかったので、お店のおねえちゃんに聞いてみたらDONQのを使っているらしい。

ゆっくりお昼をいただいておばのところへ戻る。
この日は叔父の月命日。
お寺さんが来てくださる。
e0112086_23475287.jpg

[PR]

by sandonomeshi | 2007-10-17 15:30 | 外メシ ausser Haus


<< 10月17日 従兄弟 die ...      10月16日 もう言葉がない ... >>