三度のメシより・・・ Sando no Meshi yori...

sandonomes.exblog.jp
ブログトップ
2007年 10月 16日

10月16日 もう言葉がない Wie ein Gedicht

昼過ぎには京都の叔母の家に到着。
お茶をいただきながらしゃべっているとあっという間に夕方。
この日の夕食には今回の一時帰国のハイライト的なお料理屋さんを予約してある。

いそいそと出かけた先は縄手新橋。
e0112086_18234619.jpg
祇園の一角であるこの辺りも、京都らしい情緒を残している。
日本に着いてからかなり魚三昧だった私達だけれどこの日は近江肉を”京洛肉料理いっしん”で。
デザート以外には全て近江肉の色んな部位を使った創作料理の10品コース。

日本酒はイマイチよく分からない私は、辛口でしっかりした味のものをと言って大将のお勧めを冷でいただく。
e0112086_18243855.jpg

お料理が始まる。
e0112086_18252036.jpg
魚は使わないという大将。
ただ海のものでも海胆や海老はお肉にも合わせられるらしい。
e0112086_1825533.jpg
冷製で続くけれど、今度は洋のアクセント。
e0112086_18262044.jpg
きれいに取った出汁のお吸い物にタン。
e0112086_18264851.jpg
カルパッチョには紫蘇の花。
つるんと湯剥きされたプチトマトにまで大将の気合いが伺える。
e0112086_18271450.jpg
生のタンに九条葱。
e0112086_18273870.jpg
テールのカレー風味煮。
e0112086_1828524.jpg
肉鮨三品。
巻きにはしば漬けが。
ぐい飲みのような器に入った丼(といえるのだろうか?)の飯は卵黄を和えてある。
e0112086_18295836.jpg
煮物はしっかりお汁までいただく。
e0112086_1830258.jpg

サラダが付け合せで、”泡醤油”と山葵でいただくのは・・・
e0112086_1831543.jpg
ステーキ。
e0112086_1831355.jpg
なんと残念、ピンボケ・・・。
Ferran Adriàのエスプーマにも興味を持たれたらしいけれど、最終的にはご自身でこの”泡醤油”を作り出されたとか。
e0112086_18322034.jpg
〆は肉茶漬けに香の物。

そしてまるでフレンチ・レストランのようなデザート。
e0112086_1832531.jpg
クリーム・ブリュレは黒胡麻で。
この滑らかさは一体?という私の疑問にお答えくださった大将。

包丁を握っているとちょっと怖そうだけれど、お話を始めるとほのぼのとした雰囲気を醸し出す。
無口な女将は横でにこやかにうなずく。
お料理の一つ一つが感動の連続で、ぺーさんなどはこんなお肉の食べ方に目から鱗だったけれど、実は徹底した下ごしらえと無駄のない厨房での動きも私の目を引いた。
10席のカウンターで(奥に座敷がある)洗い場のみがお客さんの目から隠れているだけ。
バラバラに進むそれぞれのお客さんの食事のペースに合わせて次々と料理が出てくる。
早すぎることもなく遅すぎることもなく。
カウンターの向こうには大将とお弟子さんらしき若いお兄ちゃん一人。
女将はサービスを担当。
洗い場にもう一人おられたけれど、これだけで回していらっしゃる。

e0112086_18335411.jpg
最後にはコーヒー。
e0112086_18341756.jpg

ここでもう一つ私にとって興味深かったのは器。
若手作家さんの展示会などを見て回り買われるらしい。
基本は土物。
お肉に一番合うとか。

これ以上もう言葉がない。
e0112086_1835151.jpg

[PR]

by sandonomeshi | 2007-10-16 23:47 | 外メシ ausser Haus


<< 10月17日 魯山人      10月16日 気比の松原 >>