三度のメシより・・・ Sando no Meshi yori...

sandonomes.exblog.jp
ブログトップ
2007年 10月 13日

10月13日 運命の巡り会い!?~プチオフ会~

感動覚めやらぬまま美術館を出てきたら、ランチをお約束していたHimekaguraさんが既にお待ち。
そう、いつもこのブログに遊びに来てくださっているHimekaguraさん。
東京に行くのだから是非お会いしたいな~と思いながらも、私達の予定はかなりタイト。
失礼と承知しながら勝手を申し上げて実現したこのプチオフ会。

さすがグルメでセレブなHimekaguraさん、こちらから待ち合わせ場所をお願いしたら、すぐにご提案くださった近くのお蕎麦屋さん”室町砂場”。
老舗らしい暖簾がかかった入り口を入ると・・・
e0112086_22124061.jpg
小さいながらも日本風のお庭。
開店早々だし、土曜日なのに既にほぼ満席状態。
さすが人気の老舗。
おしゃべりに夢中になりながらも、そうそうまずはオーダーしないとと、Himekaguraさんと私は天もり、
e0112086_2218320.jpg
ぺーさんは鶏南蛮を。
e0112086_2218233.jpg


いきなりから話ははずんで、実際にお会いするのが初めてとは思えない。
物腰は穏やかに落ち着いていらっしゃるのに、お話しのリズムは軽快。
Himekaguraさんも関西の方だし、世代も同じだし、やっぱり感性が似てるのかな~などと思っていたら・・・。
なんと私達11年も前にニアミスしてたんです!。

私が元バルセロナ住民だと既にご存知のHimekaguraさん。
バルセロナ旅行をした時に泊ったホテルの入浴剤サービスがとっても嬉しかったという思い出話をなさった。
そ、それって私がやってたサービス!!!
ひぇ~~~。
そんな偶然って!
Himekaguraさんとはそんな赤い糸で結ばれていたのね(?)、と感動。
しかも私がやっていたサービス、11年も経った今でも憶えていていてくださるくらい印象に残っていたなんて!
これほどホテリエ冥利に尽きることはないわん。
そんなこんなで話は益々盛り上がった。

お蕎麦の方は汁に天麩羅が浸かって出てきたりしてちょっと以外。
でも干しエビや鮑でとってあるみたいなお出汁で美味。
そこに関西の私にしたら白っぽいな~と思う麺もしっかりしこしこで、いけますね~。
そしてやはり東京、最後に蕎麦湯も。
e0112086_22185569.jpg


江戸っ子風にお蕎麦を食べ終わったらさっさと店を出て、場所を変えてお茶。
十分とはいえないけれど、結構いろんなことをお話できたし、なによりお会いできただけでもホント良かった。

そして私達に用意してくださったお土産。
かわいい干支のネズミちゃんのついた榛原の手ぬぐいカレンダーと・・・
e0112086_22193998.jpg
Himekaguraさんのブログでも話題になっていた塩キャラメル。
e0112086_2220426.jpg
塩っ辛いのかな~などと興味津々だった私。
甘ったるくなく、でもキャラメルの風味がいっぱいで、既になくなりかけているけれど美味しかったで~す。
Himekaguraさん、相当遅ればせながらですが、本当にありがとうござしました。
[PR]

by sandonomeshi | 2007-10-13 14:31 | 外メシ ausser Haus


<< 10月13日 両極のジャパニー...      10月13日 美の求道者 安宅... >>