三度のメシより・・・ Sando no Meshi yori...

sandonomes.exblog.jp
ブログトップ
2007年 10月 11日

10月11日 飛龍頭

多くの宿坊でも体験できる朝の勤行。

前夜は6時半の夕食の後、本堂の応接間で高野山を紹介するビデオを見せていただき、早めの就寝。
勤行、朝食の後すぐに出発できるよう早起きして準備を整える。

まだこの季節暖房のない本堂。
床からじわっと冷えてくるなかでの勤行。
ぴんと張りつめた冷たい空気、薄暗い灯明の明かり、コーラスのようにハーモニーとなって、でもずっしりお腹に響いてくる4人のお坊さん読誦の声。
信仰心のない私達だけれど、心洗われた感。
ぺーさんはお経をミュージック的に捉えたようで、耳に残ったフレーズ「ゼンザイ、ゼンザイ・・・」を繰り返し謡っていた。

e0112086_19465021.jpg
部屋に戻ると楽しみにしていた朝食の準備が整っていた。
もちろん炊き立てのご飯に・・・
e0112086_19475415.jpg
お味噌汁。
e0112086_19484727.jpg
山菜の和え物にゴボウの甘辛煮。
e0112086_1949145.jpg
飛龍頭。
e0112086_19493673.jpg
飛龍頭そのものもさることながら、薄味だけれどお出汁がしっかり効いている炊き方。
絶品。
夕食の胡麻豆腐もあわせて高野山の老舗であるこちらのを出されているよう。
祖母がすぐ近くに住んでいたので、お使いでよく買いに行ったもの。
東京でお邪魔するお宅へのお土産に欲しかったのだけれど、この日はちょうど定休日にあたっていたので断念。
代わりにお寺で教えていただいた別のお豆腐やさんに朝一で届けてもらうよう頼んでおいた胡麻豆腐。
約束の時間に遅れたのでちょっと慌てたけれど、タクシーで何とか乗りたかったケーブルに間に合う。
e0112086_1957373.jpg
小雨が降る中、山を下り新幹線に乗るため新大阪へと向かう。
e0112086_1958249.jpg

[PR]

by sandonomeshi | 2007-10-11 14:35 | 外メシ ausser Haus


<< 10月11日 地中海風アペタイ...      10月10日 精進料理 >>