三度のメシより・・・ Sando no Meshi yori...

sandonomes.exblog.jp
ブログトップ
2007年 10月 23日

この季節一番の贅沢 am luxuriösten in dieser Jahreszeit

しつこいようだけれどベルリンは寒い。
夕飯の献立で思いつくのはこんなもの。
e0112086_15572566.jpg
おでん
日本から買ってきたこんにゃくもちゃぁ~んと入っている。
薩摩揚げはエビ版とイカ版で自家製。

あと春菊の胡桃和えと・・・
e0112086_15583515.jpg
素揚げ大豆と雑魚の甘露煮
e0112086_15585734.jpg
甘露煮は京都の叔母がお土産に持たせてくれたもの。
味付けは最小限に抑えてあって、大豆、雑魚、胡麻そのものの味が楽しめるし、大豆のサクサクと雑魚のポリポリがまたタマラナイ!。
癖になりそう。

それから昨日買ってきたキムチもぺーさんのお味見に。
e0112086_16015100.jpg
昨日は結構美味しいと思ったんだけれど、そのままでポリポリ食べてみるとグルタミン酸ナトリウムの味がする・・・ような。

そして今日の主役は、実はご飯。
e0112086_1603453.jpg
東京でお邪魔した知り合いの方にいただいた”静岡の農家から直買いの新米”。
注文すればその都度精米して送ってくださるんだそう。
奥様のアドバイス通りお水を控え目にして炊く。
e0112086_1605079.jpg
う~ん、炊飯器を開けた時の香りから違う!
ベルリンでこんなご飯をいただけるなんてなんとも贅沢。

昼間から薩摩揚げを揚げたり、おでんを煮たりでちょっと手がかかったので、デザートは手抜きの市販品。
チョコ・ザーネ(チョコレートクリームとホイップクリーム)。
e0112086_1614682.jpg
たまにこういうものもぺーさん喜ぶし・・・。





むか~し日本で冷夏による米不足に陥って、お米を買うのにスーパーで並んだり、仕方なくタイ米や古々米なんかを召し上がっていた頃。
バルセロナでは米作で有名なデルタ・デル・エブロ地域で生産されている日本種のお米が手軽に手に入り、ありがたいと思ったことがあったな~。
[PR]

by sandonomeshi | 2007-10-23 23:56 | 夕飯 Abendessen


<< 飲めないワインの使いまわし A...      手作り風キムチ hausgem... >>