三度のメシより・・・ Sando no Meshi yori...

sandonomes.exblog.jp
ブログトップ
2007年 10月 08日

10月8日 根来塗りと和歌山城

日本は祭日のこの日、残念ながら祭日は休みでない弟だけを残し、父の運転でお出かけ。

まずは漆器で有名な黒江の”紀州漆器伝統産業会館”へ。
今回根来塗りのお盆を一つ買おうとおいう魂胆。
e0112086_15544462.jpg
もちろん本物の漆塗りなんて私達の手の届くものではないので、桐に合成樹脂を塗ったもので我慢。
e0112086_155544.jpg
でも根来塗りの風合いが好きだったのでとりあえず満足。

次の目的地は徳川御三家の一つ紀州和歌山城。
e0112086_15553446.jpg
こじんまりした造りではあるけれど、天守閣まであがり紀ノ川の河口を望む。
e0112086_1556268.jpg
こういうお城は始めてのぺーさん。
なかなか気に入った様子で写真とりまくり。
e0112086_15563670.jpg

雨上がりに日が射し始めたこの日、とんでもなく蒸し暑い。
ヨーロッパの乾いた気候に順応している私達にはほとんどサウナ風呂状態。
日本にしたって10月にこの暑さは異常でしょ。
暑さでへとへとになって城から下りてきて、さあお昼。

時間をかけずささっと食べようというので母が思いついたのがおかず屋さん的ファミリー・レストラン。
出来合いのおかずが棚に並んでいて、それを好きなだけ取ってお支払いする方式。
何だか最近流行っているらしい。
色んなおかずを目にすると、あれもこれもと思ってしまうのだけれど、この時期日本に帰ったら必ず食べたい秋刀魚の塩焼きや・・・
e0112086_15584641.jpg
帆立と三つ葉のかき揚げ、さらに茄子の揚げだしとたこ酢と、トレーを一杯にしてお会計へ。
e0112086_15591828.jpg

ぺーさんは鶏から揚げの甘酢たれや・・・
e0112086_15595440.jpg
オムレツ。
e0112086_1602969.jpg
そういえばこのミンチと野菜を炒めて卵で包んだオムレツ。
懐かしいな~。

お味の方もこのお値段でかなりの線。
特にかき揚げのような揚げ物がカラッと揚がっていて、油もさらっとしてる。
お持ち帰りもできるらしいのだけれど、保存料を使っていないので本日中にお召し上がりください、と張り紙がしてあった。
”ご飯のお代わりはご自由に”だそうで、流行る訳だな~と思う。
[PR]

by sandonomeshi | 2007-10-08 14:37 | 外メシ ausser Haus


<< 10月8日 デパ地下      10月7日 焦がしバター風味マ... >>