三度のメシより・・・ Sando no Meshi yori...

sandonomes.exblog.jp
ブログトップ
2007年 09月 23日

コウノトリの村 リヌム Storchendorf Linum

先週、珍しいかぼちゃを買うためにブランデンブルグ特産品市にご一緒してもらったウサギ家から、今度はそのかぼちゃ農家のある村へドライブがてら出かけませんか?とお誘いを受けた。
うちまで迎えに来てくださって、カーナビをセットしいざ出発。
うちの場合、私がカーナビ代わりで、地図を片手に「ここは右、次は左」と思いっきりマニュアル。
運転手のUsagi氏にとっては初めての場所だけれど、おしゃべりをしながら1時間もかからずダイレクトに目的地到着!

e0112086_20291859.jpg
こちらそのかぼちゃ農家の庭。
ハローウィンのお飾りに使うようなかぼちゃかも。
e0112086_203050100.jpg
でも私達の目的はBaby Boo!!
e0112086_2031337.jpg
そのほかにも瓢箪みたいな形のやまだら模様のBe Little Joe、UFOみたいな黄色いズッキーニ、そしてこちら・・・
e0112086_20315617.jpg
かぼちゃ急須?などを買ってきた。
冷暗所で何ヶ月も保存可能なので、毎年冬越し用にたっぷり買っておく。

そしてこの小さな村Linum:リヌムはコウノトリ(厳密にはコウノトリの近縁種シュバシコウという鳥とのこと。ドイツの国鳥)が渡来することで有名。
今は季節じゃないけれど、そのコウノトリがやってくる池を見に。
e0112086_20323266.jpg
鴨や白鳥がのんびり泳いでいる。
お天気がいいこともあってかこんな田舎なのに(失礼)結構な人。
ちょっとしたレストランも池のほとりにあって賑わっている。
e0112086_20333963.jpg
近所の農家の人たちも自家製のジャムや蜂蜜、ハーブを使った加工品などを直売。
で、ここで私がお買い上げしたのが・・・
e0112086_2034852.jpg
鶉の卵。
この国では鶉の卵は高級食材で、ちょっとやそっとでは手に入らない。
フツーの卵パックに入れて売っていたっていうのがおもしろい。
因みに10個で2ユーロ(約320円)。
こちらでは納得のお値段。

リヌムから暫く車で田舎道を走って見つけたのが・・・
e0112086_2035692.jpg
ベルリンのSiegessäule:ジーゲスゾイレ(戦勝記念塔)の縮小版みたいなの。
ここはスエーデンとの戦いの戦勝記念塔らしい。
塔の脇のベンチに腰かけ、Usagi家が用意してくださっていたおやつピクニック、ビーネンシュティッヒとコーヒーで一休み。
e0112086_20354279.jpg

初秋の一日。
お天気はいいし、気温も心地よく、空気は美味しいし。
こういうのって結構贅沢かも。
e0112086_20362183.jpg
註釈:こちら、私達がおしゃべりしている間にUsagi氏が塔の上に登って撮ってきてくださった写真
[PR]

by sandonomeshi | 2007-09-23 23:05 | おやつ Zwischenmahlzeit


<< プッチーニとパスタ Pucci...      ボテロ野外彫刻展”ボテロ イン... >>