三度のメシより・・・ Sando no Meshi yori...

sandonomes.exblog.jp
ブログトップ
2007年 08月 15日

8月15日 海の幸 am 15. Aug. die Meeresfrüchte

スペイン、特に海岸線のこの辺りでは魚介類は大切な食材。
スーパーマーケットでもちゃんと個別対応の売り場がちゃんとあって豊富な種類の海の幸が並んでいる。
もちろんその場でちゃんと下ろしてくれる。
とはいうもののやっぱりスペインに来たからには市場の威勢の良い魚売り場を覗いてみたい。

この日近くの町で(車で15分ぐらいかな)市場が立つというので行ってきた。
ところが市場は野菜や果物の他は衣類や台所用品、雑貨ばかりで魚屋さんは一軒もなし。
ぐるっと一回りして結局町の常設市場へと。
ほら・・・
e0112086_4004.jpg
市場の建物の半分ほどを占める魚売り場。
この写真でその売り場のまた半分ぐらい。
e0112086_402683.jpg
アンコウもこんな具合。(ちょっとグロテスクでごめんなさい)
高級食材として扱われていて美味しいと有名なパラモスの海老も。
でもさすが魚介類がお手頃なスペインでもパラモスの海老はちょっと手が届かない。
それでもうちなりに大満足の買い物ができた。

で、夕飯。
最初っからこれ。
e0112086_414046.jpg
甘海老だよね!。
買った時点ではもちろん頭も殻も付いていてほんの10cmほどの大きさ。
その場で剥いて一つ試させてもらって、甘海老の味がするのを確かめてお買い上げ。
スペインでは新鮮な魚を思いっきり食べるぞ~、と意気込んでいた私。
当然醤油持参。
ドイツ人の男の子二人もしっぽをつまんで醤油につけてパクッ。

続いては鯛のカルパッチョ
e0112086_421897.jpg
スペイン語ではBesugo:べスーゴと呼ばれている日本の鯛によく似た魚。
岩塩を振ってEVオリーブオイル回しかけだしたんだけれど、みんなお醤油もつけて食べていた。

さらにこちら。
e0112086_43774.jpg
車海老に近いかな?
海老のニンニク風味炒め
頭の部分はチューチューと脳みそまでちゃんと吸って(失礼!)いただく。
F君は頭の部分を外すのが上手くいかず、ぺーさんの教示を受けていた。

そして鯛と甘海老のガラでストックをとってリゾット
e0112086_433990.jpg

シンプルだけどサラダも添えて。
e0112086_4462.jpg

この海の幸づくしの夕飯に、Tomoさんの手土産のCava:カバ(カタルーニャ産発泡製ワイン)を開けさせてもらった。
e0112086_453788.jpg
ロゼでBrut:ブリュット(辛口)のReserva:レセルバ。
あぁ~、なんて贅沢なんだろう!

そうそう、Tomoさんの手土産といえば、彼女のお勧めのだとおっしゃっていたチョコレートや・・・
e0112086_464825.jpg
日本のあられ・・・
e0112086_47857.jpg
などなど。
すでにみんな私達のお腹の中に消えてしまっているけれど。
美味しくいただきました。
とっても遅ればせながら・・・Tomoさん、ありがとうございました。
[PR]

by sandonomeshi | 2007-08-15 23:19 | 夕飯 Abendessen


<< 8月16日 小さな教会でのバロ...      8月14日 スペインでもヌーデ... >>