三度のメシより・・・ Sando no Meshi yori...

sandonomes.exblog.jp
ブログトップ
2007年 08月 03日

チーズは苦手 kein Käseliebhaber

一年以上会ってなかった友人夫婦が泊りがけで遊びにきてくれた。
ベランダに続く部屋のベットを準備して待つ。
e0112086_17565561.jpg


夕飯時には間に合うというから、こうなったら腕を振るうしかない。
ベランダのタチアオイを切ってテーブルに。
e0112086_17573785.jpg

仕事でちょっと遅くなったぺーさんも帰ってきてベルムーで乾杯。
オリーブやナッツを摘んだ後テーブルへ。
e0112086_1758227.jpg
今日の献立。
まずはアミューズの焼き豆腐とトマトのミルフィーユ・ピンチョから。
e0112086_1801721.jpg
ピンチョとはスペイン、バスク地方のタパスの一種で、爪楊枝なんかで突き刺したおつまみのこと。

アンティパスタが鯛のカルパッチョ カラフル・ハーブのトッピング
e0112086_1805667.jpg
今回はタイミングよく日本の真鯛によく似たDorade Roseという魚が手に入った。
でもちょっと小さくて少しずつしか当たらなくて残念。
e0112086_1812676.jpg

スープは黄色いガスパチョ
e0112086_182162.jpg
近くの市場で見つけた黄色いトマトと黄色いパプリカを使って。

パスタ料理はこの間感動した燻製たらこをもう一度。でも今日はイカ墨リングイネ クリーミーたらこソースに。
e0112086_182446.jpg
ソースにクレム・フレッシュなんかを加えて更にまろやかにしてみた。
レモンを盛り付ける前に海苔を振りかけてしまったものだから、テーブルに運んだ時点にはすでにしっけ始めていた・・・。
失敗。

そして肉料理の前にニワトコのソルべ
e0112086_1862018.jpg
作り置きしてあるニワトコのシロップで作った。

お口がさっぱりしたら味噌漬けビーフのステーキ マッシュ紫芋のベット ミニアスパラガスとスプラウト添え
e0112086_1864174.jpg
この二人に味噌の味、どうかな~とちょっと心配したけれど、大丈夫だったみたい。

テーブルをきれいにしてデザート。
彼の方がコーヒー党なので、またサイフォンを出してきてコーヒーも入れる。
こちらではサイフォンは結構珍しいので、ドイツ人にはいつもウケる。
デザートは山羊チーズのクリーム・ブリュレとスパイシー焼きアプリコット・オン・マクローネ ロースト・アーモンドのトッピング
e0112086_1871240.jpg
知らなかったんだけれど彼の方がチーズはイマイチだって。
それでも一口試してくれ、最初はバニラの香がして甘くて普通のクリーム・ブリュレみたいで、「コレならいけるかな・・・・」と言ってたんだけれど、あとからほわっと山羊チーズの香がするのがやっぱりちょっと無理。
そうと知っていたらチーズなしで作ったのに・・・、申し訳なかったわ。

久しぶりで話がはずみ遅くまでおしゃべりが続いた。
[PR]

by sandonomeshi | 2007-08-03 23:54 | 夕飯 Abendessen


<< ドイツ料理の一例 einige...      遅れ”土用の丑” Der ve... >>