三度のメシより・・・ Sando no Meshi yori...

sandonomes.exblog.jp
ブログトップ
2007年 03月 09日

パクチー三昧 allerlei um Koriander

ぺーさんの上のお兄さんが恋人と一緒にやって来た。
彼は北ドイツに住んでいて、彼女はアルゼンチン。
今休暇で彼の所に来ている。

男性陣が昼間仕事をしている間私達はトルコ市場に買出しに。
e0112086_5251166.jpgまずはお魚。
このトルコ市場には結構新鮮なものが入っている。
野菜や果物もみつくろって・・・そして今日のもう一つの狙いはコレ。

e0112086_5273940.jpg実は何と言う食べ物なの知らないのだけれど、カッテージチーズみたいなのと細かく刻んだほうれん草を小麦粉の生地でパリッと焼きあげてある。
薄いんだけれど外側はパリパリ、中はチーズとほうれん草でのしっとりしていて美味しい。
でもこの大きさで(既に端っこをかじってあるれど)一人一枚は結構お腹いっぱい。


e0112086_528273.jpg帰り道、うちのすぐ側の道端に咲いていた・・・・・可憐な花。
名もある野草なんだろうけれど、何ていうんだろう?


さて、今日はこのゲスト二人が大好きな香菜をたっぷり使った献立。
で、香菜といえばタイ料理、と短絡的な私。

今日の献立 「タイ・ナイト」

タイハーブの風味いっぱいグラスヌードルサラダ チキンミンチの温ドレッシング
トムヤンクン
スズキのグリル パクチー・リゾットのベット
コリアンダーシード入りパンプキンタルト

e0112086_5302642.jpg
タイハーブはもちろんパクチー(香菜)とあとホーラパー(スイート/タイバジル)。
ドレッシングのチキンを炒める時、タカーイ(レモングラス)とブリック(チリ)のみじん切りを加えた。

e0112086_5305665.jpg
タイ料理の定番中の定番。
スープはちゃんと海老のガラとカー(ガランガル)やバイ・マクルー(カフリ・ライム・リーフ)をはじめタイハーブを使ってとった。

e0112086_531232.jpg
リゾットを添えたりして、ちょっとフージョンしてるけど、フォンはスズキのガラとタイハーブでとって、最後にパルメザンの代わりにココナッツクリームを使ってある。

e0112086_5315085.jpg
デザートもかなり洋菓子寄り。
タイにはかぼちゃとココナッツミルクで作るお菓子が色々あるみたいなので、ちょっとアレンジ。
タルトの台は彼女の協力で今日は失敗なし
なんといっても彼女はアルゼンチンでレストランにデザートのケータリングをしてる人なのだから、プロ!

そして彼女がアルゼンチンのお土産に持ってきてくれたのがサラダ・サーバー。
e0112086_5512296.jpg
南アメリカの先住民ヴィチ族の手工芸品で、色の違う木を組み合わせて作られていて、それぞれの木の呼び名と学名が記されている。
その横に「彼等は何千年もの間狩りをし、魚を捕り、果実を集めて暮らしてきたが、こういった生活様式は白人のもたらした日々進歩する”文明”によって急速に姿を変えている。この工芸品は彼等の文化やアイデンティティーを失うことなくそういった変化に適応していく為のひとつの手段である。」


e0112086_5371584.jpgそして今日の締めくくりはパチャラン。
スペイン、バスク地方のリキュールで、辞書によると日本語ではリンボクという潅木の実から造るらしい。
スペインではポピュラーなリキュールで私のお気に入り。
[PR]

by sandonomeshi | 2007-03-09 23:22 | 夕飯 Abendessen


<< シシリアン・トマト sizil...      豚の塩漬け Kassler >>