三度のメシより・・・ Sando no Meshi yori...

sandonomes.exblog.jp
ブログトップ
2007年 02月 06日

雄牛の血 Sangre de Toro

昨日の焼き肉で残った子牛のタン、すでに圧力鍋で下煮してある。
今日はこれでトマトソースのタンシチューに挑戦。
ぺーさんのお母さん伝授のタンシチュー・ケッパーソースはうちの定番なのだけれど、ちょっと目先を変えようと思って。
まずソースのベースは、タンを下煮した香味野菜。
いつもの人参・玉葱・葉と根セロリに今日はトマトも加えて煮てある。
この軟らかくなった野菜と適量の煮汁に、トマトピューレを加えハンドミキサーで攪拌。
更に赤ワインを加えて少し煮詰める。
後は塩コショウで味を調える。
途中ぺーさんに味見してもらったのだけれど、「タンの味が生きるようにあんまり濃い味にしないほうが良い。」とのアドバイス。
そうして出来上がったのがコレ。
e0112086_5434132.jpg

もちろんこんな量ではぺーさんの胃袋が満足するはずもなく、これは私のお皿。
しかもぺーさんはやっぱりライスをソースに絡めていただく。

e0112086_624155.jpg
私の新作の味が引き立つよう(?)、ちょっといいワインを開けてみた。
スペイン、トーレス社の Gran Sangre de Toro!!!
とは言うものの実はいただき物で、長らくコルクを抜くチャンスを逃していた。
あんまりきちんと保存していたわけでもないのでちょっと心配だったのだけれど、大丈夫、スペインの香りがする。

ところでぺーさんのシチューへの感想は「たまには目先が変わっていいけど、やっぱりケッパーソースの方がいいかな・・・」だそう。
彼にとってはおふくろの味なんだろう。

前菜はこれもまたぺーさんの大好物茹でアーティチョーク
ヴィネグレット(ワインビネガーとオイルをベースに、ハーブなどで風味をつけたドレッシング)でいただくのもポピュラーだけれど、うちはぺーさんがマヨネーズ好きなので、もっぱらマヨネーズとそのアレンジ版。
今日は冷蔵庫に残っていたコリアンダーグリーン(香菜)を細かく刻んでマヨネーズに混ぜ込んだもの。
e0112086_555529.jpg

外側から一枚一枚花びら(?)を剥がしてはマヨネーズをつけて、前歯でしごくようにして食べる。
う~ん・・・今日の肉厚で美味しい。
そうやって花びらを全部食べてしまったら、花びらの残骸と中心のお楽しみ部分が残る。
この部分はナイフ&フォークを使って小さく切りながら十分に堪能しながらいただく。
e0112086_6214424.jpg

デザートは簡単に、バニラキャラメルアイスクリームと蒸しリンゴ
アイスクリームは市販品だし、リンゴはスライスしてラップをかけ、電子レンジで1分ほど「チン」するだけ。
でもこれで甘みがでて、アイスクリームに合う。
[PR]

by sandonomeshi | 2007-02-06 23:24 | 夕飯 Abendessen


<< ポジフィルムのデジタル化 Po...      ジュージュー焼肉 Voellerei >>