三度のメシより・・・ Sando no Meshi yori...

sandonomes.exblog.jp
ブログトップ
2013年 09月 09日

みんなで晩餐 "DInner" alle zusammen

9月3日(火)夜 

ビーチから戻ってシャワーを浴びたら買い物に出発。
6時半ランポジャ着の電車で来るおねえちゃん達を村の駅まで迎えにいかなければならない。
その前にまずスーパーで買い物。

ランポジャの駅前には児童公園があって、ガウディのグエル公園を彷彿させるタイルのモザイクやふわふわっとして枝葉が広がっている木の佇まい、私のお気に入りの場所。
e0112086_1681859.jpg
スペインのRENFE(日本のJRみたいな鉄道)にしては珍しくほぼ定時に到着。
e0112086_1683487.jpg
バルセロナの空港から電車を乗り継いで、でも全て上手くいってスムーズに来れたとおねえちゃん。
おねえちゃんと一緒に来たエリザちゃん(私が買ってに付けた名前)はおねえちゃんと小学校の同級生。
今はライプツィヒの大学で声楽を学んでいるらしい。

さて、早速いつもの魚屋さんへ。
既に顔見知りのお店のおばちゃんに相談して、茹でて食べるのにいいロブスターを選んで水槽から取り上げてもらった3尾。
e0112086_1692042.jpg
今晩のスポンサー&シェフとなる息子君の希望で雄雌それぞれ一尾ずつをお買い上げ。
他にも見繕って太っ腹の息子君がお支払い。
今回の休暇はフライトも家のレンタルも全てペーさんもちで息子君は招待してもらったかたちだし、本人バイトもしててそれなりに稼いでるからと私達にごちそうしてくれた。

うちに戻って買ってきたものを冷蔵庫にしまったりして、またすぐ出かける。
e0112086_1695696.jpg
これが家の前からの眺めなんだけど、目指すは岬の向こう側。
去年海岸沿いを散歩して岬を超えていって、夕暮れの景色がすっごく素敵な場所を見つけている。
明日出発してしまうフサさんとお義兄さんに是非見手もらいたくて、夕飯前に行ってみることに。
本当は海岸線のきちんと整備された遊歩道を歩くとポイントポイントでいい眺めがあってお勧めなんだけど、そんなことしてたら日が暮れてしまいそうなので、かなり当回りだけれどずっと早く行ける車にする。
海岸線ちょっと手前に車を停めて歩いて堤防にでると・・・
e0112086_16104177.jpg
ビーチからかろうじて繋がっている岩盤の島(?)。
元々赤みを帯びたこの辺りの土地(カプ・ロッジとは赤い岬の意味)だけどこれが夕陽に照らされてさらに赤く見える。
e0112086_16103917.jpg
ビーチに降りてかろうじて繋がっている砂利道(?)を通って岩に登る。
e0112086_16112619.jpg
岩上からビーチを眺め。
e0112086_16115454.jpg
こっち方向は・・・
e0112086_1612720.jpg
さっき家の前から見えた岬の反対側がこれ。

海岸線の遊歩道を歩いて帰りたいというみんなを残して、運転手のペーさん、ロブスター担当の息子君、前菜担当の私は車で帰ることに。
e0112086_16131129.jpg
水の透明度も半端ない!
e0112086_16133734.jpg
車を停めてあった脇にスペイン語でpitahaya:ピタジャと呼ばれる実がなっているサボテンを発見。
e0112086_1614859.jpg


家に戻った私達、早速支度に取り掛かる。
取りあえずささっとできてしまうものと思って考えた前菜の献立。
さっき魚屋さんでいいバカラオ(鱈の塩漬け)をちゃんと塩抜きしたのを買ってきたのでEscauxada:エスカイシャダ(カタルーニャのサラダのような伝統料理)を。
e0112086_16145559.jpg
アルベキーナ種のオリーブをいっぱい添えて。
それから私の十八番、桃モッツァ
e0112086_16151369.jpg
茹でビート芋(茹でた状態の真空パックがスーパーで手軽に買える)と茹で卵のサラダ
e0112086_16151843.jpg
そしてフサさんが大好物だといって買ってきた鰯の酢漬け
スペインではバールのタパスとしても凄くポピュラーなもの。
e0112086_16161229.jpg
そのまま食べると塩から酸っぱいけどバゲットにのっけていただくと、鰯の旨味が引き立って美味しい。
みんなが歩いて戻ってきた頃にはほぼ準備完了。
e0112086_16181423.jpg


その頃息子君はキッチンでロブスターと向き合ってた。
e0112086_1617512.jpg
口から泡ふいててちょっとかわいそう・・・。
e0112086_16184186.jpg
でも魚屋さんがくれたゴム手袋をはめて息子君、煮え立つお湯の中へ。
e0112086_1619266.jpg
はい、茹で上がり。
e0112086_16194584.jpg


e0112086_16203297.jpg
雄とメスのせいか、茹で上がりの色はかなり違う。

雌の方は卵を持ってた!
e0112086_16205810.jpg
へぇ〜、こんな風に体外に抱えてるんだね。
e0112086_16215828.jpg
魚卵大好きな日本人としてはわくわくしながらいただいてみたけど・・・、これがマズイ!
卵のプチプチ感もないし、ぱさぱさしてる。
ちょっと残念だけど、茹でロブスターの身の方は・・・
e0112086_16222644.jpg
旨〜い!!!
プリップリで甘〜い。
これ、捌く技があればお造りでいただきたいね〜。
手作りアリオリとパセリ入りマヨネーズでいただく。

お供は私のお気に入り、ペネデス(カタルーニャ地方の一ワインの産地名)の白。
e0112086_16222156.jpg
ボトルのデザインが素敵なのもお気に入りの理由なんだけど、同じフォームでガラスが黄色のシャルドネも出てて、そっちの方がより大好きなんだけど、行ったスーパーには置いてなかったんだよね。

そしてトドメはフサさんが生地から作ってくれたアップフェル・シュトゥルーデル
e0112086_1623236.jpg
極薄に延ばした生地でシナモン風味の林檎のコンポートを包んでオーブン焼きしたもの。
日本ではオーストリアのお菓子として有名かな?
さすがフサさん、材料の分量も作り方もしっかり頭に入ってて、生地もぱぱぱっと作ってた。ペーさんのリクエストでレーズンたっぷり!
e0112086_16242734.jpg

こうして7人揃った賑やかな夜は更けていった。
[PR]

by sandonomeshi | 2013-09-09 08:53 | 夕飯 Abendessen


     カプ・ロッジのビーチ Cap ... >>