三度のメシより・・・ Sando no Meshi yori...

sandonomes.exblog.jp
ブログトップ
2013年 08月 30日

おうちごはんらしいおうちごはん Hausmannskost Zuhause

8月27日(火)

ぺーさん、今年の夏休みもスペインのカプ・ロッジで過ごしたいと8月31日から2週間、去年借りた同じ家を予約してある。
その休暇に出発までの3晩ともペーさんは仕事の関係やプライベートやらで外食続き。
つまり今日が休暇前最後のうちごはん。
何か特に食べたいものがあるか聞いたけど「別になんでも良い。」とのこと。
じゃぁ、私が食べたいものにさせてもらおう。

向うではお手頃なお店もあるし、ご当地の美味しいもをちゃんとレストランでも食べたいと思ってるけど基本は自炊。
お醤油は持参するつもりだけど、食材や調理器具が揃わないし、なにより炊飯器まで持っていけないのでご飯がうまく炊けない。
なので今日は当分食べられないだろう素朴な和食で・・・。

まず、蕪の和風カルパッチョ
e0112086_4581243.jpg
こちらでは本来5月が旬だけど青々とした葉も付いてておいしそうな蕪をスーパーでみっけ。
薄〜くスライスしてお皿に並べ、細かく刻んで塩揉みした葉とかつお節をトッピング。
e0112086_4582084.jpg
こちらのBIOスーパーとかに売っている胡麻オイル(炒ってない胡麻からしぼったオイルで、一見サラダ油みたいで風味もマイルド)、湯浅の醤油、米酢で作ったドレッシングをふる。
これ、せっかくの蕪を生でいただきたかったんで、なにかいいレシピはないかとネットで探して見つけたんだけど、私の十八番にしたいくらい美味しい!

冷やしベランダ牛の心臓トマトのお浸し 出汁ジュレのベッド
e0112086_459397.jpg
ベランダで穫れたおっきめの牛の心臓トマトを半分こ。
それだけでも十分美味しいトマトだけどお浸しに使った昆布とかつお節でとった出汁でジュレを作って敷いてみた。
出汁をとった昆布を千切りにしてトッピング。

あとこの間レバノン料理を作った時http://sandonomes.exblog.jp/20951363/残ったタコを冷凍しておいたのを解凍してタコとわかめの酢の物
e0112086_4593095.jpg

そしてメインには鶏胸肉の塩麹焼き 柚子胡椒添え
e0112086_4595369.jpg
今更私が言うまでもなく、塩麹を塗っておくと、胸肉みたいにぱさぱさになりがちのお肉もジューシーにしかも柔らかく焼ける。
さらに麹がちょっと焦げた風味がなんともいえない。
これに柚子胡椒を付けていただく。
お肉さえ下ごしらえしておけば手間がかからなくて簡単だけど、美味しいしペーさんも喜ぶ重宝な一品。

デザートはカンタロープ メロン
e0112086_505960.jpg
マスクメロンの一種でドイツでは広く出回っている。
スーパーで値段が下がってたんで買ってきたんだけど、程良い売れ具合でなかなか美味しい。

明日、明後日とペーさんが外食で旅行前日は私も一緒に日本から遊びにいらっしゃるお友達と外食。明日から2晩は冷蔵に残っているものを一人で如何に消費できるか・・・。
[PR]

by sandonomeshi | 2013-08-30 04:40 | 夕飯 Abendessen


<< 新しいお店開拓 Entdeck...      森の音楽堂でのウエスト=イース... >>