三度のメシより・・・ Sando no Meshi yori...

sandonomes.exblog.jp
ブログトップ
2013年 07月 27日

ベルリンでコンビニおにぎり Conveni-Onigiri in Berlin

7月15日(月)

この間うちに泊まっていただいた日からずっとベルリンに滞在されてるクロネコムスメさん。
「来週もう一度ランチでも・・・。」と言っていたんだけど土曜日に連絡があって「月曜日は如何です?と。
特に予定もなかったのでOK。
私が以前行ったことのあるヴィーガンのカフェでランチすることに。

ところが行ってみると「設備のトラブルのため閉店」とある。
この間行ったヴィーガンのレストランに置いてあったのでもらってきたベルリンのガイドマップに、他のヴィーガンやベジタリアンのカフェ&レストランが紹介されているのを眺めながら、移動に便利なお店をクロネコムスメさんがiPhoneでチェック。
2、3軒みてみたけれどどこも月曜日定休。
さてどうしよう・・・ってことになりふと思い出したカフェ。
私は何度か行ったことがあって、開放的でキッチン用品などのショップ&カフェになっているところ。
食事も悪くなかったし、なにより今いるところから地下鉄1本で行けて、駅の真上にあるから便利。
クロネコムスメさんもそこで良いってことで早速向かう。
通りに面した側は一面掃き出しの窓になっていて、テーブルが半分軒下にでる感じに並べられている席は空きがない。
その前の通りに出たテラス席はパラソルがなくてもろに日が当たってる。
仕方ないので店の中のバー席に。
スツールに背もたれがなくてのんびりできない感じだけど・・・。
メニューを見ると前回来た時にはなかったOnigiri Setというのがある。
数種類(アボガド&グリーンコリアンダー、ゴードチーズ&ルッコラ、等サンドイッチの具感覚)のおにぎり中から好きなものを選んでサラダとセットになって5ユーロ(6-700円)。
ほかにこれといって魅かれるものがなかったので興味本位でおにぎりセットをたのんでみた。
メニューの下の方に「毎日新鮮な食材を使って作っています。」とある。
日本人的感覚なら「注文を受けてからにぎります。」じゃなきゃ「新鮮」感がないけど、こちらでは毎朝その日の分を作っていれば「出来立て、新鮮」感があるんだよね。
それはともかくどんなものが出てくるのかと興味津々で待ってたら・・・・
e0112086_16494731.jpg
おおっ!コンビニおにぎりだ!!!
よく眺めてみると、この近くにおにぎりを製造しているライス・アップ会社があってそこから買ってるみたい。
で、その情報が載ってるパッケージの紙の部分はドイツ語でこちらで印刷されたもののようだけど、セロファンは日本の100均とかでも売ってるコンビニおにぎりと同じタイプのもので日本語が入ってる。
一応BIOをうたってて、うち帰ってきてネットで調べたら他にも椎茸&ホッカイドかぼちゃとか鶏胸肉&サツマイモとか鮭&山葵等々。
ヴィーガン、ベジタリアン、魚入り、肉入りに分けた組み合わせのラインナップがある。
パッケージのことを思うとやっぱり日本の方がかんでやってらっしゃるんだろうけど、具の組み合わせ的にはかなりドイツ人的発想のような気がするな〜。

クロネコムスメさんのお料理が来るのを待っていたらウエイトレスのおねえちゃんが「食べ方分かります?」って聞いてくれた。
確かに私も最初日本でこのタイプのコンビニおにぎりを買った時開け方が分からず結局はだかのおにぎりとのりが別々になってしまったんで自分で巻いて食べた記憶がある。
でも今はもう大丈夫。

クロネコムスメさんのはほうれん草のシュトロイゼル・・・だったかな?
e0112086_16502149.jpg
シュトロイゼルというより皮が分厚くてでっかくなってしまった春巻きみたい・・・。
どちらもドイツにしては珍しく量的にちょっと物足りない感じだったけど、バスケットに入ったカンパーニュみたいなパンが付いてきたのでそれをいただいて満足。
放ったらかしておいてくれるのを良いことに追加の注文もせずに3時間以上も居座っておしゃべりしてた私達。
クロネコムスメさんとは話が尽きないわ〜。
[PR]

by sandonomeshi | 2013-07-27 23:09 | 外メシ ausser Haus


<< 植物園の夜祭り Botanis...      自然派カフェ&ショップ BIO... >>