三度のメシより・・・ Sando no Meshi yori...

sandonomes.exblog.jp
ブログトップ
2013年 06月 27日

森の中の古城コンサート Konzert im Jagtschloß

6月15日(土)

ここ数日夏のようなお天気のベルリン。
うちのベランダの鉢植え苺も太陽の光をいっぱい浴びてきれいに色づいてきている。
e0112086_5233741.jpg
朝パンをベランダで食べてる時にそれを見つけて「もう食べごろだろ!」とぺーさん。
赤い花が付いていて珍しいな〜と苗を買ってきた苺は苺らしくなく細長〜い実を付ける。
こっちは黄色い実を付ける野苺。
e0112086_524421.jpg
葉がわっさわっさと茂っていてよく分からないけど、葉をかき分けると結構収穫できそうな実がある。
e0112086_5242535.jpg
今日の収穫。
言ってもこの程度。
e0112086_5244353.jpg
冷造語で冷やして夕飯の後にでもいただこう!

そんな風に始まった週末。
今日は楽しみにしていた今年初の野外コンサートに行く。
この間ポタリングしていて通ったJagtschloß Grunewald(緑の森の狩猟城の意味)の中庭で夏期に開催しているコンサートのことを知って、ほぼ毎週末開催されている中からスペイン17世紀の音楽を再現しているアンサンブルCollage:コラージュが演奏する今日を選んだ。

開演は夕方6時。
いくら長くても2時間ぐらいだとしても帰りはまだ十分明るい時間。
森の中にあるお城なので暗くなるとちょっと気味悪いけど明るいなら自転車で行くのが便利。
電話で席を予約した時、「早めにいらっしゃったらコンサートのチケットでお城の中も見学できますよ。」と教えてくださったので5時を目指して家を出発。
お城の中庭(無料で入れる)にある売店兼カフェになっているところでチケットを購入。
「よかったらあちらのお城内の展覧会もみてください。」と。
入り口前にはこんな看板が・・・
e0112086_5315744.jpg
クラナッハだ!

私絵画は断然19世紀の印象派とそれに派生するもの以外はあんまり好きではないんだけれど、クラナッハ(父)は特に興味のない宗教画も多いのに結構好き。
それを一堂に見ることができるなんて!
よく見ると2011年10月1日からず〜っとやってるみたいだけど、クラナッハのコレクションをこんなに長期にわたってこんなところ(失礼!でもベルリンの外れで観光客が来るには交通の便も悪く、地元の人がお散歩でくるくらいじゃないかな・・・)見ることができるなんて!
後で調べてみたらもともとこのお城が何枚間かのクラナッハの絵画を所蔵しているみたいで、それが理由かも・・・。
もちろん撮影禁止だから写真はなしだけど、ルカス・クラナッハの父と息子の両方(両方とも名前はルカス・クラナッハ)の作品をお城の両翼に分けて展示されている。
思いがけなくこんなの見ることができて得した気分。

そして始まったコンサート。
色んな古楽器を演奏するカルテット。
e0112086_5324679.jpg
ヴィオラ・ダ・ガンバを始めチタローネ、バロックギター、ショーム(オーボエの起源)、あとスチールギターとマリンバをあわせたような鍵盤打楽器等珍しい楽器がいっぱい。
それぞれ何種類もの楽器を曲によって演奏仕分けている。
e0112086_533765.jpg
またその音色がいい。
こんな古城で17世紀の音楽を心地よい初夏の夕暮れに聴けるなんて・・・。
しかも片手にはワイングラス!

曲自体はあまりメロディーに憶えのないものばかりだったけど、ガスパル・サンス(興味のある方は動画で探した音源があります)、サンティアゴ・デ・ムルシア等のもの。
完全にバロック気分になって帰宅。

朝から浸けておいた柚子大根
e0112086_522873.jpg
以前築地市場で買ってきたドライされた柚子皮を使って。
すでに何回か作ったこともあるのに、今日はペーさん「これ、美味しいっ!」だって。
まぁ、調味料は大抵目分量だから付け汁の味が微妙に違うせいかも・・・。

数日前の残り物銀杏の塩煎りや昨日の残り物蓮根金平を一緒に雑穀炒飯
e0112086_5225470.jpg
銀杏も蓮根もそれぞれの食感が楽しめて、しっかり噛まなきゃならないから満足感ある。

炒飯にはスープが欲しいでしょってことで、インスタントのもずくと芽かぶのスープ
e0112086_5233157.jpg

そしてデザートにはベランダの苺
e0112086_5235757.jpg
二人で分けたらこれだけづつ。
ペーさんは物足りなくて冷凍庫の某アイスを食べてたけど・・・。
[PR]

by sandonomeshi | 2013-06-27 04:53 | 夕飯 Abendessen


<< 素敵な週末 ein schön...      優雅なランチ ein eleg... >>