三度のメシより・・・ Sando no Meshi yori...

sandonomes.exblog.jp
ブログトップ
2013年 01月 15日

嬉しいプレゼントとイブ・ディナー Bescherung und Heiligabendessen

12月24日(月)

朝パンの後、昨日ペーさんと息子君が買ってきたクリスマスツリーを立てて、お義兄さんの子供達(6歳と4歳)も手伝って飾りつけ。
でき上がったらみんな用意してあったプレゼントを持ってきて木の回りに並べる。
Bescherung:ベシェールングと呼ばれるクリスマスプレゼント交換会は夕方4時から。
それが終わったらすぐ夕食ということで私はキッチンで下ごしらえ。

ツリーにキャンドルも点して準備OKとペーさんが呼びにきた。
e0112086_6591158.jpg
プレゼントにはそれぞれ誰宛なのかカードを付けてあるので、子供が一つずつ木の下から取り上げて渡してあげる。
私とペーさんはウィーンデ買ってきた本をお互いにプレゼントし合った。
e0112086_731589.jpg
その他に私は、以前からペーさんが欲しがってたラムトプフ(ベリー類をラム酒漬けにするための壷)をこっそり陶芸教室で作ったのを、ペーさんからは昨日街中へ買い物に出た時にショーウインドーのマネキンに着せてあったきれいなワインレッド色のスカートを気に入って「あれプレゼントするから試着してみて。」と店に入り、「スカートと合いますよ。」ト店員さんが勧めてくださったチャコールグレーのカーディガンも一緒に買ってくれた。
e0112086_74411.jpg
丁度その時やっぱりワインレッドのタートルネックのニットを着ていたのでこのカーディガンがよく合った・・・ってことなんだけど。
でもこのカーディガン、軽くて柔らかくてすっごくあったかい。
このお店、私の結構好きなブランドでスマートカジュアルと言うか、フォーマルなデザインはほとんどないんだけれど、やたら流行を追わずシンプルだけどさりげなくおしゃれで大人のカジュアル。で、おばさんぽくない。
これかなり嬉しかったりした。

これで例年のクリスマスプレゼント予算からすると既にオーバー気味なのに、なんとペーさんはパンドラのチャームも買ってあった。
今度は招き猫。
e0112086_743072.jpg
なんでも次はどんなチャームをプレゼントしようかな〜とカタログを見ていて見つけて「次は絶対コレ!」とその時に決めてたらしい。
お義兄さんの子供達もたくさんおもちゃを貰ってはしゃいでいる。
今日集まれなかった上のお義兄さんやお義姉さん達に送る用とみんなで集合写真を撮って、ベシェールングはお開き。

私はすぐさま油を熱し始める。
その間にペーさんや息子君がテーブルをセットしてくれる。
献立はアミューズから始まってサラダ、スープ、魚メイン、肉メイン、チーズ、スイーツともりたくさん。
今日のような特別な日はお義母さんのお宝、ローゼンタールのテーブルウェアセットと銀のカトラリーで。
e0112086_75316.jpg
アミューズはチョリソ(スペインのパプリカ風味ソーセージ)と揚げ鶉の卵のカナッペ
e0112086_752610.jpg
鶉の卵はやや半熟目に揚げてある。
これがしっかりしたチョリソの味とよくマッチする。

次のサラダは私の定番、レーズンと松の実入り人参とルコラのサラダ
e0112086_754675.jpg

スープはこの間ロサのところでお呼ばれした時のが美味しくてレシピを教えてもらったもの。
栗とりんごのポタージュ
e0112086_7618.jpg
実は牛蒡も入っているんだけど、こっちの牛蒡は風味があんまりないので入れても入れなくても味的にはあんまり変わりなさそうだけど、栗とりんごだけだとまったりし過ぎるんで量を増やすのと繊維質を加える役割をしてるのでは?と推測。
みんな「面白い組み合わせだね。」と言いながらも「まったりした栗の甘さの後に爽やかなりんごの酸味が広がって体験したことのない味!」と喜んでもらえた。
トッピングはかりかりベーコン。
これも良い味のアクセントになってる。

魚料理は鮭の塩麹焼き マッシュポテト&アボガド山葵風味のベッド
そして珍しい鳴門のような2色の蕪のカルパチョとクレソンスプラウトのデコ。
e0112086_762925.jpg
鮭の切り身の上には友達のジョンのモスクワからのお土産、イクラ。
鮭の身は塩麹効果かふわっふわに焼けてジューシー。
皮はもちろんパリパリ。
ペーさん家のみんな、皮も大好き。

そしてクリスマスのお肉料理はやっぱり鴨。
鴨ロースグリル オレンジソース ホッカイドかぼちゃと紫芋のグラタン添え
e0112086_764834.jpg
鴨は慣れないお義母さんところのコンロでちょっと火加減を失敗。
焼き具合がイマイチになってしまった。

続いてチーズ。
e0112086_771963.jpg
そうそう、お供はまず私達のお気に入りの白、スペイン、ルエダ(ワインの産地名)のベルデホ(葡萄種の名)を、赤はお義兄がフランスから持って来てくれたボルドーを。
それをあてにしていた私はちゃんとチーズも用意しておいたってこと。
アソートに盛り付けて、それぞれ切り分けて苺バルサミコジャムやスパイシー無花果ジャム、ブルーベリージャムなんかを付けたりしながらいただく。
e0112086_774081.jpg

スイーツはスペインのクリスマススイーツ・アソート。
e0112086_775786.jpg
奥の黒いのはオレンジチョコ・トゥロン。
トゥロンって手前の方のような伝統的な物はほぼアーモンドだけでつくるんだけど、最近色んな前衛的なトゥロンがあって、これもいただきものだけどその一つ。
で、袋にはっているのがポルボロン。
これ私大好物!
うちから持参したエスプレッソマシーンでエスプレッソを入れてイブ・ディナー終了。

ほんと慣れないキッチンでどうなることやらとちょっと緊張してたけど、鴨以外大きな失敗もなく、みんなにもそこそこ満足してもらえたみたいでほっと一安心。
[PR]

by sandonomeshi | 2013-01-15 23:45 | 夕飯 Abendessen


<< クリスマスのラクレット Rac...      クリスマス直前 Weihnac... >>