三度のメシより・・・ Sando no Meshi yori...

sandonomes.exblog.jp
ブログトップ
2012年 06月 29日

旬の味 die Leckereien von der Saiosn

休暇の旅行記はやっと更新できたけど、この後5月17日から2週間ほど一時帰国していた私。
日本では去年会えなかった関東方面のお友達に会ったり、母と叔母と一緒にプチ旅行に行ったりでこれまたネタいっぱい。
ところが日本から戻ってきてかねてから気になっていた左目の視野の欠損(部分的にカーテンがかかったみたいに見えずらい部分がある)についての検査をしたら、黄斑変性という病気だと診断され、ルセンティスという薬剤を眼球に注射するという治療法を勧められました。
病名もルセンティスという薬剤も初めて聞く物だったので私なりに調べてみると、副作用として脳卒中を起こす可能性があるというのがあり、去年1月に脳梗塞を起こしている私にとってこの治療法は適当であるかどうかまず家庭医に相談し、その勧めで別の眼科医にセカンドオピニオンを聞いてみた。
そうしたらまだ40代で煙草も吸わない私が黄斑変性になった原因にアレルギー体質であることが関係あるかもしれない(黄斑変性の原因は加齢、喫煙、ストレスと言われている)と、ルセンティスによる直接の治療より脳梗塞のことも含めて心身全ての健康状態を検査して治療法を考えるのが良いだろうと、アントロポゾフィーの病院と先生を紹介してくださった。
そこではまず入院して体全体の状態を検査するらしく現在空きベッド待ち。
週明けぐらいに何とかなりそうだと言われているけれど、検査には5〜10日ぐらいのつもりをしていおくよう言われていて、その後の治療法によってはそのまま入院が続くかもしれないらしい。
PCは持って行って、できれば一時帰国の記事用にテキストだけでも書いていれけばと思っているけれど、目の病気だけに可能かどうか・・・。
というわけでまたしばらく更新が途絶えるかもしれません。
でも身体は調子よく元気にしているのでご心配いただくことのないようにお願いします。
アントロポゾフィー医療というのにも興味がありますし、これでアレルギーも治療できればいいのにな〜と期待している私です。

さて、休暇から戻って野菜を中心にカロリー控え目を気にしながらの献立を頑張っている。
でも1ヶ月以上もタイムラグができてしまっている中、あんまり大したこもない毎日のおさんどんをアップしていくのもどうかな〜と思い、ちょっと飛ばしながらいきます。
6月29日 Sandonomeshi
  

5月10日(木) 

4月、5月と言えばドイツではホワイトアスパラガスの季節。
丁度一番の旬にかかっている今日この頃、早速買って来て旬の味覚を楽しんでいる。
今日はフライ
e0112086_1826423.jpg
カリッとしたパン粉とじゅわっと甘味のある水分のあるふっといホワイトアスパラ。
醤油マヨでいただいた。

油を温めたついでに蓮根チップスも揚げてみたり・・・
e0112086_1827177.jpg

それからコメンハーゲンから遊びにいらした先輩が「これ便利で美味しいのよ。」とくださった「おからの粉」で作ったおからとひじき煮
e0112086_1827070.jpg
海外に住んでておからなんて口にできる物とは思ってなかったけど、こんな粉末状で手に入るとは!

あと蕪の味噌汁
e0112086_18271566.jpg
ベルリン郊外のガトウという地域が産地の蕪。
ちゃんと青々した葉も付いてる。
Gatowkugel(ガトウの球)という名前で売られているけど日本の蕪にそっくり。
瑞々しくって浅漬けやサラダの様な生食にしても美味しい。
これも5月が旬。

さらにドイツでは露地物のは5月が旬。
私はミルクをかけて潰しながらいただくのが好き。
e0112086_18283691.jpg

[PR]

by sandonomeshi | 2012-06-29 11:03 | 夕飯 Abendessen


<< ペーさん出発 P-sans A...      ベニス:最終日 Venedig... >>