三度のメシより・・・ Sando no Meshi yori...

sandonomes.exblog.jp
ブログトップ
2012年 05月 10日

ベルリンでレバノン lybanesisch in Berlin

4月6日(土)

もう3年前にもなるけど一度遊びに行ってお世話になったコペンハーゲンにお住まいの先輩ご夫妻がやっとベルリンに遊びにいらした。
以前から「是非いらしてください。」「ぜひ行ってみたい街なのよ。」と言いながらなかなか実現していなかった。

取りあえずうちにお越しいただいて夕食でもってことで・・・
e0112086_16461648.jpg
レバノン料理でおもてなし。
まずは作り置きをしておけるメッザをテーブルに並べる。
ツァツィキフムスムタバルタラモのようなディップ類、山羊チーズボール ハーブ衣カラーパプリカの炒めサラダベルーガレンズ豆のサラダ茄子のスイートサワーサラダタコサラダ等の冷たい料理の後には、グリルハルミチーズ茄子とズッキーニのヒヨコマメ衣焼きという温かいメッゼも。

そしてメインには低温焼きしたラムカレー(あばらの部分)のハーブ衣 タブーリのベッド
e0112086_16471718.jpg
ラムはちょっと火が入り過ぎたかな〜って感じだったけど、それでも臭みも抜けて柔らかくて、ラムはイマイチというご主人も「美味しい!」と最後の一切れまで召し上がってくださった。
ほんとトルコスーパーで買ってくるラムは間違いない!

デザートはバクラヴァを焼いたんだけど、今回かってきたバクラヴァ用のフィロ生地がいつもと違って分厚くてパイの様なふわふわさくさく感が全くない。パーッケージを開けた時から違和感はあったんだけど、取りあえず焼いてみたら、これじゃバクラヴァの美味しさは半減以下!
そんな訳で、一応お出しはしたんだけど残念なことになってしまったから、ロシア土産の美味しいチョコレートで尻拭い。
e0112086_16481548.jpg
ご主人と初対面なのに意気投合し上機嫌のペーさんは灘の蔵元で買ってきた日本酒のブランデーなんかをおすすめ。
e0112086_16475778.jpg
これが大層お口に合ったみたいでご自身でも調達しようとラベルを写真撮影されたり・・・。

そしてレバノン料理の〆と言えばフレッシュミントティー。
e0112086_16491656.jpg
楽しくおしゃべりしていたらああっという間に日付が変わってしまってる。
明日はお二人でお買い物を楽しまれるというので、夕食にお鮨屋さんにご案内するとお約束してお見送り。
[PR]

by sandonomeshi | 2012-05-10 09:36 | 夕飯 Abendessen


<< ベルリンでお鮨 Sushi i...      親子丼 Familien-Re... >>