三度のメシより・・・ Sando no Meshi yori...

sandonomes.exblog.jp
ブログトップ
2012年 04月 16日

ランチコンサートと魚屋さん Lunchkonzert und Fischladen

3月20日(火)


ペーさんの会社の方が「最近日本支社からベルリンに戻ってこられた人がいて、奥様が日本の方なんで、ご紹介するわね。」と。
本人同士はなかなか仕事の都合が合わないらしく、当分顔を会わすことはないみたいなんだけど、「その日本人の奥様、慣れない外国で戸惑ってらっしゃるかもしれないし、直接Sandoにメールででも連絡取ってもらったら?」とぺーさん。
もちろん日本人のお友達が増えるのは嬉しいし、私自身もベルリんに来た当時、戸惑ってたことを思い出して、多少はお役に立つかな〜と。
何度かメールのやり取りをして2月中旬に一度一緒にランチを。
それからそのままになってしまってたんだけど、今日ベルリン・フィルハーモニーのランチコンサートでビオラ・ダ・ガンバの演奏があると知って、久しぶりに行きたいな〜と思ってたところだったので彼女をお誘いしてみた。
前回お会いした時、1歳のお子さんも一緒だったんだけど、大人しくて1時間そこそこのランチ・コンサートぐらいならちゃんとお行儀よくしてられそうな感じの女の子だったので、是非にと思って。
演奏はヴィオラ・ダ・ガンバ2台、ヴァイオリン、ヴィオローネ(現在のコントラバスに当たる古楽器)とチェンバロで17世紀の楽曲。
ヴィオラ・ダ・ガンバの音色、いいな〜。
チェンバロも好きだけど。

コンサートの後、帰り道なんで寄ろうと思っていた魚屋さんにもお誘い。
彼女には自宅とは反対方向になってしまうんだけど、「ベルリンでまだ魚を買ったことがない。」と言って、興味を持ってお付き合いくださることに。
行ってみると目当ての魚が今日は置いてない。
あとアサリもと思ってたんだけど、売れ残りの様に1ネットあるだけ。
「これ買うのなんかヤダな〜。」と思いながらどうしようか迷っていたら、カートに発泡スチロールの箱を積み上げ魚が搬入されてきた。
ちらっとその荷物を見てみると、一番上にアサリのネットが3つ、4つ。
お店のおにいちゃんに「あの搬入されたばかりのアサリ欲しいんだけど・・・。」と言うと、一瞬売れ残りのアサリに目をやって、でも「はいはい・・・。」と、搬入されたばかりの荷物からアサリのネット1Kgを取り上げてくれた。
あと久しぶりにタコもいいな〜と物色して、一つ選んで秤に載せてもらったら、結構でっかくてなんと1.5Kgもある。
いくら冷凍保存できるからといってもこれは大き過ぎる。
「これ半分にしてもらえないかな?」と聞くと、今度は「ダメ。」の返事。
そこで一緒に来ていた彼女に「タコ半分いらない?」とお聞きしてみた。
そしたら快く「うん、いいですよ。」と。
なので今度はお店のおにいちゃんに「それ、一匹買うけど、半分に切って別々に包んでもらえませんか?」とお願い。
これはOKで、しかもぴったり半分に切ってくれて、二つの包みの重さの差は20g!
買った時はタコ酢とかタコサラダが食べたいな〜と思っていたけど、彼女が言ってた唐揚げに魅かれて、今日はまずタコ唐揚げ ロマネスコの素揚げ添え ポン酢かけ
e0112086_16352294.jpg
タコは大根がなかったので擂りこぎ棒でたたいて下茹で。
そして鶏唐揚げを作る時と同じ漬け液を揉み込んでしばらく寝かしていおく。
残りは足を一本ずつ切り分けて冷凍。
片栗粉をまぶしてカラッと揚げる。
・・・でもちょっと温度が低かったみたいで、上手くからっと揚がらなかった・・・。
よくレシピに「○○度に熱した油でカラッと揚げる。」とか書いてあるけど、その「からっと」揚げるコツを詳しく教えて欲しいな〜と思うのは私だけだろうか・・・?

からっとはいかなかったけど、たれの味はしっかり染みていて、タコも弾力はあるけど柔らかくて食べやすく、初めてやってみたけどタコ唐揚げいいね!
ロマネスコも甘味が出て美味しいし、食べ応えあり。

もう一品、フェンネルとブラッドオレンジのマスカポーネ和え
e0112086_1635482.jpg
普段はどちらかと言うとお高めの野菜なのに、ここのところどこのスーパーでもすごく値段が下がってる。
ちょうど収穫期で豊作なんだろうか?

あと新とんがりキャベツの玉子とじ汁
e0112086_16365829.jpg
スープじゃなくて和風出汁の汁。

今日はデザートも。
e0112086_16371986.jpg
バナナのラム・フランベ バター焼き。ロースト・アーモンドをトッピングして。
ペーさん、焼きバナナ大好物でほくほく顔。
[PR]

by sandonomeshi | 2012-04-16 16:09 | 夕飯 Abendessen


<< 半世紀! ein halbes...      茸パスタ Pasta mit ... >>