三度のメシより・・・ Sando no Meshi yori...

sandonomes.exblog.jp
ブログトップ
2012年 03月 02日

おさんどんあれこれ Abendessen zu Hause

2月24日(金)

一応毎日のおさんどんを写真には残してあるんだけど、ブログ怠け癖が付いてしまってたまる一方。
このままお蔵入りさせてしまうのも忍びないしってことで、ざざっ〜と抜粋して記録。

まずは15日。
バレンタインでディナーの為に買った苺とミックスサラダが残ってたんで苺入りサラダ バルサミコドレッシング
e0112086_20123292.jpg
苺とバルサミコって相性良いよね。

翌日16日は、時々無性に食べたくなる日本のカレー
e0112086_20125165.jpg
牛肩肉の塊を冷凍してあったのでビーフカレー・・・だけど、かなり野菜ごろごろで。
もちろんあの福神漬けと一緒に。

17日は>白菜素麺の肉あんかけ。
e0112086_2013721.jpg
こっちでは白菜が手軽に手に入るんだけど、日本みたいに半分とか4分の1とかに切ったのは売ってないから丸ごと買いしなければならない。
これって二人所帯だとそうそう食べきれない。
って時の白菜がっつり食べメニューとして気に入ってる。
白菜を細長く切って鶏ガラスープで茹でたものに肉あんをかけていただく。
これかなりの白菜を消費できるし、肉あんのおかげで食べごたえもあるし、あったまるし・・・。

ちょっと飛んで21日はふと思い出して無性に食べたくなったハイナンジーファン
東南アジア風の鶏飯。
e0112086_20133227.jpg
骨付き鶏ももでじっくりスープを取って、そのスープでご飯を炊き、鶏ももお肉としていただく料理。
インドネシアでもハイナン・チキン・ライスといってポピュラーな料理でよく食べてたからペーさんも大好き。
鶏ももの出汁も刻み葱だけ浮かべてシンプルなスープとして一緒にいただく。
もも肉は生姜とニンニク、胡麻油の風味がなんともいえないタレを付けて。
野菜の蒸籠蒸し ガドガド風をもう一品に。

翌22日はソト・ブントゥットゥ
e0112086_2014926.jpg
ハイナンジーファンでインドネシアを思い出したら食べたくなった。
インドネシア風オックステール・スープ。
これもペーさんの大好物。
香菜と素揚げした小口切りの葱をトッピングにご飯と一緒にいただく。
e0112086_20144764.jpg
圧力鍋で下煮したオックステールは複雑な形の骨からも肉がほろっと崩れ柔らか。

そして今日は炒り鶏をメインに・・・
e0112086_20151776.jpg
白菜の柚子胡椒和えと・・・
e0112086_20154133.jpg
小松菜(まがい)の玉子とじスープ
e0112086_2016047.jpg
炒り鶏に入れた里芋(まがい)に味がしっかり染みててほっくほくで美味しい。
ペーさんも最近パタタ・ハポネサ(スペイン語で日本のジャガイモの意味)と言って気に入ってるみたい。
それから柚子胡椒も大好き。
柚子の香りが気に入ってるみたい。
スープはまだ残ってたこの間の鶏ももの出汁で作って中華風味。

ここのところペーさんはマラソンの為の減量中なのでデザートを控え目にしてるんだけど、たまにはってとで苺のマスカポーネクリームカップ
e0112086_20172352.jpg
マスカポーネとヨーグルトを混ぜたクリームと苺のバニラ風味コンポートを層にして生の苺を飾りバニラ風味のクリームバルサミコをかける。
苺とバルサミコってスイーツでもサラダでも相性ばっちりだね。
バレンタインの時「おっ、もう苺が出てる!」と思って買ったけど、既にあちこちのスーパーで出回ってる。
[PR]

by sandonomeshi | 2012-03-02 12:58 | 夕飯 Abendessen


<< ベルリン・ワイン見本市 Wei...      ”Friends After ... >>