三度のメシより・・・ Sando no Meshi yori...

sandonomes.exblog.jp
ブログトップ
2012年 02月 23日

バレンタインディナー Valentain Dinner

2月14日(火)


バレンタインデーといっても毎年大したことしない私だけど、今年はちょっと違う。
去年12月に脳梗塞を起こした時ペーさんの迅速な判断で助けられ、入院中も仕事を工面し有給取って面会時間には毎日病院に来てくれ、家のことまでちゃんとやってくれた。
そんなペーさんにお礼の気持ちを込めてバレンタインディナーを内緒で準備。
全く私のガラでもないんだけど、ペーさんはこういうの喜ぶって知ってるからテーブルももちろんお部屋もバレンタイン・ムードにセッティング。
e0112086_1781994.jpg
メニューもちょっとこだわってみた。

バラの鉢植えを買ってきてくれたペーさんをテーブルをセットしたリビングルームに連れて行く。
e0112086_1785334.jpg
案の定「わぁ〜、ロマンティック!素敵だね〜。」と大喜び。
作戦成功!
e0112086_179188.jpg
着替えて席についてもらったら、とっておきの時にと思って買っておいた、スペインワイン好きなら彼の名前を知らない人はいないというくらい注目されているTelmo Rodrigo:テルモ・ロドリゴがガリシア地方の産地Valdeorrs:バルデオラースで造ったGaba do Xil Mencia:ガバ・ド・イクシル メンシア種100%のコルクを抜いてもらう。
e0112086_1793623.jpg
そしたら橋の図柄のラベルが気に入ったとかでお遣い物にしたいから「4本程買っといて。」
このメンシア、苺とかラズベリーとかのフルーティさとシナモンみたいな甘い風味のスパイスの香りがして、でも柔らかい酸味がきいてて口の中ではきりりとしてる。
こんなメンシア初めて!。

さてまずはアミューズ。
e0112086_17103763.jpg
マッシュルームとベーコンのリエット メルバトーストと。
途中料理の準備の為に席をたtなきゃいけないので、その間手持ち無沙汰にならないようにこのリエットは脇に置いておく。

前菜はキャラメリゼ洋梨とミックスグリーンサラダ ガーリック風味バルサミコドレッシング
e0112086_17114377.jpg
ほんとは味の個性の強いワイルドハーブのサラダにしたかったんだけど、いつも置いてるスーパーに今日はなくて断念。
ペーさんは甘い洋梨とガーリック風味のドレッシングが気に入ったみたい。

次はパスタ料理。
e0112086_17121781.jpg
ビート芋のハート型ラビオリ ヘーリングとリコッタ詰め ノイリー・プラットソース
生ニシンの油漬けの身をパセリと一緒にたたいてリコッタチーズと混ぜて具にしてみた。
ラビオリの詰め具としてどうかな〜とちょっと不安もあったけど、ビート芋との相性で思いついた。
こういういかにも!って言うのペーさん大好きだから・・・。

そしてお口直しのシャーベットはブラッドオレンジのミディアム・スイートのマデイラマリネシャーベット
e0112086_17141262.jpg
冊の形のまま凍らせてみたけふど、う〜ん、やっぱりシャーベットはしゃくしゃくふわふわっの食感が良かったな〜。

さて、メイン。
カカオとスパイス数種をオリーブオイルと赤ワインに混ぜたマリネ液を揉み込んだ牛の肩肉の低温調理 スライスジャガイモのグラタン添え
e0112086_17145816.jpg
でも、ちょっと温度が高過ぎたのか調理時間が長過ぎたのかかなりしっかり火が通ってしまっている。
それでも完全な赤身なのにパサパサ感はなくカカオの香りのするソースでいただくとお肉の旨味がじわっとする。
もう一回温度と時間に気をつけて挑戦してみたい。
ペーさんはお肉の上にポエトグラタンをのっけて口に運びながら「この組み合わせいいよ!」

ここで一旦テーブルを仕切り直してチーズ。
e0112086_171673.jpg
本来円形のホールのまま焼くオーブンチーズを半分にし、更に4分の一の大きさに切ってホイルで包んで焼いてみた。
美味しいワインを開けたことだし、ちょっとチーズが食べたくて・・・。
苺のバニラ風味バルサミココンポートとコルシカ産の無花果と胡桃のペーストをソースに。
e0112086_17171297.jpg
スライスし軽くトーストしたバゲットにのっけていただく。

もちろんスイーツもある。
e0112086_17175851.jpg
カカオシュー 洋梨の赤ワインコンポートとマスカポーネクリーム詰め ホワイトチョコソース
カカオシューがきれいに膨れず形がイマイチ。
失敗!
でも中に詰めたマスカポーネクリームが美味しくて助かった・・・。
ちょっと酸っぱい季節はずれの苺もホワイトチョコソースの甘さと一体になると逆にその酸味が美味しい。

初めて挑戦した料理に失敗が色々で反省も多いけど、取りあえずペーさんには喜んでもらえたしまぁ計画成功!かな・・・。
[PR]

by sandonomeshi | 2012-02-23 19:45 | 夕飯 Abendessen


<< ”Friends After ...      ベルリン映画祭の「食のシネマ」... >>