三度のメシより・・・ Sando no Meshi yori...

sandonomes.exblog.jp
ブログトップ
2012年 02月 16日

揚げと厚揚げ zwei verschiedener gebackener Tofu

3月5日(日)


昨日ベルリンは寒いって話したけど、寒くなった頃からずっと作ろう作ろうと思いながら延び延びになってたおでん。
アジアスーパーで「厚揚げ」なるものを見つけたんでこれはおでん煮るしかない!ってことで。
正直言うと今まで「厚揚げ」と言ってきたのはこっちで売ってる中国人が作ってる「揚げ」のことで、3cmぐらいのさいころ型。
だからお味噌汁なんかに入れる時は薄く切って使ってるんだけどそのままさいころ型で煮たりするとちょっと厚揚げっぽいから。
でも「揚げ」のように膨れてるから中は結構すかすか。
でもこの日見つけたのは豆腐一丁ぐらいの大きさ。
中国人が作った製品だけど限りなく「厚揚げ」に近い。
でも厚揚げは見つけたけど、すっかり蒟蒻を買い忘れ。
おでんの具で大好きなのに・・・。
と言うことで今日のうちのおでん
e0112086_2361096.jpg
厚揚げがごろごろしているけど、あとの具は大根、卵、じゃが芋、人参、鶏手羽。
昨日のうちに煮ておいて一晩寝かせてあるからしっかり味が滲みてて美味し〜い。
お鍋のままテーブルに出して、好きな具を取り分けていただく。
e0112086_2363012.jpg
チューブのを日本で買ってきた和芥子を付けながら。

あと小松菜(まがい)と「揚げ」のたいたん
e0112086_237023.jpg
こういうおかずって地味だけどしみじみ美味しいね〜。

ペーさん減量中とか言いながら、こんなご飯の後にいいな〜と京都の叔母が送ってくれたとらやさんの羊羹
e0112086_2374523.jpg
小さなスティック状の色んな味の詰め合わせ。
その一本を半分こ。こういうさらっとした和の甘さって良いね〜。
[PR]

by sandonomeshi | 2012-02-16 22:29 | 夕飯 Abendessen


<< 凍ったヴァン湖      ココット蒸し gedampte... >>