三度のメシより・・・ Sando no Meshi yori...

sandonomes.exblog.jp
ブログトップ
2012年 01月 22日

新年会で初火鍋 mein erster Feuertopf beim Neujahrs Dinner

1月7日(土)

ブログ友建ちのたんたんさんが「うちで新年会やりませんか?」と誘ってくださった。
去年の夏ご結婚されたばかりのご主人、お料理好きでうちと同じ名前のペーさんが腕を振るってくださるみたい。
喜んでお邪魔しま〜す。

BVG(Berliner Verkehrsbetriebeの略。ベルリン交通局って感じで、地下鉄、市内電車、バス、トラム、フェリーなどの交通網)でも便利なところなんだけど、ペーさんは車で行くと言い張る。
寒い中電車がくるのを待つのとか大嫌いな人・・・。
車で行ったら思いっきり早く着いてしまって、ちょうどシトラスジュース(血液をサラサラにするから良いと言うのを読んだので)を買っておきたいと思ってたところだったので、近くでスーパーを探しジュースを買いに。
それから駐車スペースを探して停めたところから歩いてたんたんさん宅に向かったら約束の時間を過ぎてしまった!
初めてのお呼ばれなのに遅れてしまって申しわけない!
既にセットされたテーブルには冷菜も並んでいた。
e0112086_21544272.jpg
私は見るなり「わっ!数の子だ!。」
一瞬レタスかと思ったきくらげと胡瓜の和え物に数の子がトッピングされてる〜。
e0112086_2155274.jpg
こちらは香菜の風味がいい野菜のジュリアン(細切り)のサラダ。
e0112086_21552399.jpg
こういう味、大好きなんだよね〜。
e0112086_21554798.jpg
東坡肉は暖かいのを出してくださってさぁ、新年会の始まり。
薬を飲んでいるのでアルコールは良くない私に、今年またベルリン・マラソン出場に登録したペーさんは体重管理を始めててアルコールは控え目。
そんな愛想のない二人のために乾杯用のノン・アルコール・ビールを買っておいてくださったんたんさん。
でも「私はノン・アルコール・ビールは好きじゃないし・・・。」とか我が侭を言ったら、「ちょっと甘いけどモルト・ビールは如何?」と言ってくださった。
初めてのモルト・ビール、自然の甘みらしいけど結構甘い。
でもちょっと私の好きな黒ビールっぽくって美味しい。
以前ポークリブのモルト・ビール煮って言うのを作ったことがあるけど、この甘みとアルコールでお肉が美味しく煮えるんだな〜とか改めて思い返してみたり・・・。
さらに茹で上げ、蒸したての水餃子と茶碗蒸し。
e0112086_21571571.jpg
たんたんペーさんの餃子の美味しさはすでによく知っている私達。
「こんな少量の記事だと逆にちょっと難しかったけど・・・。」とかおっしゃるペーさんだけど今日のもつるつるもっちりの皮で確かめなかったけど多分お手製のラー油も程よい辛さで美味しい!
e0112086_21574381.jpg
茶碗蒸しもちゃんと器まで本格的で干し買い柱が丸とごとごろんと入ってて食べ応えあるし、良い風味。
ペーさんも日本で食べて以来茶碗蒸しが大好き!だから大喜び。

ここまでが前菜でメインは中国風の火鍋。
お鍋も半分に仕切りがしてある本格的な物で、真っ赤なピリ辛スープと鶏ガラと昆布でとったというあっさりスープの2つの味が楽しめる。
具も私の大好きな茸類もいっぱい・・・
e0112086_2201576.jpg
野菜もいっぱい・・・
e0112086_2205220.jpg
お肉も鶏、豚、ラムと種類豊富。
e0112086_22105364.jpg
実は今回が私の火鍋デビュー。
e0112086_22112327.jpg
たんたんペーさんが「一緒に飲めるように車では来ないでください。」とまでおっしゃってたらしい、中国西部産のワイン。
e0112086_22114679.jpg
トルコ系の人たちがたくさん住んでる地域ならしく、美味しいかも?と期待して中国主張の時に買って帰ってこられたという貴重な一本を私もなめるくらいちょこっと試させていただいた。
スッキリ軽くフルーティ。
お肉もあるけどあっさり食べられる火鍋によく合うワインだった。
ドイツ語ででSteinbeisserと呼ばれる魚も・・・。
e0112086_22123771.jpg
プルンとした白身でアンコウに似た感じ。
旨味がしっかりある身でなかなか美味しい。
後で調べてみるとドジョウ科の淡水魚みたい。
お鍋の具はまだまだ残ってたけど、デザートが気になるし、私は先にご馳走さま。
いただきものの鶴屋吉信さんの羊羹があったので「デザート用にお持ちしましょうか?」と予めたんたんさんにお聞きしたら「デザートにと考えている物もありますが、それも嬉しいです。」とおっしゃっていただいたので、持参した羊羹も楽しみだったのだけど、お菓子作りが得意なたんたんさんが用意してくださってる物ももっと楽しみ。
そしてデザートのアソート。
e0112086_22143678.jpg
左が黒豆入りの蒸しパン、右が栗羊羹、奥が黒胡麻餡の白玉のようなお餅。
蒸しパンがパサパサになってしまったとたんさんは気にされてたけれど、でも甘く煮た黒豆を使われたってとこが美味しいアイデアだし、お豆も大粒で美味しかったし、生地は確かにちょっとぱさぱさだったけど、黒唐の様な香りが香ばしくて旨味があるしで美味しくいただいた。
しかもマラソン再挑戦の為減量中のぺーさんにはドイツ風のケーキなんかよりずっとカロリー低そうでぴったりだな〜と、うちのデザート用アイデアいただきっ!って感じ。
鶴屋吉信さんの羊羹も上品な甘さで流石。
うちのペーさんも「dulce de membrillo:ドゥルセ・デ・メンブリージョ(花梨の実で作るスペインのスイーツ)みたい・・・」と言って喜んで食べる。
おしゃべりは尽きないけどあんまり長居するのも・・・ってことで日付が変わる前においとま。
ベルリンくんだりで数の子をいただいて、初火鍋をいただいて満足度100%で帰宅。
[PR]

by sandonomeshi | 2012-01-22 05:48 | およばれ Eingeladen


<< ドイツの病院食 Kranken...      初体験 救急車 Die rst... >>