三度のメシより・・・ Sando no Meshi yori...

sandonomes.exblog.jp
ブログトップ
2012年 01月 12日

日曜日のお散歩 Spaziergang am Sonntag

早いもので今日(2012年1月12日)でこのブログも満5歳になりました。
日々のおさんどんの記録なんていってもだらだらと特にどうってことない他人んちの「ご飯」なのに楽しみに見に来てくださる方々がいらっしゃるというのを励みにここまで続けて来れました。
本当にありがとうございます。
今回病気をしてブログを放ったらかしになってた時も、たくさんの方が顔も名前も知らない私なんかのことを心配してくださって、本当に嬉しくありがたく思いました。
病気のせいだけでなく、ここのところ停滞しがちになっているし、これを機にちょっとスタイルを変えた方がいいかな〜などと考えたりしていたのですが、いいアイデアも浮かばず、とりあえずみなさんに楽しんでいただける、興味を持っていただける様な内容を心がけながら当分はこのままで続けるつもりです。
代わり映えしないブログですが、これからも何卒よろしくお願いいたします。   Sandonomeshi
 


1月8日(日)


遅い朝パンを終えてごそごそ家のことをしてたら「Sando、前から気になってた公園があるから散歩に行こう!」と。
空はどんより曇ってて今にも降ってきそうであんまり公園のお散歩向きお天気ではないけど・・・。とか思いながらもちょっと身体動かすのは悪くなし・・・と出かける用意。
ペーさんのきなっている公園とは通勤途中にあるSchöneberg:シェーネベルグ地区の市民公園。
うちから歩ける距離じゃないから車で公園まで行って、車を通りに駐車して公園を一回り。
e0112086_17294953.jpg
大通りのすぐそばに立っている巨大な古木。
近過ぎてこの木の雄大な感じが伝わらないね。
後で反対側の遠目から撮ってみよう。
長く続いている公園は広い芝が広がっていて両側に遊歩道が着いている。
e0112086_17302337.jpg
少し行くと芝が途切れ遊具なんかが設置された子供の遊び場も。
e0112086_17304055.jpg
こんな天気なのにまあまあな人出。
公園はまだ続くけどこの辺でUターンして、さっきの大木をもう一度写真に。
e0112086_17311261.jpg


今日は息子君が来ると言うので、家に戻ったら早速夕飯の支度。
まずはぺーさんからリクエストのあったアップルケーキ。
ペーさんはシュトロイゼル(粉、砂糖、バターで作るそぼろの様なも)がのってるの!と言ってたんだけど、今年はまたマラソンに挑戦しようと減量を試みてるペーさんにはバターをいっぱい使うシュトロイゼルはやっぱり良くない・・・とバター控え目にできるクラム(砂糖と粉で作るケーキの表面等のかりっとする層のこと、あるいはパン屑やスポンジケーキ屑のこと)にした。
これがデザートになったアップル・クラムケーキ
e0112086_173218.jpg
シナモンを利かせてあるので焼いてる時から家中がいい香り。
シュトロイゼルなしだけど、クラムがかりっと香ばしくて、ケーキはペーさんが手伝って細かく切ってくれたリンゴがいっぱい入っててしっとり。
卵のふうみもたっぷり。
「ケーキ、まだあるの?」とペーさん。
「あるけど、いまもう一切れ食べるのってあんまり良くないんじゃない?明日の朝パンに食べれば?」と私。
すごすごと承知するペーさん。

夕飯は、ペーさんに買い物をたのんだら「あまりにきれいでりっぱなアーティチョークが安かったから・・・。」と言って買ってきてくれたアーティチョークのオーブン焼き
e0112086_17325033.jpg
一枚一枚花弁(植物学的には苞片というらしい)を剝がしてマヨネーズをつけながら・・・。
最後はお楽しみの花托部分。
e0112086_17332013.jpg
焼き具合もちょうど良いアル・デンテ。
う〜ん!美味しい!!!

メインは2色かぼちゃとラムミンチのグラタン
e0112086_17334049.jpg
かぼちゃは半分残っていた皮が薄緑の新種。
11月に Linum:リヌムに行った時にかぼちゃ農家のバウアーあんところで買ってきたんだけど名前を忘れてしまった。
もう一つは皮も鮮やかなオレンジのHokaido。
e0112086_17341089.jpg
いつもグラタンに使うゴーダチーズがあんまり残ってなかったもんだからパン粉を混ぜて誤摩化す。
でもこれはこれでカロリーダウンになってるだろうし、焼けたパン粉も香ばしいしさくさくした食感もいい。
次回からはあえてこうしてもいいかも!
[PR]

by sandonomeshi | 2012-01-12 17:13 | 夕飯 Abendessen


<< 初体験 救急車 Die rst...      脳梗塞の徴候?Schlaga... >>