三度のメシより・・・ Sando no Meshi yori...

sandonomes.exblog.jp
ブログトップ
2011年 11月 11日

アンタルヤ8日目

のんびり朝食をいただいてまたやってきた港。
昨日はサンセット・クルーズだったけど、今日もまた11時発の遊覧船に乗ろうってわけ。

これが私達の船。
e0112086_3573792.jpg
アーガー・ハーン。
小さな船だけどきれいにニスをかけた木目の船内は風格がある。
e0112086_3581072.jpg
一番前方に席を確保したら、いざ出航。
e0112086_359892.jpg
昨日と同じように海岸線に沿って東に向かうんだけど昨日よりもっと先まで行く。
e0112086_3584852.jpg
舳先に座って潮風を浴びる。


昨日はすでに薄暗くて写真に納められなかったけど、海岸線の絶壁が鍾乳洞の壁面みたい。
e0112086_432231.jpg
水際には洞窟もあったり・・・。
e0112086_45359.jpg
で、その上はず〜っとプロムナードになってたり展望台になってたり・・・。
e0112086_464339.jpg
見晴らしがすごく良さそうな高層住宅やホテルもたくさん建ってるけど・・・
e0112086_471596.jpg
こんな近くを飛行機が離着陸するのは怖いし、騒音もすごそう。

・・・とか思ってると目的地が見えてきた。


こんな風に河口が滝となって海に流れ込んでるって珍しいよね。
e0112086_492935.jpg
水量も結構で岸壁の上には滝見舞台があって、水が海に落ちる様子が見れるらしい。(でもこの時期、雨がほとんど降らない夏の後、水量は少ないんだそう)
e0112086_4112243.jpg
向こうの方は長〜い砂浜のLara:ララ・ビーチ。

実はこの滝、昨日見てきたDüden:ドゥデンの滝の下流。(多分川の名前がドゥデンなんだと思う)
地元の人達は「上ドゥデンの滝」、「下ドゥデンの滝」と呼ぶらしい。
e0112086_4123725.jpg
昨日に引き続きまた遊覧船に乗ったのは、アンタルヤ行きの機内でもうすぐ着陸するって時この滝が見えたもんだから・・・
e0112086_4132934.jpg
間近に見てみた〜いと思って。
このちょっと内陸部に空港があって、着陸する飛行機はほぼ全てこの上空を通るみたい。
e0112086_4145786.jpg
遊覧船はここでUターン。
2時間弱でアンタルヤ港に戻る。

午後からは買い物。
お土産物屋を見て回ったんだけど、観光客価格なのかどうか、なんか品質と値段がちぐはぐな感じ。
しかもベルリンのKreuzberg:クロイツベルグ(トルコ移民がたくさん居住している地区)でもっと安く買えそう・・・なものも結構あったり。
あとブランドバッグや衣類のコピー製品。
私はブランド物ってあんまり執着ないんだけど、あれだけ売ってるってことは買う人がいるんだね。


そんなことはともかく、夕方少し早めに夕飯。
昨日行った定食屋さんが気に入ったんでまた出かけた。
今日は昨日よりやや気温が低い感じなのでちょっと狭いけど店内のテーブルに。
e0112086_4153071.jpg
これ、スペインはMontsant:モンサン(ワイン製産地名)のワイン、Capçanes:カプサネスのMas Donis:マス・ドニス2007。
すごくお気に入りのワインでケーズ買いしてあったのを一本スーツケースに入れて持ってきてあった。
それをわがままをお願いしお店で開けてもらった。
これでメッゼを摘み、ミックスグリルプレートをたのもうと決めこんできた私達。

メゼのアソートはまず、昨日と同じパプリカ風味のディップ、ビョレク(チーズを巻いたトルコ風春巻き)、そして茹でカリフラワーに自家製ガーリック風味ソース。
e0112086_4155954.jpg
少し遅れてからトマトのカッテージチーズのせ。
e0112086_4585741.jpg
でもこのカッテージチーズがただ者じゃない。
ちょっとマヨネーズっぽい味で、熟して甘いトマトと絶妙な味のコンビ。
ワインがすすむよね〜。

で、メインにはミックスグリル。
e0112086_4591834.jpg
それぞれ違った味にマリネされているお肉色々ももちろんのこと、野菜も甘みが出てて美味しい。
付け合わせがライスもフライドポテトもってのがすごいけど・・・。

ところで店内のあとの2テーブル。
ひとつは旅行で滞在してるドイツ人女性とイギリス人男性の年配カップル、もう一つはアンタルヤには今夜だけと言うチリ人の若い女性が一人で。
狭〜い店内だからお互いの会話もよく聞こえるし、誰からともなく話しだし、最後にはお店の人達も一緒に話しに花が咲く。

そのカップルが食べてた魚介類の炒め煮みたいなの、「あれ美味しそう・・・。」とペーさん。
e0112086_4594232.jpg
イカやエビやタコや貝の身なんかがいっぱいで、一緒に炒めてある玉葱やパプリカ、ズッキーニもいい味だしてる。

ここで持参のワインは空っぽ。
デザートのお供にまたラクをたのんで私はプロフィテロール(プチシューみたいなの)のチョコレートソース・・・
e0112086_4595947.jpg
ペーさんはチキンの胸肉プリン。
e0112086_502598.jpg
どちらも業者から買ったのをそのまま出してるんだけど、チキンの胸肉プリンってすごいよね。
例えば緩めのわらび餅とか、なんか和風なねっとりぷるん感があって、味は鶏肉とはまさか思えず、ミルキーで表面はキャラメル味。
お店のマスター曰く、ここのはなめらかだけど、イスタンブールあたりでは鶏肉の繊維感が残るように作ってあるらしく、「うん、鶏肉かも・・・」ってわかるんだって。
[PR]

by sandonomeshi | 2011-11-11 03:49 | 外メシ ausser Haus


<< アンタルヤ最終日      アンタルヤ7日目 >>