三度のメシより・・・ Sando no Meshi yori...

sandonomes.exblog.jp
ブログトップ
2011年 11月 10日

半熟おとし玉子 weich gekochtes Ei in Suppe

11月10日(木)


木曜日だから陶芸教室へはちゃんと行ったんだけど釉薬掛けに始終。
けど、ひとつ焼き上がりを持って帰ってきた。
爪楊枝でリムに十草模様を入れたランチョンプレート
e0112086_18501594.jpg

ほんとはリムが持ち上がった状態をイメージしてたのに素焼き、本焼きのうちにだんだん下がっていって、出来上がりは縁がテーブルについてしまってる。
こうなるとリム裏面に釉薬をかけられないんだよね。

でも焼きに伴う縮みと変形はともかく、釉薬の色はきれいに出たかな。
e0112086_18504625.jpg
白い土に掛けるとかわいいパステル調の水色に出る釉薬。
黒土の上だとグレーに近い色合いで、可愛さが抜けてる。
もう一枚は別の釉薬を掛けて今日窯に入れてもらったんで、来週そっちの出具合も楽しみ。


ペーさんが仕事帰りに迎えにきてくれて夕飯。
すでに取っておいた雑魚、昆布、鰹の出汁を温めて・・・
おとし玉子とスナップエンドウ汁
e0112086_18521321.jpg
スナップエンドウは色よくしゃきっとした食感になるように。
e0112086_18523223.jpg
失敗が怖くてあんまりやらないおとし玉子も私好みの固さに仕上がってるし・・・と満足してたら、目玉焼きは半熟が好きなペーさんが「スープに浮いてる半熟はちょっと・・・」だって。

メインは陶芸教室に行く前に煮ておいたチキンのパプリカ煮
e0112086_18525598.jpg
鶏もも肉を焼きつけたところに玉葱と黄色パプリカを加えて煮ただけのシンプルな一品。
似たようなのでパプリカじゃなくて人参にして「カタルーニャ風田舎煮」とかいってよく作るんだけど、パプリカもまた違った風味で美味しい。
もちろんペーさんには煮汁を絡ませるライスを添えてあげる。

デザートはまた巨大
e0112086_18532384.jpg
これも旬のものだし、美味しいうちにまた買ってこよう。
[PR]

by sandonomeshi | 2011-11-10 23:45 | 夕飯 Abendessen


<< アンタルヤ7日目      これもあれも詰め物 diese... >>