三度のメシより・・・ Sando no Meshi yori...

sandonomes.exblog.jp
ブログトップ
2011年 10月 31日

アンタルヤ4日目

10月31日(月)


アンタルヤの地図を眺めていて、旧市街地の中心から少し離れたところにもう一つAdalar:アダラール・ビーチっていうのがあるのを発見。
ちょっと違ったところも試してみようと早速出かける。

昨日夕陽を眺めた高台の公園を通り過ぎさらに西方向へ。
もともとは灯台として紀元前2世紀頃に建てられたらしいフドゥルルック塔を眺めながら・・・
e0112086_4523425.jpg
真っ青な海と空を眺めながら・・・
e0112086_456484.jpg
プロムナードを行く。
e0112086_4564323.jpg
向こう側の絶壁の上にアパートらしき建物が並んでいるのがよく見える。
海を見下ろすと・・・
e0112086_45761.jpg
まさにターコイズブルー。
e0112086_4573525.jpg

そして見つけたアダラール・ビーチ。
ところがこれってビーチって呼べる?
岩場に組んだ水上舞台みたい。
e0112086_4582172.jpg
板の上には人工芝が敷かれデッキチェアやパラソルが並んでいて、数人の人達が甲羅干ししてるんだけど、この前方は・・・
e0112086_4585541.jpg
板が落ちて錆びた骨組みがあらわになってる。
せっかく来たんだからと取りあえず腰を落ち着けた私達も私達だけど、こんな状態で営業可能(メルメルリビーチと同じく1日券で10トルコリラ)だってのもさすがトルコ!? 
もちろん砂浜や水際なんてなく、この舞台の脇にある梯子状の階段を10段ほど下りて、そのまま水にはいる。
e0112086_544677.jpg
こんな絶壁の海岸線、いきなりかなり深そうで、岩上から飛び込んでる人もいたり・・・。
もちろん舞台の後ろ側も絶壁で、上には展望台があるみたい。
e0112086_552927.jpg
それでも真っ青な太陽の下・・・
e0112086_555871.jpg
ほとんど人気のないターコイズブルーの海でゆらゆら浮いてるのも結構いい気分。
e0112086_572661.jpg

お腹もすいてきたしそろそろ帰ろうかと言いながら、絶壁の上の展望台からの見晴らしも気になる・・・
e0112086_583566.jpg
(自分のカメラをホテルに忘れてしまって、ペーさんのiPhoneを借りて撮ったら、すごいハレーション!)
下から見えてたヤシの木には、赤く熟したデーツが鈴なり。
e0112086_593424.jpg
かなり広い広場になってる。
e0112086_5104096.jpg
ここからだと日の入りが真正面!

ホテルへの帰り道、夕日で真っ赤に染まってるカフェのテラスを見つけて、そのまま通り過ぎることができず・・・
e0112086_5112142.jpg
1杯やってこうってことに。
ペーさんは普通のピルスナー、私は黒ビール。

行きにも見たフドゥルルック塔の脇にレストランがあるという看板と矢印が・・・。
e0112086_512121.jpg
どこでご飯を食べようか・・・と思っていたところ、取りあえずどんな雰囲気かだけでも見てこようと坂を降りて行くと・・・
e0112086_5123359.jpg
フドゥルルック塔の敷地を通り抜けて、岸壁の上にテラスのあるレストラン。
なかなか雰囲気もいいし、何よりトルコ人のビジネスマンらしき人達が食事をしてる。
観光客より地元客を大事にしてるレストランかも・・・と好感度アップ。

一旦ホテルに戻りシャワーを浴び温かい格好で出直す。
昼間は泳げるほど暖かいけど、日が暮れると肌寒い。

さっき下見をしたフドゥルルック塔の脇にあるレストラン。
カッパドキア地方産のワインをハウスワインとして出していてお勧めだと言うので、その赤を500mlのデカンターでもらう。
e0112086_5132512.jpg

料理はまずメッゼの盛り合わせを二人でシェア。
e0112086_51473.jpg
ヨーグルトベースのディップやフムス(ヒヨコマメのペースト)、焼き茄子のサラダやラタトゥイユっぽい野菜のトマト煮、ドルマなんかの冷たい料理の他にビョレク(チーズを巻いた春巻きみたいなの)も4本。
ビョレクは熱々でぱりぱりだし、冷たい料理もすごくシンプルなんだけど素材の味を生かしてて美味しい。
アンタルヤに来て初めて「美味しい!」って料理に当たった。

続くメインはペーさんがお勧めのイカのグリルで・・・
e0112086_5145682.jpg
私がミックスグリル。
e0112086_515323.jpg
これまたどちらも美味しい。
イカは柔らかくてガーリックとレモンの風味が良い。
ミックスグリルはチキン、ラム、牛肉を間に野菜を挟みながら串焼きにしたもの。
お肉はジューシだしマリネにしてあるスパイスの加減も良い。
付け合わせのフライドポテトまでからっと揚がっててポイント高い。

あんまり美味しくて残さず食べて苦しい私はデザートをパス、エスプレッソコーヒーをもらったんだけど・・・
e0112086_5162496.jpg
ペーさんはお勧めの特製バクラヴァとミントティーを。
e0112086_5191874.jpg
これがリプトンのティーバッグでちょっと笑ってしまったけど、バクラヴァも意外なかたち。
クレープのように折り畳んで包んであってさくさくぱりぱりしててあったかい。
お店の一曰く元々はバクラヴァと言えばこんな風に一人分ずつ包んで焼いてあったんだって。
空には上弦の月。
e0112086_5203381.jpg

[PR]

by sandonomeshi | 2011-10-31 23:30 | 外メシ ausser Haus


<< アンタルヤ5日目      アンタルヤ3日目 >>