三度のメシより・・・ Sando no Meshi yori...

sandonomes.exblog.jp
ブログトップ
2011年 10月 22日

手巻き大好き! Sie lieben SUSHI!

先週息子君がきてた時、なんの話しからか「そう言えば久しく手巻きやってないね〜。」と。
そんなこと言い出すとSUSHI大好きな息子君とペーさん、「じゃぁ、来週やろう!」

・・・ってことで朝から新鮮な魚を求めて買い物に。
生食する時に魚を買いに行くお店、そういえば4月頃に改装工事中であんまり物が揃ってなかった時以来かも・・・。
どうなってるんだろうと?とか思いながら行ったら・・・駐車場も広くなって建物も改装というより改築だね。
すっかりきれいになってる。

でも魚売り場は「何これ!?」って感じ。
氷を敷いていろいろ魚が並べられてる台から2mばかりはなれたところに立ち入り禁止みたいなテープが張ってあって、そこからまるで博物館の展示物を眺めるみたいに遠目に魚を物色しなきゃならない。
なんでそんなことするんだろ?

まぁ、それはともかくとして、お目当てのDorade Rosé:鯛まがいはあまりにもりっぱな大きさで、3人でやる手巻きの一ねたにするにはちょっと豪勢過ぎる。
なので白身はWolfsbarsch:スズキまがいで手を打つことにし、他にも2、3見繕って家路に。


さて、オリンピック・スタジアムでやってたHertha:ヘルタ(ベルリンのサッカーチーム)の試合を応援してから6時半ごろにやって来た息子君はお腹ぺこぺこだと。
急いでテーブルをセットする。
e0112086_03687.jpg
魚のねたはスズキ、赤身、鮭。
e0112086_0365438.jpg
一人ずつ盛りつけて。
スズキは一尾下ろしたから、結構な量。
別にお造りとして出す。

他には北海の小海老とか・・・
e0112086_0381166.jpg
ロシアのイクラとか・・・
e0112086_041113.jpg
アントルコートの炙りなんかも・・・。
e0112086_0412657.jpg

あとは大皿に野菜類とか玉子焼きとか茹で海老とか・・・。
e0112086_0414836.jpg

お供は熱燗で。
e0112086_0421651.jpg
「ペーさん、まぁ一杯・・・。」

それでは手巻き始め!
それぞれいろいろ組み合わせを楽しみなからあれこれ試してみる。
私はまずシンプルに、ちょっとたたき梅のっけてスズキだけで。
e0112086_0423989.jpg
養殖物しかなかったんだけど、ベルリンくんだりにいると思えばまぁいけるかも・・・。
e0112086_0431314.jpg
赤身にはちょっと炒り胡麻をぱらぱら。
e0112086_0434295.jpg
卵とミニアスパラガスにはマヨネーズを。
e0112086_0441217.jpg
北海の小海老も一緒にカリフォルニア巻きっぽく。
e0112086_0443662.jpg
お肉にはクレソンのスプラウトを。
他にもいろんな組み合わせで食べるは食べるわ。

私なんかはもともと食べられなくなるが分かってるからシャリはごく少なくして巻いてるけど、「ライス」も大好きなドイツ人男性陣は結構きてるみたい。
それでも息子君なんかは「お腹いっぱいだけど、まだ口が欲しがる〜。」とか言いながらねたを残さず食べきってくれた。
「でも、分かってる、息子君、当然デザートもあるよ。」って言ったら「Oh! Gott!!!」

・・・とか言いながらもちゃんと食べる甘い物。
e0112086_045274.jpg
栗小倉ティラミス
e0112086_0454972.jpg
抹茶入りのマスカポーネの生地で栗の甘露煮を混ぜた小豆餡を真ん中に挟んだ代物。
そしたら一昨日の会食でもデザートがティラミスで、キョーレツに甘かったと打ち明けるペーさん。
ペーさんが「キョーレツに甘い」なんて言う甘さ、一体どのくらい甘いんだろう?
[PR]

by sandonomeshi | 2011-10-22 23:56 | 夕飯 Abendessen


<< 私の好きなアントニオ・バンデラ...      無花果大好き! Wir lie... >>