三度のメシより・・・ Sando no Meshi yori...

sandonomes.exblog.jp
ブログトップ
2011年 09月 29日

マッケローニ・アッラ・キタッラ Maccheroni alla Chitarra

木曜日ってことは陶芸教室。
先週の続きで、口縁がゆる〜い正角の中鉢を6つ揃えに。
それから新しい釉薬がいくつかあるので色見本作り。

それは良いんだけど、ドイツの学校には夏休み、冬休み、イースター休み(さすが、イースターがあるから春はなし)、昇天祭&聖霊降臨祭休み、クリスマス休み(冬とは別)の他に秋休みっていうのがある。
時期は州によって多少ずれてるのかもしれないけれど、今年のベルリンは10月の前半。
で、私が通ってる陶芸教室は市民教室みたいなもので、休みも学校に準じてる。
長〜い夏休みが終わって9月8日から再開したばかりなのに、来週、再来週とまたお休み。
なんだかね〜。

ドイツではPISA学習到達度調査でひどい成績だとかいって問題になってるみたいだけど、このやたら多いお休み制度は変わらないみたい。
日本なんてゆとり教育を実施していた頃に、このPISAの成績が下がったとかいって問題になってたらしいのにね。
いえ、別に授業時間が多いのが必ずしも良いとも思わないし、そもそもPISAの結果自体どう判断するべきなのかもね・・・。


そんなことはまぁ置いといて、夕飯。
ペーさんもいないことだし陶芸教室の前に早夕飯を済ませといた。
マッケローニ・アッラ・キタッラ 若かぼちゃと椎茸のポルチーニ風味クリームソース
e0112086_2046416.jpg
これ、アブルッツォ州のパスタならしく、マッケーローニ(マカロニ)っていうのに別に穴が通ってるわけでもなく、一見普通のスパゲティみたいなんだけど・・・
e0112086_20462223.jpg
よく見ると断面が四角い。

これって平たくのばしたパスタの生地をキタッラ(イタリア語でギターのことらしい)と呼ばれる、木枠にギターのような弦を細かくはった道具の上にのせ、麺棒で回しながら押さえて細長い麺に切るんだって。
太さはほんと極普通のスパゲティなんだけど、製法の違いかな〜。
なかなか弾力があって食べごたえあり。
ご当地ではお肉類のラグーなんかをソースにしていただくのがポピュラーらしいけど、確かにそういうがっつり系のソースが合いそう。

でも今日はちょっと試しにあり合わせで作ったソース。
若かぼちゃはバウアーさんところのなんだけど、これ残念ながらハズレっぽい。
e0112086_2047859.jpg
まず、皮まで食べられるだろうと思っていたのが、もう切った段階から堅くてダメなのがわかる。
しかも種の部分が大きくて果肉が薄い。
皮剥いて種とったら、まるでオレンジ・パプリカみたいになってしまった・・・。
e0112086_20472660.jpg
さらにお味の方が、ズッキーニにかなり近い感じなんだけど、ちょっと苦みが・・・。
これ個体差かな〜。
もう一つ買ってあるんだけど・・・。
[PR]

by sandonomeshi | 2011-09-29 23:41 | 夕飯 Abendessen


<< テーゲル空港 Flughafe...      ぽかぽかテラス席 sonnig... >>